小児科


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新日時  2013-04-04 09:49:41 (Thu)

問題1
先天性風疹症候群によく見られる心疾患は?3つ選べ。
①動脈管開存症
②末梢肺動脈狭窄
③心房中隔欠損
④完全大血管転位症
+ ...

問題2
次のうち、伴性劣性遺伝の形式をとらないものはどれか。

1 Bruton型無γグロブリン血症
2 重症複合型免疫不全症(SCID)
3 Wiskott-Adrich症候群
4 毛細血管拡張性失調症
5 慢性肉芽腫症
+ ...

問題3
髄膜炎の起炎菌を頻度ごとに示せ。
+ ...

問題4
3歳4か月の男児。
昨夜自宅で転倒し右半身を強打したとのことで、日中母親に連れられ来院した。
来院時所見:身長83.1cm、体重7.0kg。体温35.4℃、血圧82/52mmHg、脈拍59回/分、整。
ぐったりした様子で、話しかけても言葉を発しない。
右前額部、左側胸部、右大腿遠位部に青紫色の内出血斑を認める。
胸部単純X線写真で左第6肋骨に骨折線を認める。
胸郭の動揺や肋骨の転位を認めない。

誤っているのはどれか。

a Kaup指数は低値である。
b 正常より低値である。
c 現時点で骨折の観血的整復は不要である。
d 胸郭バンド固定を行う。
e 母親に栄養指導を行い帰宅させる。
+ ...

問題5
生後20日、在胎41週、出生体重3320g。Apgar9点。母親は生来健康。
クレチン症の症状(臍ヘルニアは認めない、四肢の運動は活発)はないが、
生後5日の新生児マススクリーニングでTSH高値を指摘され、
生後12日に産科で再検査を受けたところ、TSH12.0μU/ml(基準0.2~4.0)、FT4 1.5ng/dl(基準0.8~2.2)。
専門医に紹介された。
まず行うのはどれか?1つ選べ。

①甲状腺機能検査
②甲状腺超音波検査
③甲状腺シンチグラフィ
④母親の甲状腺機能検査
⑤サイロキシンの投与開始

出典:100I2
+ ...

問題6
生後3週の男児。5日前から哺乳ごとに嘔吐が起こるので来院した。食欲は良好で、
下痢はなく、排便は3日に1回である。皮膚は乾燥し、ツルゴールは低下しているが、
尿量は保たれている。血清生化学所見:Na140・K3・Cl89・動脈血pH7.51

(1) 本疾患で認められる所見はどれか。3つ選べ。
①Dance徴候 ②右季肋部オーリブ大腫瘤 ③遷延性黄疸 ④貧血 ⑤蠕動不穏

(2) まず行うべきはどれか。1つ選べ。
①単純胸部XP ②単純腹部XP ③腹部超音波 ④腹部造影CT ⑤催吐

(3) 治療として誤っているのはどれか。2つ選べ。
①硫酸アトロピン ②K製剤 ③乳酸リンゲル液 ④ハルステッド術 ⑤ブドウ糖液
+ ...

問題7
1歳の男児。持続する下痢と皮疹とを主訴に来院。母親の妊娠・分娩歴
には特記すべきことはない。母乳分泌が不十分で人工栄養で育てられた。
6ヶ月ころから水様性の下痢をきたすようになり体重増加不良となった。
ミルクアレルギーを考え、治療乳を試みたが下痢は改善しなかった。
1就前から口周囲と指に皮疹が出現した。
口周囲の写真を次に示す。(口周囲に皮疹が認められる。
皮膚炎は紅色局面を認め、一部びらんを呈している)
①銅
②鉄
③亜鉛
④セレニウム
⑤高級不飽和脂肪酸
+ ...

問題8
4歳男児。5日前から38度以上の発熱が持続したため来院。手足の腫脹が明らかで
両側眼瞼結膜が充血、口唇は紅潮、亀裂が見られ、苺舌を認める。(すべて一択です)

(1) 最も考えられる診断は何か?
a. リウマチ熱 b. 若年性特発性関節炎 c. SLE d. 川崎病 e. 血管性紫斑病

(2) 本疾患で見られない物はどれか?
a. 麻痺性イレウス b. BCG接種部位発赤 c. 胆嚢腫大 d. 無痛性リンパ節腫脹 e. 血小板増加

(3) 本疾患の予後を最も規定する因子があった場合に長期投与すべき治療薬はなにか?
a. ペニシリン b. γグロブリン c. ステロイド d. アスピリン e. NSAID

(4)川崎病疑いで投薬治療続けてる最中にインフル罹患したときって治療どうするんやろうね。
出典:スレ5 382氏自作
+ ...

問題9
乳児化膿性股関節炎で正しいのはどれか。3つ選べ。
①頻度が最も高い起炎菌は大腸菌である。
②患肢を活発に動かす。
③おむつ交換時に激しくなく。
④進行例ではX線写真で病的脱臼がみられる。
⑤安静のためには下肢介達牽引が有用である。
+ ...

問題10
乳児肥厚性幽門狭窄症で血中濃度が低下するのはどれか?2つ選べ。
①重炭酸 ②ナトリウム ③カリウム ④クロール ⑤ビリルビン

出典:94B29
+ ...

問題11
2歳6ヶ月の女児。歩行障害と下肢の変形とを主訴に受診した。母親の妊娠・出産歴に特記すべきことはない。
7ヶ月までは母乳で育てられ順調に成長していた。
母親は患児を祖父に預けて農作業をしていた。祖父は病弱でほとんど外出することがなく、家の中で生活していた。
患児は1歳頃から肘をついて這っていた。
1歳6ヶ月頃から背部が突出する変形がみられ、さらに下肢の変形を伴い、歩行できないため受診した。
下肢の写真(A)と手根骨X線写真(B)とを次に示す。
(A:長幹骨は彎曲しO脚の所見が認められる。B:橈骨骨端の杯状変形(盃状陥凹)cuppingが認められる)

この疾患の血清で低値が予想されるのはどれか?2つ選べ。
①リン ②25-(OH)-D3 ③クレアチニン ④副甲状腺ホルモン ⑤ALP

出典:98D52
+ ...

問題12
神経芽細胞腫について正しいのは?
a10歳以降の発生が最も多い
b患者の自覚症状により発見されることが多い
c硬い腫瘤として触知される
d眼球後退が生じる
e腹壁の皮下出血が生じる
+ ...

問題13
生後7週の乳児、高度の脱水により血圧低下、循環血量減少性ショックにて死亡。剖検にて両側副腎の過形成がみられた。
この乳児の病態はホルモンの合成障害に起因すると考えられる。そのホルモンは以下のどれか。

a.アルドステロン
b.アンジオテンシン
c.ADH
d.心房性ナトリウム利尿ペプチド
e.レニン

出典:スレ20 385氏
+ ...

問題14
X劣の遺伝形式の奴を選べ

a.DiGeorge症候群
b.Wiskott‐Aldrich 症候群
c.筋緊張性ジストロフィー
d,副腎白質ジストロフィー
e.福山型ジストロフィー

出典:スレ23 728氏
+ ...

問題15
乳児にハチミツを与えるべきでない理由は?

a.核黄疸の原因にから
b.HBVの原因になるから
c.成人T細胞白血病(ATL)の原因になるから
d.ボツリヌス菌が含まれることがあるから
e.炭疽菌が含まれることがあるから

出典:スレ25 367氏
+ ...

問題16
小児の腹痛の原因として最も多いのはどれか。
a 便秘症
b 胆嚢炎
c 腸重積症
d 急性虫垂炎
e 鼠径ヘルニア

出典:100E-36
+ ...

問題17
6歳の男児。自閉症疑い。今後行う検査として正しいのは?
a:WAIS
b:MMSE
c:BPRS
d:WISC
e:Hamiltonうつ病評価尺度

出典:106回スレ3 700氏 
+ ...
問題18
同量の牛乳より母乳のほうが多く含まれているものを全て選べ。
a飽和脂肪酸
bアミノ酸
c鉄
d乳糖
eタンパク質

出典:スレ8 959氏
+ ...

問題19
正しいものを4つ選べ。
a小児健診は1才半健診と2才健診がある
b 水痘ワクチンとムンプスワクチンが混ざった混合ワクチンが存在する
c 食物アレルギーで1番多いのは卵である
d ポリオは接種後は数日から数週間は排菌する
e 手足口病は感染後は数週間は排菌する

出典:
+ ...
問題20
【92A18】
3歳児の発達のチェックポイントとして用いられるのはどれか。3つ選べ。
a.なぐり書きをする
b.人見知りをはじめる
c.片足で立てる
d.靴をはける
e.自分の名前を言える

【88A41】
3歳児の精神運動発達の目安として適切なのはどれか。3つ選べ。
a.三輪車をこぐ
b.円をまねて描く
c.靴のひもを結ぶ
d.10個のものを数えられる
e.自分の名前が言える

【99D64】
3歳0ヶ月児で正常なのはどれか
a.頭囲が42cmである
b.身長が80cmである
c.乳歯が生えそろっている
d.自分の名前が書ける
e.1日の睡眠時間が15時間である。

+ ...
問題21
正しいものを2つ選べ。
a:麻疹の発疹は融合傾向がある。
b:風疹は発疹消退後に色素沈着を残す。
c:水痘は俗に言う「おたふくかぜ」である。
d:突発性発疹は解熱とともに発疹が現れる。
e:ヘルパンギーナは通常高熱はなく、対症療法で十分である。
+ ...
問題22
G100 新生児のマイクロバブルテストに用いるのはどれか.
a 唾液
b 胃液
c 尿
d 糞便
e 血液

出典106スレ12 970氏
+ ...

問題23
99E63 Turner症候群について正しいのはどれか.
a 高齢出産の児に多い.
b 出生時に筋緊張低下を示す.
c 中手骨の短縮を認める.
d 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症を示す.
e 低身長に対して成長ホルモンは無効である.

出典106スレ13 444氏
+ ...

問題24
脳性麻痺について正しいもの2つ。
a痙直性麻痺の児の下肢は外旋、底屈している。
b錐体外路型麻痺をきたすのは正産児に多い。
c生涯を通して症状は不変的である。
d脳室周囲白質軟化症は痙直性麻痺の原因となることが多い。
e治療としては装具装着が最も重要である。

出典106スレ16 341氏
+ ...
問題25
100I-5 10か月の乳児。母親が発達の遅れを心配して来院した。在胎38週、自然分娩で出生。
定頸5ヶ月、坐位9ヶ月、寝返りはするがはいはいはできない。
この児に対する発達の評価に適しているのはどれか。2つ選べ。
a.Moro反射
b.Landau反射
c.Babinski反射
d.手掌把握反射
e.パラシュート反射

出典106スレ16 413氏
+ ...
問題26
麻疹罹患学童の出席停止期間の基準はどれか。正答率は85.5%
a.解熱するまで
b.発疹が消失するまで
c.特有の咳が消失するまで
d.解熱後3日を経過するまで
e.発疹消失後3日を経過するまで

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題27
100G100 新生児のマイクロバブルテストに用いるのはどれか.
a 唾液
b 胃液
c 尿
d 糞便
e 血液

出典106スレ18 ??氏
+ ...
問題28
新生児低血糖でみられないのはどれか2つ選べ
a無呼吸
b発汗
c頻脈
dチアノーゼ
e異常な泣き声

出典106スレ18 ??氏
+ ...
問題29
異常はどれか
a幼児期Kaup指数16
b学童期Rohrer指数150
c学童期肥満度25
d成人BMI21

出典106スレ18 ??氏
+ ...
問題30
最も早期に症状が現れ、治療しないと死亡するものはどれか。
a Crigler-Najjar症候群
b Gilbert症候群
c Dubin-Johnson症候群
d Rotor症候群
e 該当なし

出典106スレ22 ??氏
+ ...
問題31
問1 川崎病について正しいのはどれか.3つ選べ.
a 原因は不明である.
b 高血圧を認める.
c 血小板が減少する.
d 合併症に冠動脈瘤がある.
e 免疫グロブリン製剤が有効である.

問2 川崎病でみられるのはどれか.3つ選べ.
a 5日以上続く発熱
b 眼球結膜の充血
c 化膿性の頸部リンパ節腫脹
d 血小板数の減少
e 赤沈の亢進

問3 頸部リンパ節腫脹をきたしやすいのはどれか.
a 滲出性中耳炎
b アレルギー性鼻炎
c アフタ性口内炎
d ヘルパンギーナ
e 川崎病

出典106スレ22 ??氏
+ ...
問題32
[100B67改題] chronic granulomatous diseaseで感染の原因となりやすいのはどれか。2つ選べ。
a Listeria monocytogenes
b Mycobacterium tuberculosis
c Pseudomonas aeruginosa
d Staphylococcus aureus
e Streptococcus pneumoniae
+ ...
問題33
国試直前にあがった問題。
在胎33週で出生した男児。未熟児。呼吸窮迫症候群。
3日目から呼吸障害が改善したためCPAPを中止し臍動脈カテーテルを抜去し、
鼻腔栄養を開始した。生後7日目から腹部膨満が出現し、血性便が見られた。
診断はどれか。
a 真性メレナ
b 播種性血管内凝固症候群
c 新生児壊死性腸炎
d 先天性小腸閉鎖
e ヒルシュシュプルング病

+ ...
問題34
正常新生児で最も遅く認められるのはどれか。98G51
①吸啜反射  ②臍帯脱落 ③胎便排泄 ④生理的黄疸 ⑤生理的体重減少

+ ...
問題35
103G43
生後10日の新生児.在胎38週2日,出生体重2,530g.Apgarスコア6点(1分),8点(5分).
体温37.3℃.呼吸数48/分.心拍数76/分,整.収縮期血圧52mmHg.心音と呼吸音とに異常を認めない.
腹部は平坦で,右肋骨弓下に肝を1cm触知する.足底把握反射とBabinski反射とは陽性である.
異常な所見はどれか.
a 呼吸数
b 心拍数
c 収縮期血圧
d 足底把握反射
e Babinski反射

+ ...
問題36
G40 8ヵ月の乳児.首がすわらないことを主訴に来院した.
在胎30週,体重1,200g,Apgarスコア3点(1分),5点(5分)で出生した.
新生児期に無呼吸と哺乳障害とがあった.両下肢は硬く,伸展し内転している.
両下肢の腱反射は亢進している.まず行う治療はどれか.
a 装具装着
b 作業療法
c 理学療法
d 排尿訓練
e 言語聴覚療法

+ ...
問題37
乳児期の心不全徴候でないのはどれか。(正答率38%)
A 多呼吸
B 発汗過多
C チアノーゼ
D 体重増加不良
E 浮腫

+ ...


問題

出典:
+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。