心臓・脈管


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新日時  2012-04-25 10:10:12 (Wed)

問題1
右心不全の徴候はどれか。2つ選べ。
①肝腫大
②呼気延長
③肺うっ血
④起坐呼吸
⑤頸静脈怒張
+ ...

問題2
ファロー四徴症で、生後半年くらいでチアノーゼが出たら、
Blalock-Taussig 手術(鎖骨下動脈を肺動脈につないで低酸素血症を改善する)を行う目的は?
+ ...

問題3
Fallot(ファロー)四徴症で、Blalock-Taussig(ブラロック-トーシグ)短絡手術後には
手術をした側の腕の脈拍が触れ難くなるとあるが、聞こえなくなる腕はどちらの腕?
+ ...

問題4
小児の心電図は右軸偏位?左軸偏位?
+ ...

問題5
59歳の男性。4時間持続する前胸部痛のために搬入された。
現病歴:1ヶ月前から階段を上がった際に前胸部絞扼感を自覚した。
安静にすると消失するので放置。本日そうちょうに前胸部絞扼感で覚醒した。
次第に増強してきた。
既往歴:5年前から高血圧症で降圧薬を服用している。
現症:意識清明。身長168㎝、体重82㎏、体温36.6℃。呼吸数24回/分、
脈拍104回/分、欠代あり、血圧160/94mmHg。冷感を伴い、四肢は冷たい。
心雑音はないが、奔馬調律を 聴取する。呼吸音に異常なし。
腹部は平坦で、肝臓、脾臓は触知しない。下肢浮腫なし。
検査:尿蛋白(-)、尿糖(+)。RBC480万、Hb15.8、Ht46%、WBC9800、血小板48万、血清生化学所見:総蛋白7.6、クレアチニン1.0
AST88、ALT24、CK540(基準40~200)、SPO296%、
心電図:Ⅱ、Ⅲ、aVF、V2~V6のST上昇、Ⅲ、aVFの異常Q波から急性の前・下壁梗塞(心電図は図のみ)
治療として適切でないのはどれか。1つ選べ。
①酸素吸入
②ヘパリン投与
③リドカイン投与
④アドレナリン投与
⑤ニトログリセリン投与
+ ...

問題6
58歳の男性.夜間の呼吸困難のため救急車で搬入された.
現病歴:4年前に狭心症と診断され,アスピリンと硝酸薬とを服薬していたが,
半年前から中断していた。
3ヶ月前から駅の階段を昇るとき軽度の胸痛を感じていた.
2日前冷汗を伴う前胸部絞捉感が数時間持続し,自宅での安静で軽快した.
しかし,昨夜就寝後呼吸困難のため覚醒した.横になると呼吸困難が再発するので眠れず,午前3時に来院した.
既往歴:8年前に糖尿病を指摘された.
意識は清明.身長169cm,体重75kg.呼吸数28/分.脈拍104/分,整.血圧102/88mmHg.
頸静脈の怒張を認めるが,心雑音はない.両側下肺野にcoarse cracklesを聴取する.
右肋骨弓下に圧痛を認める.両側下腿に浮腫を認める。
検査所見:尿所見:蛋白1十,糖2十.血液所見:赤血球430万, Hb 14.2g/dl, Ht42%,白血球9,500,血小板30万.
血清生化学所見:血糖150mg/dl, HbA1c8.8% (基準4.3~5.8),総蛋白7.0g/dl,尿素窒素26mg/dl、
クレアチニン1.2mg/dl,総コレステロール224tng/dl,トリグリセライド190mg/dl,総ビリルビン0.8mg/dl, AST 60単位, ALT 34単位,
LDH 620単位(基準176~353), CK 960単位(基準10~40)、 Na 148mEq/l, K 4.6mEq/l, Cl 103mEq/l.
経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉96%(酸素3 l/分投与下).
入院時の胸部X線写真(A)と心電図(B)とを次に示す.
Aの内容:著明な心拡大と両肺門を中心として末梢に広がるbutterfly shadowを認める。
Bの内容:洞調律。V1でP波は左房負荷。Ⅰ、aVL、V1~V3に異常Q波、
V4~V6のR波が減高、Ⅰ、aVL、V2~V6に陰性T波(異常Q波とあわせて考えると冠性T波)、
V1~V4にST上昇が認められる。
(発症数日程度の左前下行枝領域の急性前壁梗塞または心室瘤を伴う陳旧性心筋梗塞の所見)
この患者にまず必要な治療薬はどれか.
a 血糖降下薬
b フロセミド
c リドカイン
d カルシウム拮抗薬
e ノルエピネフリン
+ ...

問題7
急性心筋梗塞の診断で最も特異的なのはどれか?1つ選べ。
①AST
②LDH
③心筋トロポニンT
④クレアチンキナーゼ
⑤コリンエステラーゼ

出典:100B29
+ ...

問題8
大動脈瘤の原因 好発部位 特徴 大動脈瘤の形状 を述べよ。
+ ...

問題9
Ⅲ音の聴取で正しいのはどれか?1つ選べ。

①Ⅰ音の前後に注目する。
②左側臥位で聴取しやすい。
③聴診器は膜型を使用する。
④下肢を挙上すると減弱する。
⑤胸骨左縁第4肋間で最強となる。
+ ...

問題10
チアノーゼを判定する部位で最も適切なのはどれか?1つ選べ。
①眼瞼結膜
②口唇
③舌
④手掌
⑤足底
+ ...

問題11
32歳の女性。2週以上続く37℃台の発熱を主訴に来院した。 3週前に抜歯を行った。
体温37.8℃。脈拍84/分,整,Ⅲ音と心尖部を最強点とする3/6度の全収縮期雑音とを聴取する。
血液所見:赤血球320万. Hb 9.8g/dl, Ht 32%,白血球9800,血小板20万。
血清生化学所見:AST 18単位, ALT 16単位, LDH 260単位(基準176~353),
CK 35単位(基準10~40)。CRP 7.6mg/dl。心エコー検査で僧帽弁に疣贅を認める。
この疾患に特徴的でないのはどれか。
①黄色腫
②爪下線状出血斑
③Osler結節
④Roth斑
⑤脾 腫

出典:100F-23
+ ...

問題12
42歳の男性。就寝中に出現する前胸部痛を主訴に来院した、日中には自覚症状はない。
安静時心電図に異常を認めないが、ホルダー心電図では、症状出現時に一致して
ST上昇を認めた。
 発作を誘発するのはどれか。2つ選べ。
①酸 素
②過 食
③過換気
④a受容体遮断薬
⑤アセチルコリン
+ ...

問題13
60歳の男性。1ヶ月前から始まった頭重感を主訴に来院した。
初診時と2週間後の血圧は
それぞれ150/90mmHg、140/90mmHgである。
血圧はどれに分類されるか。
①正常血圧
②正常高値血圧
③軽症高血圧
④中等症高血圧
⑤収縮期高血圧
+ ...

問題14
①と③を結ぶ線は胸骨右縁、②と④を結ぶ線は胸骨左縁、
①と②を結ぶ線は第2肋間、③と④を結ぶ線は第4肋間、
⑤は心尖部とする。
大動脈弁領域はどれか?

……………①…………②………………………………………

……………③…………④………………………………………

………………………………………⑤…………………………

出典:104H20
+ ...

問題15
AとGを結ぶ線は右鎖骨中線上、BとHを結ぶ線は左鎖骨中線上、
AとBを結ぶ線は肺尖部、CとDを結ぶ線は肺の比較的上部、
EとFを結ぶ線は肺の比較的下部、GとHを結ぶ線は肺下部とする。

肺の聴診をするときに正しい順序はどれか?
①ABCDEFGH ②ABDCEFHG ③ACEGBDFH ④ACEGHFDB ⑤HECABDFH

……………A……………………B……………………………

……………C……………………D……………………………

……………E……………………F……………………………

……………G……………………H……………………………
+ ...

問題16
Ⅳ音につき正しいのはどれか?2つ選べ。
①正常な心臓では聴取されない。
②Ⅰ音の直前に低調音を生じる。
③心雑音である。
④左側臥位で、心尖部で聞こえる。
⑤心房細動でも聴くことができる。

出典:スレ7 45氏
+ ...

問題17
僧帽弁狭窄症の症候としてまれなのはどれか

A喀血
B肝腫
C失神
D塞栓症
Eチアノーゼ

出典:スレ9 701氏
+ ...

問題18
電気的除細動の適応がないのはどれか.
a asystole
b atrial fibrillation
c atrial flutter
d ventricular fibrillation
e pulseless ventricular tachycardia

出典:スレ18 448氏
+ ...

問題19
40歳女性。健診で血圧高値を指摘され、来院した。身長156cm、体重72kg、脈拍72整、血圧164/96mmHg、尿所見:蛋白2+、糖(ー)、沈渣異常なし
問診で重要なのはどれか?
a.飲酒歴
b.妊娠出産歴
c.海外渡航歴
d.尿路感染の既往
e.アレルギーの既往

出典:スレ18 902氏
+ ...

問題20
脈圧の上昇する疾患はどれか? 全て選べ。
①PDA ②AR ③甲状腺機能亢進症 ④頭蓋内圧亢進 ⑤動脈硬化症

出典:スレ19 970氏
+ ...

問題21
次のうち電気的除細動の適応でないものを3つ選びなさい

a.PEA
b.PSVT
c.VT
d.心静止
e.AF
f.期外収縮

出典:スレ20 243氏
+ ...

問題22
正しい位置関係はどれか
a 大動脈弁は肺動脈弁の左前方にある
b 上行大動脈は右肺動脈の後方にある
c 右心室は左心室の右後方にある
d 右心房は左心房の後方にある
e 上大静脈は右肺動脈の前方にある

出典:96B-13
+ ...
問題23
103D40 [臨床]    
36歳の男性。息切れと疲労感とを主訴に来院した。2年前から労作時の息切れを自覚していた。意識は清明。
脈拍84/分、整。血圧112/72 mmHg。胸部聴診でⅢ音を聴取するが、心雑音は聴取しない。
呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。浮腫を認めない。
胸部エックス線写真での心胸郭比66%。心エコー図(別冊No.16)を別に示す。
(心エコー:LVDd≒60mm(正常<55mm)、左室径は収縮期、拡張期とも殆ど変化なし。右室、左房とも拡張)
 この患者の予後を改善するのはどれか。2つ選べ。(正答率85.9%、MLECでの正答率:57.14%)
a.強心薬
b.α遮断薬
c.β遮断薬
d.カルシウム拮抗薬
e.アンジオテンシン変換酵素阻害薬

出典:
+ ...
問題24
閉塞性肥大型心筋症(HOCM)の治療で適切な物2つ選べ
a,利尿薬
b,硝酸薬
c,β遮断薬
d,アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬
e,ベラパミル

出典:
+ ...
問題25
拡張型心筋症(DCM)の治療で適切な物を選べ
a 硝酸薬
b α遮断薬
c β遮断薬
d カルシウム拮抗薬
e アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬

出典:
+ ...

問題26
心不全に関して長期予後を改善するエビデンスがあるものを2つ選べ
1 ループ利尿薬
2 サイアザイド系利尿薬
3 カリウム保持性利尿薬
4 βブロッカー
5 ジギタリス

+ ...
問題27
I10 恒久的心臓ペースメーカー植え込み術の適応となるのはどれか.2つ選べ.
a 完全右脚ブロック
b Wenckebach型2度房室ブロック
c 急性下壁心筋梗塞に伴う完全房室ブロック
d MobitzⅡ型2度房室ブロック
e めまいを伴う洞不全症候群
+ ...
問題28
D9 降圧薬の選択で禁忌はどれか.
a 妊娠中の高血圧へのACE阻害薬
b 心不全を合併した高血圧への降圧利尿薬
c 脂質代謝異常に合併した高血圧へのα遮断薬
d 腎障害を合併した高血圧へのカルシウム拮抗薬
e 糖尿病を合併した高血圧へのアンジオテンシン受容体拮抗薬
+ ...

問題29
B108  IABPで誤っているのはどれか.1つ選べ。
<大動脈内バルーンパンピング法Intraaortic Balloon Pumping(IABP)>
a 心拍出量の増加
b 冠血流量の増加
c 収縮期血圧の上昇
d 拡張期血圧の上昇
e 左心室後負荷の減少
+ ...
問題30プロプラノロール使用中の人の意識障害、低血圧への投薬
78歳男性、呼吸困難と意識障害のため搬入された。3年前より慢性心不全の治療のためACE阻害薬とプロプラノロールを処方されている。
本日咽頭痛と発熱のため近医で抗菌薬と解熱薬を処方され、薬を内服後5分で呼吸困難を生じ、その後意識消失した。
呼吸数25/分 脈拍125回/分 血圧78/45mmHg。  直ちに投与すべき薬はどれか
a,アトロピン
b,エピネフリン
c,イソプロテレノール
d,グルカゴン
e,コルチゾ-ル
+ ...
問題31
105E44 65歳の男性。1時間前からの胸内苦悶を主訴に来院。10年前から脂質異常症を指摘され服薬治療中。
意識清明。呼吸数20/分。脈拍60/分。血圧108/72mmHg。12誘導心電図でⅡ、Ⅲ、aVf誘導でST上昇を認めた。
直ちに緊急冠動脈造影を行ったところ、右冠動脈に99%の狭窄を認めたため、
経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行した。
再潅流直後に脈拍が120/分に上昇しショック状態となり、意識レベルが低下した。
この患者に発生した可能性が高いのはどれか?(正答率:40.9%)
①脳梗塞 ②乳頭筋断裂 ③心室中隔穿孔 ④肺血栓塞栓症 ⑤心タンポナーデ

出典106スレ10 864氏
+ ...
問題32
89E8 65歳の男性.結腸癌による腸閉塞のため入院した.脈拍108/分、整.血圧96/70mmHg.下腿に浮腫を認める.
心尖部にLevine 4/6度の汎収縮期雑音と肺野に笛声音とを聴取する.
血清生化学所見:総蛋白5.5g/dl,アルブミン2.0g/dl,尿素窒素25mg/dl,クレアチニン1.4mg/dl.呼吸機能検査:%VC 85%,FEV1.0%72%.
術前準備として5%アルブミン400mlを1時間で静脈内に点滴投与したところ,急に息苦しさを訴え,起坐呼吸となった.
起坐呼吸の原因として最も考えられるのはどれか.(正答率 86.3%) ※ ちなみにQBに非収録問題
[別紙 Doppler心エコー:左房-左室間にモザイク流]
a 肺塞栓
b 気管支喘息
c 急性右心不全
d 急性左心不全
e 急性腎不全

出典106スレ11 117氏、121氏、122氏、124氏
+ ...

問題33
ASD・Ebstein・corrected TGA
これら3種の先天性心疾患に共通する症状とは何か?

出典106スレ12 106氏、109氏
+ ...
問題34
101F24  疾患と心血管異常の組合せで誤っているのはどれか.
a DiGeorge症候群 - Fallot四徴症
b Marfan症候群 - 僧帽弁逸脱症候群
c Osler病〈遺伝性出血性末梢血管拡張症〉 - 肺動静脈瘻
d Turner症候群 - 大動脈縮窄症
e 先天性風疹症候群 - 完全大血管転位症

出典106スレ13 461氏
+ ...
問題35
急性大動脈解離の診断に通常用いられないものは?
a 左右上下肢の血圧測定
b 血中Dダイマー測定
c 経食道心エコー
d 造影CT
e 胸部MRI

出典106スレ15 ??氏
+ ...
問題36
脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血の危険因子とされているのはどれか?3つ
a) 高血圧
b) 喫煙習慣
c) 糖尿病
d) 脂質異常症
e) 過度の飲酒

出典106スレ15 ??氏
+ ...
問題37
適切な問診が診断に不可欠なものは?一つ
a 気胸
b 肺塞栓症
c 労作性狭心症
d 急性心筋梗塞
e 大動脈解離

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題38
97H21 Fallot四徴症の手術で正しいのはどれか.2つ選べ.
a 肺動脈絞扼術
b 心室中隔欠損孔閉鎖術
c 右室流出路再建術
d Jatene手術
e Fontan手術

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題39
バージャー病と閉塞性動脈硬化症の違いって何?

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題40
104B31体血管抵抗低下によって心筋虚血に陥る可能性が最も高いのはどれか。正答率30%
a MS
b MR
c AS
d AR
e 大動脈弁置換後

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題41
左室容量負荷をきたすのはどれか。(正答率74%)
a.動脈管開存
b.僧帽弁狭窄症
c.心房中隔欠損症
d.大動脈弁狭窄症
e.三尖弁閉鎖不全症

出典106スレ17 ??氏
+ ...
問題42
術後とかで深部静脈血栓が疑われる時のまずする検査はエコー?血ガス?
国試的には足痛がってたらエコーで
呼吸困難きたしてたら血ガスでいいかな?
凝固系とかっていう選択肢もあった気するけど。

出典106スレ18 ??氏
+ ...

問題

出典:
+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。