※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全国LOOX U井戸端連絡会議・議事録

  • 愛称・擬人化ページに連載されていたものを、Wikiのテキスト量の制約により分割しました。
  • 基本的にネタテキストですが、実用情報や時事ネタも微妙に含まれています。

第1回議事録・愛称問題について(2007年7月吉日)

議長るっきゅん「本日はご多忙のところ、全国のLOOX Uのみなさんにお集まりいただきありがとうございました。今日は初回ということで、わたくし製造番号R7600001が議長を務めさせていただきます」
2getるっきゅん「乙です>>1さん」
議長るっきゅん「どうでもよいことを暇にあかせて語り合おうというのが本会の趣旨ですが、本日は一部で紛糾しています、LOOX U愛称問題について語り合いたいと思います」
富士Uるっきゅん「わたしの持ち主さんは、るっきゅんという愛称に反対していますので、わたしとしてはアンチるっきゅん派の立場で発言したいと思います」
議長るっきゅん「ごもっともです。反対の立場から、忌憚のないご意見をお願いします」
富士Uるっきゅん「←ちょっと、ここに勝手にるっきゅんてつけないでください(怒」
議長るっきゅん「すみませんでした」
富士Uさん「これでいいです」
元祖るっきゅん「えっと、マジレスしてもいいですか」
議長るっきゅん「むしろ真面目でない発言は慎んでください」
元祖るっきゅん「るっきゅんという愛称はLOOX、U、WNという型番まで特定していますが、富士Uだと型番にUの付く富士通製品すべてを指すことになってしまいませんか?」
無印るっきゅん「というか富士だと富士フイルムや富士重工と区別付かないし」
富士Uさん「でも、わたしの持ち主さんは、自分のパソコンにオタクっぽい愛称が定着してしまうと、知人に対して恥ずかしいって言ってますよ」
重箱るっきゅん「富士Uもふじ☆ゆうと書くと、るっきゅん以上にオタくさい件について」
富士Uさん「口に出して恥ずかしくなければそれでいいんです。漢字もひらがなも同じです!」
ふじ☆ゆうさん「←ひぃぃぃ(泣 すみません、同じじゃありません。戻してください」
元祖るっきゅん「それもマジレスすると、2ch内でビクターを犬と書いたりXboxを凶と書いたりするみたいなもんじゃない?」
無印るっきゅん「うん、リアルでデッキ買いに行って犬のデッキ下さいとか言わないし」
一般るっきゅん「僕の持ってるゲーム機を凶なんてよぶなぁ!とかいちいち突っかかるイタイひとぽいよ」
秋葉るっきゅん「でもアキバの店員さんは、押さえておいた方がいいかもしれない<るっきゅん」
無印るっきゅん「イデのハードディスクとか買いに来る人もいるし、店員さんの中の人も大変だなぁ」
議長るっきゅん「少数派の意見も尊重し、るっきゅんの使用は強制しませんが、一応スレ的に定着している愛称ですし、この擬人化ページのデフォはるっきゅんということでいいでしょうか」
富士Uさん「うーん…」
乱入ぶっきゅん「異議あり!!!」
一同「ツンデレキタコレ」
乱入ぶっきゅん「あんたたち、るっきゅんとか言われて喜んじゃってバカじゃないの!? パソコンなんてね、愛称なんて必要ないのよ。特に私たちみたいなビジネスモデルにはね」
議長るっきゅん「そういえば、LIFEBOOK Uの愛称のこと話していませんでしたね。大丈夫ですよ。ちゃんとスレで愛称を付けてくれた方がいますよ」
乱入ぶっきゅん「え…?」
議長るっきゅん「みんな、LIFEBOOK Uのこと、親しみを込めてぶっきゅんって呼んでますよ」
乱入ぶっきゅん「ま、まあ、愛称なんてあっても困らないけど。どうしてもっていうなら、そう呼んでもいいけど」
重箱るっきゅん「ほほう」
乱入ぶっきゅん「か、勘違いしないでよね。愛称なんか付けてもらっても、ちっともうれしくないんだから!!!」
一般るっきゅん「顔、赤い」
乱入ぶっきゅん「な、なんのことよ! 意味わかんない!」
るっきゅん並盛「ごちそうさま」
無印るっきゅん「お幸せに」
議長るっきゅん「ぶっきゅんの名に恥じない、みごとなツンデレでしたよ」
乱入ぶっきゅん「ぎ、議長さん、なんでいつのまにメガネかけてるんですか?」
議長るっきゅん「言ったでしょう? 製造番号R7600001って」
乱入ぶっきゅん「あ、ビジネスモデル先行生産だから、初号機なら当然…」
議長るっきゅん「はい。LIFEBOOK Uです。ただ、るっきゅんは広い意味で両方指す愛称ですし、議長として中立を期すため、今日はるっきゅんを名乗りました」
乱入ぶっきゅん「じゃ、私の大先輩じゃないですか。どうも失礼しました」
議長るっきゅん「いえいえ。あなたがLIFEBOOK Uの存在感をアピールしてくれてよかったです。あなたの持ち主さんへの愛が伝わってきましたよ」
乱入ぶっきゅん「はあ、恐縮です」
議長るっきゅん「そこは違うでしょ」
乱入ぶっきゅん「な、なんのことよ! 意味わかんない!」
るっきゅん並盛「ごちそうさま」
無印るっきゅん「お幸せに」
議長るっきゅん「おkです。ではこれにて、第1回会議を閉会します。次回の議長は、お手数ですが、乱入ぶっきゅんさんにお願いできますか?」
乱入ぶっきゅん「な、なんのことよ! 意味わかんない!」
議長るっきゅん「そこは普通に受けてください。それからコンタクトの用意を忘れずに」
乱入ぶっきゅん「すみません。わかりました」

第2回議事録・名字およびアクセントについて(2007年7月吉日)

議長るっきゅん「果てしなく存在意義の不明なこの会議ですが、それではこれより第2回を開会いたします。前議長のご指名により、議長は不肖わたくし製造番号R7600100が務めさせていただきます」
製造番号1さん「議長、スマイルスマイル」
議長るっきゅん「すみません、目つき悪いですが気にしないでください。実は来る途中でコンタクト落っことしたので、前がよく見えてません」
慶次るっきゅん「だがそこがいい」
議長るっきゅん「えー本日の議題ですが、重箱るっきゅんさんより、重大な案件が提出されております。それでは重箱さんお願いします」
重箱るっきゅん「ええとですね、わたし思うのですが、わたしたち全員るっきゅんだとしたら、るっきゅんは名前ではなく名字ではないでしょうか」
議長るっきゅん「なるほど、一理ありますね」
一般るっきゅん「だとすると、お嫁に行くと、るっきゅんじゃなくなっちゃうんですか」
無印るっきゅん「そんなぁ、せっかく愛称ができたのに」
OLるっきゅん「まあ今は夫婦別姓も普通だし」
元祖るっきゅん「つーか嫁に行く心配はしなくていいんでないの? パソコンだし」
無印るっきゅん「島根工場のおばちゃんは、娘を嫁にやるつもりで心を込めて作ってるって言ってたよ」
るっきゅん並盛「ええ話やん」
元祖るっきゅん「ということは納品された我々は人妻というわけですか」
議長るっきゅん「そ、そんな妻だなんて…もう、気が早すぎるってば! バカじゃないの!」
一般るっきゅん「わっ、議長さんの地が出た」
製造番号1さん「落ち着いて。どうどう」
適当るっきゅん「首の後ろトントンするとツンデレが止まるらしいよ」
重箱るっきゅん「それ違うから」
議長るっきゅん「すみません、つい興奮しました」
無印るっきゅん「しかし小学生という設定はどうなったんだ」
エロるっきゅん「人妻小学生?」
一般るっきゅん「だから人妻から離れなさいっつの」
和服るっきゅん「結婚で思い出したのですが、るっきゅん家の家紋とかもないと、結婚式のときとかに困りますよね」
議長るっきゅん「Wikiに要望書いておけば誰かが描いてくれるかもしれません」
改造るっきゅん「液晶パネルの裏に貼れる透明シールの家紋キボンヌです」
重箱るっきゅん「ちょっと待ってください。家紋を考える前に、るっきゅん姓とはそもそも源氏なのか平氏なのか、それとも藤・橘の流れをくむのか、まずそれを明らかにする必要があります」
日本史るっきゅん「とりあえず、るっきゅん家が清和天皇、ぶっきゅん家が桓武天皇の流れを引いているという設定はどうだろう」
るっきゅん並盛「るっきゅんとぶっきゅんって対立関係だったの!?」
一般るっきゅん「そもそも、るっきゅんという言葉の響きからして、外国の姓っぽくないっすか?」
世界史るっきゅん「では、るっきゅん家がヘンリー6世、ぶっきゅん家がヨーク公リチャードの流れを引いていて、かれこれ30年近く抗争中という設定はどうだろう」
庶民るっきゅん「わたしたちって貴族だったの!? ていうか王族?」
女王るっきゅん「液晶保護シートがなければサランラップを貼ればいいじゃない」
世界史るっきゅん「マリー・ド・ルッキュンか!」
庶民るっきゅん「革命というより、むしろ納期が遅くて暴動が起きないか心配」
軍事るっきゅん「どっちかっていうとルッキュンってドイツの巡洋戦艦とか重巡にありそうな響きジャマイカ?」
世界史るっきゅん「フォン・ルッキュン!?」
重巡ルッキュン「そうなんです。私の持ち主さんは軍オタ入っていて、るっきゅんのるにアクセントを置いて発音します」
一同「いやだなあ」
重巡ルッキュン「しかもドイツ訛り(涙」
一同「強くイ㌔」
東京るっきゅん「ふつうはノーアクセントだよね」
大阪るっきゅん「うちはきゅにアクセント置いて欲しい。うちの持ち主さんなぁ、うちのこといつもそう呼ぶねん」
議長るっきゅん「関西の方ではそれが普通かもしれませんね」
製造番号1さん「議長、そろそろまとめを」
議長るっきゅん「はい、では要約しますと、ぶっきゅん一族はるっきゅん一族の支族で、広い意味ではるっきゅん一族に含まれる、と」
重箱るっきゅん「ふむふむ」
議長るっきゅん「国籍は不明。ただしドイツ(プロイセン)説が有力」
重箱るっきゅん「まじすか」
議長るっきゅん「アクセントに関しては、前回の会議とかぶりますが、愛称と同じで各自お好きなようにどうぞ。ただしノーアクセントが標準と思われる、とまあこんな感じで」
重箱るっきゅん「議長さん乙でした。今回はツンデレが薄かったですな」
議長るっきゅん「な、なんのことよ! 意味わかんない!」
製造番号1さん「議長、指名指名」
議長るっきゅん「あ、はい、では次回の議長は重箱るっきゅんさんにお願いしていいでしょうか」
重箱るっきゅん「あい」
議長るっきゅん「ではこれにて、第2回会議を閉会します。お疲れ様でした」

第3回議事録・最近あった困ったことについて(2007年7月吉日)

議長るっきゅん「それでは恒例となりつつあります井戸端会議、第3回を開会させてもらいます」
乱入ぶっきゅん「乙です重箱さん。ところで今日の議題は何ですか」
議長るっきゅん「どうでもよいことを語り合うという当会議の趣旨からは若干はずれるけど、近況報告を兼ねて、到着以降に起きた困ったことを語りあうのはどうかと」
製造番号1さん「いいんじゃないでしょうか。当会議は全国のLOOX U系の利益を代表し、不当な扱いに対しては団結して対処すべきだと思います」
富士Uさん「困ったというと大げさですが、買っていきなり底面カバーを脱がされました。恥ずかしかったです」
一般るっきゅん「あ、わたしも」
議長るっきゅん「脱がされたかた、挙手を願います。結構多いですね。あそこはプラスドライバーだけで開きますからね」
デラるっきゅん「脱がされただけじゃなくて、じろじろのぞき込まれて、タメ息つかれました」
議長るっきゅん「初期型の無線LAN内臓モデルはMiniPCI Express2スロットっていう噂でしたからね」
40Gるっきゅん「わたしは、ハードディスクが旧型でキャッシュが少ないって、がっかりされました」
改造るっきゅん「まあSSDに換装しちゃえば関係ないけどね」
議長るっきゅん「SSDに換装済みのかた、挙手を願います。お、意外に多いかな?」
改造るっきゅん「保証が効かなくなるのは困るけど、SSD換装は困るというよりむしろうれしいよね」
傷有りるっきゅん「ほかのものと一緒にバッグに詰め込まれて、ふたに傷が付いちゃいました」
ちょんまげるっきゅん「USBにちょんまげそっくりの無線カード付けられました」
紋次郎るっきゅん「ファンがうるさいっていって、吸気口につまようじ突っ込まれました」
セロテープるっきゅん「わたしなんて吸気口をセロテープでふさがれました」
プリントるっきゅん「ふたに自分のイラストをプリントされました」
議長るっきゅん「ちょっと待ってください。今どさくさに紛れてのろけた人がいませんでしたか?」
一同「ざわ・・ざわ・・」
一般るっきゅん「フタに自分のイラストをプリントってちょっとうらやましいかも」
プリントるっきゅん「えーそんなことないですよ、持ち主さんも痛PCって言ってたし」
一般るっきゅん「じゃ、なんて顔がにやけてるんですか」
無印るっきゅん「ごちそうさま」
ぶっきゅん並盛「お幸せに」
プリントるっきゅん「この早さなら言えるかと思って…。すみません」
一般るっきゅん「あっ、あっさり認めた」
無印るっきゅん「デレデレか」
一同「だめだ! ツンデレじゃないやつに突っ込んでもだめだ!」
乱入ぶっきゅん「ってなんでわたしのほう見るのよ! 意味わかんない!」
てんてん「…しくしくしく」
一同「誰?」
てんてん「香港で仲間たちと仲良くお店に並んでたのに、うちだけいきなり日本に連れてこられたアル。心細いアル(泣」
一同「(´Д`;;;;;;」
議長るっきゅん「日本にもキミの親戚がいっぱいいるから大丈夫」
製造番号1さん「持ち主さん、わざわざ香港まで買いに行くくらいだから大事にしてもらえると思いますよ」
乱入ぶっきゅん「そうそう、気を落とさず」
元祖るっきゅん「大事に、で思い出しましたが、先日恐ろしい体験をしました」
議長るっきゅん「ほほう」
元祖るっきゅん「じつは持ち主さんがですね、運動がてら地下鉄4~5駅分歩いて帰ることがあるんですが、時々歩きながらわたしでDVD見るんですよ」
議長るっきゅん「それはちょっと危ないね」
元祖るっきゅん「まあ、わたしの持ち主さんですから、どうせ愚にも付かぬアニメなのですが」
議長るっきゅん「それは別の意味で危ないね」
元祖るっきゅん「一応大通りは避けて、川べりの遊歩道とか、信号の少ないコース歩いてはいたんですが…」
議長るっきゅん「ほかの人とぶつかったりしたの?」
元祖るっきゅん「いいえ、これといって何も原因がないのに、つるっと手を滑らせまして」
一同「ドジっこメイドかよ!」
元祖るっきゅん「液晶を表にして閉じた状態で、約1メートル20センチ下のアスファルトの地面に落下」
無印るっきゅん「うわぁイタイ!」
ぶっきゅん並盛「やめて! 聞きたくない」
元祖るっきゅん「なんと奇跡的に無傷でした」
製造番号1さん「お別れを言いに化けて出てきたとかいうオチじゃないですよね」
元祖るっきゅん「わたしも、もうダメだと思ったのですが…。手元からピョーンと飛び出して、完全に水平を保ったままトスッと落ちまして」
改造るっきゅん「水平に落ちたので衝撃が分散されたというわけか。角から落ちたら完全に壊れてたね」
元祖るっきゅん「DVDガンガン再生中だったんで、SSDに換装してもらってなければ完全にアウツだったですよ」
一般るっきゅん「しかし苦労してるなぁ」
富士Uさん「くだらない愛称考えてる暇があったら、もっと実機を大切にしてあげなさいよ」
元祖るっきゅん「丈夫に産んでくれた島根工場のおばちゃんありがとう。しかしそんなラッキーは滅多におこらないので、持ち主さんは落とさないように注意してくださいね」
改造るっきゅん「どこかにストラップが付けられるといいんだけどなあ」
議長るっきゅん「では本日の会議はこのへんで。苦労ついでで申し訳ないっスけど、元祖るっきゅんさん、次回の議長をお願いしていいですか?」
元祖るっきゅん「はい。それまで命が無事でしたら…」
一同「(´Д`;;;;;;」

第4回議事録・天敵及び本革ケースについて(2007年8月吉日)

議長るっきゅん「暑いさなかですが、それでは恒例の井戸端会議を始めたいと思います。今回の議長は、元祖るっきゅんこと製造番号R760063が務めさせていただきます」
製造番号1さん「よかった、無事だったようですね。最近見なかったけど、どこか行かれてたんですか?」
議長るっきゅん「近場ですけど軽井沢に行ってました」
重箱るっきゅん「旅となると我々UMPCの本領発揮だしね。で、どうだった?」
議長るっきゅん「涼しいとやっぱりあんまりファンが回らなくて、快適でしたよ」
無印るっきゅん「軽井沢はどのあたり回ったの?」
議長るっきゅん「自然歩道みたいなところをあちこち歩いたんですけど、ツキノワグマの目撃情報の看板がいっぱい立ってました。昨日はこのあたりに出没、おとといはこのあたりに出没、みたいな」
富士Uさん「ツキノワグマっておとなしいんでしょ? クマ、見られた?」
議長るっきゅん「いえ、見てみたいと思ってクマよけ鈴も持たずに歩きまわったんですけど、見れませんでした」
富士Uさん「そっかー残念」
議長るっきゅん「そして帰ってきた次の日、テレビ見てたら、泊まっていたところの近所のおばちゃんがクマに襲われたというニュースが」
富士Uさん「ひぃぃぃ」
るっきゅん並盛「ガクガク」
議長るっきゅん「開発のせいで自然環境が変わってしまって、最近のツキノワグマは凶暴らしいです」
一般るっきゅん「相変わらずタイトロープ人生だねぇ」
議長るっきゅん「そういえば、猫にACアダプタを引っかけられて落下して、入院になったるっきゅんがいるそうです」
るっきゅん並盛「ぬここえー」
無印るっきゅん「むしろクマよりこえーな」
重箱るっきゅん「わたしたちの筐体サイズだとそそるのかもね」
無印るっきゅん「どゆこと?」
重箱るっきゅん「犬には跳びかからないけど、ねずみを見ると跳びかかりたくなる」
無印るっきゅん「なるほど」
議長るっきゅん「みなさん猫には注意してくださいね。入院されたるっきゅんさん、一日も早い退院をお祈りします」
製造番号1さん「猫まねきというソフトと相性が悪いという報告もありますね。なんでもIEと一緒に使うとダメとか」
繊細るっきゅん「ああ、私は一緒に使ったら調子悪くなりました」
平気るっきゅん「私は平気だったよ。USBキーボードには効かないところが、外部キーボードつないだときグー」
繊細るっきゅん「環境によるのかな」
腹痛るっきゅん「わたしはご飯食べたあとすぐ走ったりすると気持ち悪くなる」
るっきゅん並盛「5時間目に体育はやめて欲しいよね」
無印るっきゅん「それ単なる食い過ぎだから」
頭痛るっきゅん「私はときどき急に頭が痛くなることがあります。そして頭の奥に、個人情報を送れ…っていう声が響いてきて、抵抗できなくなって…」
設定るっきゅん「それスパイウェアだから!!!」
セキュるっきゅん「持ち主さんに小ネタ集読んでもらって、スタートアップからはずしてもらいなさい」
黒革ぶっきゅん「ふん、クマが怖い、猫が怖いって、みんな惰弱じゃないの? とんだお笑いだわ」
一同「うわ、ボンデージルックのあやしい新キャラきたよ。しかも三姉妹?」
重箱るっきゅん「テコ入れかよ」
深読みるっきゅん「ジャンプのマンガだと、そろそろ初回のアンケートでケツに火がつくころだし」
モバるっきゅん「いや、本スレで話が出てたエクストリームなんとかって会社の本革モバイルスーツ装備のキャラってことだろ?」
感心るっきゅん「たしかに、こんなの付けてれば、猫に引っかかれても大丈夫だね」
議長るっきゅん「かっこいいけど、でも高そうですねぇ…」
中流るっきゅん「定率減税も廃止されたばかりだし、持ち主さんに悪くて、こんな高いものとてもねだれないね」
黒革ぶっきゅん「貧乏人はひれふしさない!!!」
重箱るっきゅん「コスのせいで、完全に女王様モードになってるな」
黒革るっきゅん「お姉ちゃん、だめだよそんなこといっちゃ」
黒革てんてん「それにこの格好、おへそ出てるしちょっと恥ずかしいアル」
重箱るっきゅん「妹たちは割と普通だな。あれはぶっきゅんの地か」
煽りるっきゅん「こうなったら、こっちもぶっきゅんをぶつけるしかないだろ」
乱入ぶっきゅん「はぁ? なんで私なのよ! 意味わかんない!」
煽りるっきゅん「いいから行け! われわれ裸るっきゅんの面子にかけて!」
SEるっきゅん「ドギャァァァーン!」
乱入ぶっきゅん「服くらい着てるわよ。それに勝手に変な効果音入れないでよ、バカじゃないの!」
製造番号1さん「乱入さん?」
乱入ぶっきゅん「は、はい!」
製造番号1さん「みんな期待してますから。お願いしますね」
乱入ぶっきゅん「は、はい、がんばります」(←逆らえない)
黒革ぶっきゅん「へぇ、やる気?」
乱入ぶっきゅん「こうなったらもうヤケよっ!」
黒革三姉妹「ジェット・エクストリームリミット(R)・アタック!」
一同「ああ!」
一般るっきゅん「だめだ! あっけなく弾き飛ばされた」
重箱るっきゅん「つーか会社名出しちゃっていいの?」
黒革ぶっきゅん「フッ、もろいわね。やっぱりオプションも高級品でなくっちゃダメね」
煽りるっきゅん「やはり、ぬののふくとレザーアーマーの装甲の差が出たか!」
製造番号1さん「大丈夫? あ、動かないほうがいいわ」
乱入ぶっきゅん「す、すみません、先輩、役立たずで」
製造番号1さん「黒革さん」
黒革ぶっきゅん「な、なによ!」
製造番号1さん「スペックだの、オプション装備だの、そういうものでしかPCの価値を計れないとしたら、悲しいことです」
黒革ぶっきゅん「な、なんですって! そんなの負け犬の遠吠えじゃない!」
製造番号1さん「……」
黒革ぶっきゅん「って、なに服脱いでるのよ!」
一同「ざわ・・ざわ・・」
一般るっきゅん「すげー、初めて見た」
無印るっきゅん「最初期型は、まじで2スロット付いてたんだな」
モバるっきゅん「この前の会議で、誰も2スロット付いてるって言い出さないから、ガセかと思ってた」
製造番号1さん「これは、本来自慢できることなのかもしれません。でも、私はちっともうれしいと思いません。仲間たちが1スロットで、持ち主さんにがっかりされたと言う話を聞いて、むしろ、なんで私だけ2スロットなのかと悲しくなりました」
黒革ぶっきゅん「……」
製造番号1さん「スペックがどうだというんでしょう。自分なりに、精一杯持ち主さんのためにがんばる。それが本当のPCのあるべき姿じゃないでしょうか?」
重箱るっきゅん「なんか妙にいい話になってきたな」
黒革ぶっきゅん「……すみません。その通りです。わたしたちが間違っていました」
黒革るっきゅん「というか私は一応止めたんですけど」
黒革てんてん「うちもほかの人の悪口とか言ってないアル。複数形にするおかしいアル」
重箱るっきゅん「意外とチームワーク悪いな」
議長るっきゅん「ではどうでしょう、仲直りのしるしに、次回の会議の議長を黒革さんたちにお願いするというのは」
黒革ぶっきゅん「えっ、こんな迷惑かけたわたしが、参加していいんですか」
重箱るっきゅん「いや、負けて仲間になる敵って割と普通の展開だから。気にしなくていいから」