第1話002


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


グランドOP2「兄と妹」

シーンプレイヤー:PC1、筧秋彦(かけい あきひこ)
他のPCは登場不可。

 ※ 世界移動直前のシーンです。主に妹「はるか」との関係を描きます。「妙な耳鳴りを聞く」がシーン終了条件です。
 ※ デフォルトでは「朝、自宅から出て登校する途中で」です(応相談)。何か要望があれば自由にどうぞ。

秋彦 :OKOK、一人で行こうとするはるかを追っていくよw
GM/はるか:スタスタ。キミより15m先に通学路を歩く。振り返るつもりはない様子w
秋彦 :「はるかー、待て。待つんだ!」
秋彦 :「そんなに焦らずホラ、お兄ちゃんとのんびり登校的な何かを楽しもうじゃないかー」
秋彦 :とか言いながら追ってきます。
GM/はるか:夏の終わりを告げる涼しげな風に、少し髪を押えつつ。嘆息。
GM/はるか:「‥‥話しかけないで」 前を向いたまま。歩調を速めるw
秋彦 :ふっ、その何気ないしぐさすら絵になるぜ…ってアフン!
秋彦 :しかし、お兄ちゃんはめげないぞ。追うぞー、追うぞー。「そんなに冷たくするなよー」
秋彦 :傍から見たら競歩の如き光景が兄弟の日常であった……
GM/はるか:キッと振り返る。「来ないで!」 広めのおでこ(本人は気にしてる)に鋭い視線がイイカンジ。
秋彦 :「ショック!ショッキング!お兄ちゃん泣いちゃうぜ?人目を憚らず泣いちゃうぜ!?」
秋彦 :来ないではスルーして近づくんですけどね。
GM/はるか:つんつんつーん♪
カナタ :そんな兄が近づいては妹が拒絶を繰り返す、ある意味では微笑ましい日常の光景。

GM/はるか:「‥‥待って」 眉をひそめ。「何かヘンな、音が‥‥?」
GM/はるか:足を止める。先程までの「怒り」はするっと消えて。戸惑ったような表情。
秋彦 :「俺の声じゃないよな……ん、ああ…確かに……」
秋彦 :何かが聞こえる。いぶかしんで同じように眉をひそめ
GM/はるか:「何だろう。すごく不思議な、音‥‥」 きょろきょろ。

GM: 突然、キミたち兄妹が立つ歩道橋が大きく揺れた。
GM/はるか:「きゃっ?!」 バランスを崩し、キミの背中に寄りかかる。「地震っ?!」
秋彦 :秋彦「……!?」これはまずいな。はるかを体で庇う。

GM: そして‥‥ 
GM: いきなりキミ達の視界が闇に包まれ、ふわりと身体が軽くなる。足元にあったはずの床が‥‥消えた?!
GM:無重力状態となったまま、遠い遠い何処かへと‥‥果てしない暗闇の中へと落ちていく。
GM/はるか:「きゃあぁぁぁーーっ?!」 キミにすがり付きながら悲鳴を上げている。
秋彦 :秋彦「おいおいおいおい、不思議の国のアリスじゃないだからさぁーーーーー」
GM:――その言葉は虚空に消えた。

シーンEND