第1話022


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ミドル3「パーティ準備」

シーンプレイヤー:PC3、“レメゲトン”双鷺紋
登場目標値7

GM:さて。次のシーンで戦闘が発生しますが‥‥なにかやっておきたいことある?
:食事と回復アイテムの購入(ぉ
エルロック :あ、アフタヌーンティーをw
GM:ではどぞー

:場所は? 変わらず?
GM:場所についてはあや様に任せてもいい。デフォルトだとヤードだがw
GM:(今後の対策を設ける、ということでレストレード警部たちと無駄な会議を!)w
:かといって、ロンデニオンは詳しくないしなぁ。
エルロック :じゃあ、適当に案内でもしようかw
エルロック :どうせパーティ用の服を女性陣含めて揃えなければなるまいて!
:警部たちのところいくなら、最低でもエルロック氏は同行者指定したいよw
:まぁ。ロンデニオンの街で戦うことになりそうだし。

エルロック :登場判定2d6+2(ダイスを振る)9で成功。一緒に行こう。
秋彦 :2d6+12 登場判定(ダイスを振る)18で成功。
カナタ :登場判定14+2d6(ダイスを振る)「1・1」、ふぁーんぶる!w
秋彦 :ちょw
:ふぁんぶったw
エルロック :「おや、カナタ君はどうしたかな? 道にでも迷ったか」w
カナタ :「あれー、皆、どこー?」超はぐれました!w
GM:まぁ自動失敗じゃなくて、達成値-6だから。フレア使えば登場できるよ。
カナタ :っていいのか、フレア使っておこう。HK切ってなんとか追いついた。
カナタ :「あ、あぶなかったー! うっかり見失うとこだったよ」

エルロック :あとあれだ
エルロック :GM。「秘宝の入手」‥‥目標値50の購入判定は、今ここで出来るのかね?
GM:できるよ。その場合「女王陛下の指輪」と「王家の墓の剣」のどちらかを指定して行うこと。
エルロック :了解した
エルロック :んー、敵の次の狙いがわからんからなあ。
エルロック :ただ、俺には秘策がある どちらか一つは確実に買えるぞ!
エルロック :《※ナハシュ》があるから、こっちで一個は確実に買える
:このシーンで私がひとつ、エルロック氏がひとつ。まぁ、DAあるし、買えるよ。
エルロック :だね、それが確実か。エース使わないでも良いよ。

:GM。食事や一般アイテム購入と、秘宝の購入判定とは一度に出来るのは片方だけ?
GM:「まとめがい」についてはOPで記述したが再録。「購入目標値を合計」です。
:さすがに、食事+回復アイテム+秘宝を一度に買うのは無理だなw
エルロック :ふむふむ。まあ、ティーは後回しでも良いな。
:じゃあ、エルロック氏の案内でヤードに行こう。

GM:兄よ。はるかちゃんがフクザツな心境の様子ですよ。
秋彦 :だろうなあ…まあ、そうだわ。
秋彦 :「なあ、はるか」道中で話しかけます
GM/はるか:「‥‥なに?」 振り返る。どこかぼんやりと。
秋彦 :「『母さん』を信じろ」と声掛けてから気づいたんですが
秋彦 :複雑な心境ってのは女公爵についてだったんだろうか?
GM:そこは秘密だ!w
GM/はるか:「‥‥‥‥」 しばらく。秋彦の顔を見つめて。「‥‥うん」
GM/はるか:「‥‥ありがとう。兄さん」
秋彦 :「ん……どういたしまして…」微笑みながら頷いて

エルロック :じゃあ、さっくりと秘宝「女王の指輪」の購入判定を。
エルロック :流石にVF団に預けるわけにもいくまい
エルロック :2d6+10(ダイスを振る)

エルロック氏が振った2d6の出目は「1・1」。

GM:拍手w
エルロック :ファーンブルー!
カナタ :ふぁーんぶる!?
秋彦 :何だ、このダイス…
エルロック :教師プリーズ!
:……ファンブル出過ぎだろうwwwww
カナタ :なんだこのダイスボット、おかしいよ!?
:腹が痛い……w
カナタ :きょ、教師教師!
エルロック :教師ーw
カナタ :「エルロックさん、私も手伝います!」と言いつつ《教師》
:警部に秘宝をこちらで確保する旨を通達。
:んで、秘宝を確保しに行くとしよう。もちろん、伝えてもらうのはエルロック氏にw
GM/レストレード警部:「な。待て! 王家の管理している秘宝を‥‥っ?!」
カナタ :「そうです! 秘宝を全部集められちゃうと、大変なことになるんですよ!」と説得
エルロック :えーと出目が「1・6」になるから達成値17か。
GM:秘宝入手の目標値は50だね。
エルロック :では《※ナハシェ》で達成値+20
エルロック :さらにエース切って達成値+20
秋彦 :ゴール!
GM:達成値57か!
エルロック :うむ
エルロック :まあ、LP減るがね。女王陛下の指輪をお預かりしよう
GM:では。女王陛下の信頼厚きエルロック氏が。王家の秘宝を預かる羽目に。
エルロック :「――やれやれ」
エルロック :私はこういう交渉に向かなくてね。えらく疲れたよ」と、古い指輪を弄びつつ
エルロック :「淑女諸君、買い物もよいが、私に荷物もちは期待しないでくれたまえ」
エルロック :と寝ようとするが‥‥w

:こちらは秘宝「女神の剣」の購入判定をしようかね。
:10+2d6 購入判定(ダイスを振る)出目「6・5」‥‥む、これは
GM:げ。なんというリアルラックっ!!w
秋彦 :いけそうじゃないかな
:7HPを代償に《シンセンス》使用。
:ピクシーとバイヴ・カハの二人に頼んで《契約:ノルン》を自分に発動
:それにより、クリティカル値が-1され「出目11」でクリティカル。
秋彦 :これで達成値が40まで伸びたね。
:で、財産点10点使用。達成値50で購入判定に成功。
:ボーナスでもらってるから。まだ10点残ってるw
カナタ :そういえば貰ってた!
GM:つまり「モリアーティ教授に協力を仰いで、VF団が王家の墓から“剣”を入手した」ことに?
秋彦 :計画の一部に入っていたのか…?w
:いや? 自分の分を使ったのだがw >10点
GM:おや?w
:なぜ教授に借りをつくらねばならぬw
:ピクシーとバイヴ・カハが剣を抱えて返ってきますw
:「……しかしこの“女神の剣”をどうするかな。指輪と違って持ち運びが不便だが」