※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Q.あれ?映画サークル?テニスサークルはやめたの?

A.並行世界。主人公が話数ごとに異なる可能性をたどって結局落ちこぼれる話。
でも原作既読者によれば、どのルートでも最終的には明石さんと結ばれるらしいよ。

Q.おっぱいオーディションてなんだよ羨ましいな

A.映画のヒロインオーディションで大抵水着審査があることへの皮肉か?

Q.香織さんて?高尚な愛の形?

A.ラブドール

伏線

  • 小津が城ヶ崎宅の鍵を持っているのは「信頼をおかれている」から(個人的つながりの示唆)
  • 「私」が作った映画は後のエピソードの暗示。
 「大正時代から続く由緒あるいたずら合戦(第4話)」、「三人の女性の間を揺れ動く男 (第6,7,8話)」、「四畳半からの脱出」の3つ。
  • 小津の師匠は城ヶ崎と個人的確執があり、この時点で袴がピンクに染められている(第4話)
  • 城ヶ崎作の「アレクサンダー大王」で、相島がプトレマイオス役をしている。
 プトレマイオスはアレクサンダー没後エジプト総督に任命されており、これは城ヶ崎失脚後の相島の立場の暗示。
  • 「私」の部屋にあったカステラが、何者かによって食い散らかされていた。
  • 「私」が最後に作ろうとした新作は「運命に結ばれた2人が、立場、年齢、性別を超えて結ばれる純愛映画」である。
 (原作では小津の「平家物語」だった。明石さんとの赤い糸の暗示、あるいは小津との黒い糸の暗示か?)
  • モチグマン(白)は道端で拾った。
  • 「そんなもんいらんわい!」のシーンで、吊られていたモチグマンが川へ落下(?)