第1話003


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


グランドOP3「大地を灼く輝き」

シーンプレイヤー:PC4、西ヶ丘カナタ
他のPCは登場不可。

 ※ カシス先生と一緒に、彼女の知人が済むというロンデニオンへと到着する場面です。
  デフォルトでは「フィーンドの侵攻でロンデニオンが陥落寸前」とは知りません(応相談)。

 キミとカシス先生は、リオフレード魔法学院の「修学旅行の下見」という名目で旅をしている。
何しろ動員数が生半可ではなく、その内訳もバラバラであるため、事前に各方面へと根回しをして、
生徒の安全を確保する必要がある。御気楽な観光旅行とはいかないのだ。教師も大変だ。

 もっとも、今回の道行きはそれほど深刻なモノではなかった。
このアルビオン連合王国は法と秩序の確立された地であり、(やや偏見はあるものの)魔法学院とも
それなりに良好な関係を築いてきたからだ。最近の「南下政策」には反発する向きもあるが‥‥

 ここにはネフィリムの支社もあるし、サービス面で不足はあるまい。久しぶりにゆっくりできそうだ。
珍しく、カシス先生も「ロンデニオンに済む昔馴染みに挨拶しておきたい」と微笑んでいた。可愛い。

 だが。辿り着いてみれば‥‥そこは激しい戦場だった。
何処からともなく押し寄せる数百万・数千万体の「フィーンド」の大群。蹂躙される王国軍。
既に最終防衛ラインは崩壊寸前だ。ここから立て直すことは‥‥もう無理だろう。
これほど大規模な侵攻はロンデニオン側でも予測できておらず、逃れる手段さえも残されていない。

GM/カシス先生:「‥‥ロンデニオンが落ちる、か」 絶望的な光景に。
GM/カシス先生:「これ以上は危険だ。西ヶ丘先生は先に避難しておいてください」 背負っていた荷を降ろす。
GM/カシス先生:「せめてルイムニオンめが復活できておれば‥‥ いや、言うまい」
カナタ :「ちょ、避難って! 私たちも手伝ったほうがいいんじゃ……!」
GM/カシス先生:「わしは住人の避難を手伝いに行く。なに、心配無用じゃ。頑丈さには自信がある」
カナタ :「それなら私も手伝います、私だって打たれ強さには自信があるんですから!」
カナタ :って言ってついて行こうとします。
GM/カシス先生:「‥‥ふむ。まぁ貴方なら問題ないか」 キミの赤ジャージ姿を眺めて。にやり。
GM/カシス先生:「では行くぞ! せめて、この手の届く人々だけでも救おう!」

GM: だが、キミ達が駆けだした直後。凄まじい轟音がして‥‥空が割れた。
GM/カシス先生:「なんとっ?!」 見上げる先には、まばやく光輝く流星1つ。
カナタ :「えっ、あれは……!?」同じく空を見上げて。
GM/カシス先生:「まさか‥‥ あれは‥‥」

GM: その流星が大地へと落ちて、しばらく後。
GM:突然、そちらで白い光の柱が天空へと突き立った!
GM/カシス先生:「‥‥いかん!」

GM: その光の柱はその規模を急速に拡大しつつ、こちらへと押し寄せてきた!!
GM:逃れる暇もなく、その「光の壁」はキミ達を含めた全てを一気に飲み込み‥‥!!
カナタ :「今のは世界移動の光……。っ、危ない、カシス先生!」庇いつつ飲み込まれます。
GM:やがて余韻を残しつつ、消えていった。

GM: そして、見渡す限りに大地を埋め尽くしていたフィーンドの群も‥‥完全に消滅していた!!
GM:王国軍側にもロンデニオンの都にも、何も変化がない。どうやら、あの「光」は敵だけを駆逐したようだ。
GM/カシス先生:「今の光は‥‥」
GM/カシス先生:「どうやら、少し確かめねばならんことができたようだ」 何事かを決意した模様。
カナタ :「今の光のおかげ……? あれは確かに世界移動……それもフォーリナーの光でした」
カナタ :うんしょ、と立ち上がりつつ。「……カシス先生?」
GM:キミの疑問にも気づかず。カシスから不安な表情が消える様子はなかった。
GM:その後、君たちは奇跡的な勝利を祝うロンデニオンへとたどり着き、しばらく腰を落ち着けることになった。

シーンEND