※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




キャラクター紹介

    チェスター・ストダート
   CV:伊藤 健太郎
   年齢:22歳
   出身地:フェルガナ ジェノス島
   登場作品:YsⅢ(フェルガナの誓い)

   フェルガナ領主マクガイア伯に仕えていた白き騎士。
   かつて魔王ガルバランを封印した英雄ジェノスの末裔でもある。
   ドギとともに伝説の傭兵と言われたベルハルトに師事したことがある、二刀流の達人。

   専用ステージ:バレスタイン城


ステータス

※ すべてLv99時の、装備品による加算値を除いた素の値
※ 赤い太字の数字は全17キャラクター中の当該ステータス順位
※ SPGainの()内の数字は、HIT補正および装飾品なし状態での溜め攻撃所得SP
HP 10055 9 AP 22 11
STR 907 12 DEF 764 11
BRK 548 9 DUR 2525 9
SPD 117 4 AGL 128 4
SP Gain 221 (24) 13


ゲーム中の性能

  • 大小二本の剣から繰り出される斬撃と刺突にはなかなか付け入る隙がない。
  • 一瞬で間合いを詰める瞬歩や、ナイフ投擲、結界障壁など多彩でスピーディな戦いを展開できる。
    • が、STR・SP Gainが低くスキルの消費SPも高めな傾向にあるため、思いのほか火力に欠ける。
    • 爆発的な高火力技も無いし連続技も伸び悩む。
  • 一方でHPは中堅程度、DEFは中の下あたりとやや耐久力に劣るので攻撃を受けたときの被害もそれなりに大きくなりがち。
  • 上述のとおり、スピードキャラとして公式や攻略本では扱われているものの、攻撃や通常移動の速度は平凡。
    • 瞬発力に優れたスキルを持つというかたちであらわされているものの、演出が短いため技中にスタミナを回収出来ない・溜めが完了しない・ダメージカット効果時間が短いなどというデメリットも抱え込んでしまっている。
  • 回避を堅実に行って被ダメージを抑え、相手の隙を確実に刺してダメージをとる、という基本を、より忠実に・より高い次元で再現させるだけの技術がないと厳しい。
    • 火力不足で長丁場になりやすいため、集中力もより要する上級者向けのキャラクター。
  • 兎にも角にも隙のないキャラなので、対人戦では相手側はゴリ押し気味のプレイをすることになりがちで、使われる側からするとあまり面白くないかもしれない……。


通常攻撃

地上攻撃

  • 右斬り下し>左斬り下し>右手突き>左手突き>踏み込んで切り払い、の5斬。
  • 前述の通り攻撃速度は並程度で、かつ全てよろけ属性のため反撃されやすい。
  • ヨシュアと同じく、基本的には封印推奨。

ジャンプ攻撃(昇)

  • 斬り上げ3斬。
  • 判定が上よりだったり、攻撃のテンポが遅めだったり、浮きがいまいち不足したり、などの要因からか綺麗に当たらず相手を取り落とす事も多い。

ジャンプ攻撃(降)

  • 前転して斬り下ろし。
  • ヒットするとその場でダウンを奪える。
  • チェスターの攻撃の中では使用後の硬直がかなり長く隙が大きい部類。
    • 攻撃目的なら確実に当てられる状況でのみ使い、空中で溜めを開始する時も状況をよく確認してからにすること。

溜め攻撃

  • 挟み込み斬り。 ヒットするとその場でダウン。
  • アドルと同じく広い横範囲を持ち、かなり当てやすい。
  • ただし、見た目より上下方向の判定は薄い。


スキル

ファントムダッシュ

  • 神速の瞬歩を行う。移動中はダメージも受けない。
  • ヨシュアの絶影と同じく、発生と再使用可能になるまでの時間が極端に短い。
  • 移動中無敵で、移動前後の無敵時間外にも食らい無効効果がある模様。
    • 無敵時間は姿が消えている部分なので、あまり引き付けすぎると攻撃を喰らってしまう。ある程度早出しを意識しよう。
    • 僅かながら硬直もあるので、何もしていない相手に見られてしまうのもそれなりに危険。
  • 引き寄せ効果も完全に無効化できるので、相手のEXTRA発動のカットイン時に自分がこの技を使える状況にあれば、暗転確認からの後出しでボタン連打しているだけで簡単に抜け出せる。
  • スタミナの節約のためにも回避と上手く併用していきたい。

    消費SP … 6
    LvUP効果 …攻撃能力追加(Lv3)

ダガースロウ

  • 前方へ複数のダガーを同時に投げつける。
  • ヒットするとよろけ。 地上だと横方向に展開するが、空中で使うと縦(上下)方向に展開する。
  • 弾速に優れ、LvUPで付加される屈曲時もその時点の相手の位置をきっちり狙うので、射程距離ギリギリでもないかぎり見てからの回避は難しい。
    • ただし、あまりに弾速が早すぎダウンも奪えないため、通常は追撃不可能。
    • コンボの起点としてではなく、牽制もしくは手軽な追い討ち用としての運用が向いている。
  • 攻撃力が高く、加えて屈曲点付近では攻撃判定が増えるという特性も持つ。
    • 上手く間合いを調節して当てる事ができれば6~7ヒットほどもし、中消費スキルを凌駕する威力を発揮する。4Hitでも消費対効果は良好。

    消費SP …12
    LvUP効果 …弾数増加
             一定距離進むとターゲットに向かって屈曲
             ランダムで毒の状態異常

デモンスラスト

  • 前方へ無限に伸びる鋭い突きを放つ。
  • 無限というのは流石に誇張だが早い発生と長い射程を誇る。
  • 持続もそこそこでダウン属性も持ち、原作のような使用後の長い硬直も無い使い勝手の良い技。
  • 遠距離からの反撃や奇襲、連続技など、使い道は多岐に渡る。

    消費SP …30
    LvUP効果 …射程伸長

クロスブレイド

  • 二本の剣によって、十字の衝撃波を前方に放つ。
  • 初段は射程が短く弾速も遅いが、2斬目によって早い弾速で遠くまで飛ぶようになる。
  • 全段ダウン属性で判定が大きく、複数の敵を巻き込んだり空中の相手を引っ掛けたりしやすいが、飛び道具としては実質的な発生が遅く使い勝手は微妙。
    • 繋ぎに癖があるが、連続技に。
  • 衝撃波射出後は着地前に他のスキルやエアダッシュなどを出せる。

    消費SP …25
    LvUP効果 …迂回軌道の弾を追加


アヴェンジャー

  • 剣を地面に突き立て、剣気によって周囲を攻撃する。
  • 全方位広範囲・高威力で、当たった相手を吹き飛ばす効果がある。
    • 持続もそこそこ長いので群がってきた敵を迎撃するのにも向くか。
  • なお、空中で使うと地面へ一直線に降下する。
  • 発生がやや遅く横へは全く移動しないので、連続技には若干不向き?

    消費SP …50
    LvUP効果 …周囲に小型の爆発を伴う

オーラストライク

  • 前方に障壁を巡らせた上で、敵へ向かって突進する。
  • 発生面での使用感はデモンスラストとあまり変わらない。
  • 比較して範囲が広く高威力で移動距離は短い。

  • 方向キーの認識に癖があり、キー入れ>ニュートラルで発動、としてもキーを入れていた方向に出してしまうことが多い。
    • 自分で出したい方向にきちんと入力したほうがいいかもしれない。
    • また、技中の方向キーの入力で旋回するように動いたり、通常技キャンセル時に方向キー入力で出す方向を制御出来なかったりする。

    消費SP …45
    LvUP効果

EXTRAスキル

アークレイズ

  • 破壊の力を剣に込め、地面に突き立てて爆発させる秘技。
  • ブレイブソードを掲げて敵を引き寄せ、アヴェンジャーと同じ要領で周囲を吹き飛ばす。
  • 剣を掲げている最中の攻撃力は低い。
  • 範囲はそこそこで強力な引き寄せ効果があるが、発生が遅いのか相手が自由に動けるのなら密着で発動しても暗転の終わり際に回避入力で逃げられてしまうことが多い。
    • 反面、ガードしてから回避で逃げるなどという対処は難しめ。
      • 剣を掲げる部分の終わりまでガード>本命直前にエアダッシュ、で逃げる事は可能。
  • 本命部分の範囲はかなり広いが、剣を掲げる部分が当たらなければ余裕で範囲外に逃げられるので“広さ”という利点はあまりない。
  • 広域型の傾向に違わず威力も低め。
  • なお、対CPU戦では剣を掲げる部分を逃げられる>跳び上がりで攻撃判定が消えた際に近づいてくる>本命が当たる、といったことが起きる。


装備考察

戦技の書・スキルピアス・戦技の小手
戦技のオーブ・シルバークラウン

  • SP強化系各種。
  • チェスターはSP Gainが若干低めで、そのわりに中・高消費スキルの消費SPが高いので出来るだけフォローしておきたい。
  • 生存性重視でファントムダッシュを多用したい場合は戦技のオーブが好相性。
    • 通常移動、というローリスクな行動でSPを賄えるのは大きい。Ⅰでもそこそこの短時間で必要なSPは溜まる。
  • チェスターはAPも低めなのでどこまで装備させるかはよく考えよう。

螺旋の構え

  • SP Gainの低さ・スキルの撃ちにくさを逆手に取る装備。
  • 高消費スキルを主力にする場合におすすめ。
    • ファントムダッシュを多用するプレイスタイルの人にはオススメできない。


サポート考察

ケビン

  • 高消費スキル2種の演出の短さを逆手に取るサポート。
    • 効果時間中はオーラストライクとアヴェンジャーをとにかく連発して少しでもダメージを稼ぎたい。
    • 効果時間は短いが、結構な火力になるはず。
    • 副作用的にだが、EXTRAもそこそこ溜まる。
  • 相手の高消費スキルやEXTRAスキルの演出が長い場合、それらのカウンターでダメージ効率が低下~あるいは完全に返されてしまう。
    • 発動前に相手のゲージも確認しておこう。
    • シルバークラウンを装備させ、戦闘開始直後に発動させるのが最も確実。
  • また、 10秒間ファントムダッシュ使い放題 になるので、戦局を立て直すのにも有効。

ユニカ&ユーゴ

  • 攻防一体型のサポート。
  • 各種スキルの発生の早さ・隙の少なさ・演出の短さを鑑みるとなかなか好相性。
  • 溜め攻撃無しでSPを拾得できる 戦技の小手 と併用するのがオススメ。


連続技・連携

ジャンプ攻撃(昇)>ダガースロウ>追尾ダッシュ>ジャンプ攻撃(昇)

  • ダガースロウのLvが上げてあり、屈曲することが条件。
    • 始動を考えると飛行のメダリオンを装備しておきたい。
  • ダガースロウの投擲直後をいくつか外し、屈曲後を当てて追尾ダッシュで拾う。
    • 相手・状況によってタイミングが変化するため安定して決めるのは難しいが、コストパフォーマンスはかなり良好。
  • 最後に中消費スキルあたりを決めればダメージもなかなかになる。

デモンスラスト>追撃

  • 通常技始動など近距離で当たればクロスブレイド、中距離から刺し込みで当てた場合ならジャンプ>追尾ダッシュからのジャンプ攻撃あたりが狙える。
  • 奇襲・反撃からの貴重なダメージソース。見逃さず狙おう。

クロスブレイド>デモンスラスト

  • ジャンプ攻撃(降)、打ち上げ攻撃、追尾ダッシュ>溜め攻撃(慣性を利用する)などから始動するのがいい。
  • デモンスラストが最も安定する追撃。壁際など、距離が離れなければオーラストライクも入る。
  • ただ、燃費の割りに威力が低いのが難点。
  • 追尾ダッシュからの連続技を狙うのは状況への依存度が大きく、安定しない。
    • ダッシュリングやサポート「シェラザード」などを使えば決めやすくなる。




名前:
コメント: