大罪星界014


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


GM:アスカ姫とキミはスタッフを遠ざけ、プライベートな空間を久しぶりに楽しんでいた。
さつき :大戦の為に、あっちやこっちで士気鼓舞の為のツアーを延々と組まされていたのであるよ。
さつき :「明日はようやくオフだねー」と自分の髪を梳きながらアスカに話しかけてます。
さつき :自分のを梳いたら、アスカの髪を梳いてあげるのです♪
GM/アスカ:「もぉアスカちゃん疲れちゃったぁー‥‥」 鏡台前の机に突っ伏して。だらけてます。
さつき :「アスカってば。そんな突っ伏したら髪も衣装もくしゃくしゃになっちゃうでしょ」
さつき :と言いながらも満面の笑顔です。こういうとこが可愛いなー、と思いっきり顔に出てますw
GM/アスカ:「さつきぃー。アンタ、なんでそんなに元気なのよお?」 ぶーぶー。
さつき :「むしろ、アスカが体力ないのがおかしいのです。アスラなのに」

GM:さて。ではここで【心魂値】判定してもらおうっかなー。目標値は30ね。
さつき :たかっ!?w
さつき :食事まだだから、基準8か‥‥
GM:ああ、この判定はシーン終了時までにやればいいよ。先に食事したければどぞーw
さつき :じゃあ、差し入れの[ファッチューチョン]を。‥‥こっちの方が目標値高いw
さつき :あ、《ドレスアップ》してもいい? というか既にしていた扱いでもいいです?
GM:ああ、アイドル衣装はまだ脱いでないのだな。それでいいよw ちゃんと特技の代償は支払っておくように。
さつき :はーい。安いの払って《ドレスアップ》して。自分に《不思議の呪文》からファンからの贈り物判定♪
さつき :10+14+2d6で(ダイスを振る)出目「3・6」で達成値33。素で達成♪w
アーコック :すげえ!w
飛虎建 :アイドルランク高いな!w
GM:素晴らしいねw