※ダメージは物理属性の場合はオートアタックの何%の威力かを表しています。
エーテル属性の場合は武器攻撃力とエーテルの合計の何%の威力かを表しています
デバフダメージはアーツダメージの何%の威力かを表しています
回復量はエーテルの何%の威力(最低-最大)かを表しています
※RCT=リキャストタイム


特徴

バランス型な一般的なRPGの主人公とは違い、味方へのサポート能力にも優れた物理アタッカー。
基礎攻撃力は専用の装備「モナド」のおかげでかなり高い(ダンバンに次ぐ程度)。
特効アーツによるパーティゲージ稼ぎとモナドアーツによる補助を行い、隙をみてバックスラッシュなどを打ち込んでいく。

攻撃アーツの大半が側面&背面を取らないと特殊性能が発動しないため、敵の注意(ターゲット)を引き付けてくれる盾役がいないと攻撃力を十分に生かし切れない
本人の耐久力も低めなためライン、ダンバンなどの存在が重要。
高い攻撃力から戦闘開始直後は攻撃アーツを連打するとすぐに狙われるので、最初はオートアタックである程度抑えたい。

基本アーツ8種に加え、全キャラで唯一常に複数のタレントアーツ(モナドアーツ)を扱えるので状況対応能力(特にビジョンに対して)が高い。
モナドアーツが強力な分、その選択やタレントゲージの溜めが他のキャラ以上に重要。
溜まりは早いほうなので使った後はすぐにオートアタックで溜めなおしたい。

CPUは、モナドアーツのためにアーツを控えてオートアタックでゲージを溜める、といったことをしないので
エンチャントが遅れたりしやすい。また、集中攻撃指示中はモナドバスターを打ち込んでゲージをすぐ放出してしまう癖がある。

防御ダウンがおいしいスリットエッジ。発生、クール、威力のバランスが異様にいいエアスラッシュ。
背後攻撃で威力二倍のバックスラッシュ。アーツ攻撃力↑&ヘイト減少のシャドーアイ。集中的に上げるとしたらこの辺り。


モナドアーツあれこれ

彼のみ、タレントアーツであるモナドアーツを他のアーツ同様レベルアップできる。
モナドアーツは盾・破・疾・鎧この4つの使い勝手が良い。
(ただし疾は、持続時間とゲージ消費、対象が単体と考えると優先してあげるほどではない)
とくに盾は優先して上げ、オートアタックの手数増加によるタレントゲージ回収に役立つダブルアタックやヘイストのジェムも併用すると、多少格上のユニークでも狩れるようになる。
モナド・鎧(落ちた腕のクエスト「機神兵大量討伐!」で入手)があると、盾との併用で未来視が大分安定するので取得しておきたい。
スパイク系や回避↑オーラを打ち消せる破もユニークモンスター狩りに役立つ。

スキルツリーの隠し性格「英雄」を取得できれば、段違いに利便性が増しモナドアーツを乱発できるようになる。
他のキャラと比べても、クエスト難易度が低めなのはありがたいかぎり。


タレントアーツ

  • オートアタック1回でタレントゲージ20%増加

ターンストライク

武器で叩くように斬りつけ
敵の体勢を崩す

  • 序盤限定。武器の威力のせいで目立たないがアーツの威力自体は高い。
    属性 対象 範囲 距離 ダメージ RCT 特殊性能 効果時間
    物理 エネミー 単体 近距離 500% タレントゲージMAXで使用可能 ヒット時:崩し 10.0s

通常アーツ

合計8つと少なめ。

バックスラッシュ

敵の背面から放つことで
高いダメージを与える

  • 習得レベル1
  • 「直感」スキルラインの「急所見定め」を習得すれば、背面特効時のダメージは3倍となる。
  • シュルク主力のアーツ。優先して育てたいが、壁役のヘイト獲得能力が育っていない序盤に火力を上げすぎると
    タゲを奪ってしまうこともしばしば。バランスはよく考えたい。
    レベル 属性 対象 範囲 距離 ダメージ RCT 特殊性能 AP
    1 物理 エネミー 単体 近距離 200% 20.0s 背面ヒット時:ダメージ増加×2.0(特効) -
    2 220% 19.4s 200
    3 240% 18.8s 400
    4 260% 18.2s 800
    5 280% 17.6s 1600
    6 300% 17.0s 2400
    7 320% 16.4s 3600
    8 340% 15.8s 5200
    9 360% 15.2s 7200
    10 380% 14.6s 9600

ライトヒール

大気中のエーテルを集め
仲間1人のHPを回復する

  • 習得レベル1
  • 優先して育てる必要はないが、アーツ枠の関係で無駄にならない。
  • カルナ加入まで回復アーツはこれ1つなのでそれまでは優先して育ててもよい。
    レベル 属性 対象 範囲 HP回復 RCT AP
    1 エーテル バトルメンバー 単体 180%~216% 25.0s -
    2 199%~239% 24.2s 160
    3 218%~262% 23.5s 320
    4 237%~285% 22.8s 640
    5 256%~308% 22.0s 1280
    6 275%~331% 21.2s 1920
    7 294%~354% 20.5s 2880
    8 313%~377% 19.8s 4160
    9 332%~400% 19.0s 5760
    10 351%~423% 18.2s 7680

スリットエッジ

敵の側面を突くことで
敵の物理耐性を下げる

  • 習得レベル3
  • 物理耐性減50%が強力、可能な限り優先して育てたい。
  • チェインアタックの直前、および初撃に使用するとダメージが跳ね上がる。
  • 強力なアーツだがアーツレベルに対して効果の上昇量が低いため、APの少ない最序盤はほかのアーツを伸ばすのも手。
    レベル 属性 対象 範囲 距離 ダメージ RCT 特殊性能 効果時間 AP
    1 物理 エネミー 単体 近距離 60% 10.0s 側面ヒット時:物理耐性減:50%(特効) 5.0s -
    2 76% 9.8s 5.5s 220
    3 92% 9.6s 6.0s 440
    4 108% 9.4s 6.5s 880
    5 124% 9.2s 7.0s 1760
    6 140% 9.0s 7.5s 2640
    7 156% 8.8s 8.0s 3960
    8 172% 8.6s 8.5s 5720
    9 188% 8.4s 9.0s 7920
    10 204% 8.2s 9.5s 10560

ストリームエッジ

大きく武器を薙ぎ払って
正面の敵複数にダメージを与える

  • 習得レベル5
  • 範囲も悪くないが、キャラ性能的にタゲられると厳しいので、同格以上の敵と戦う場合は、壁役の範囲攻撃後に使おう。
  • 複数にヒットした場合、その分タレントゲージが増加する。
  • アーツはレベルによって命中補正が入るので成長させておけばオートアタックが当たらない敵でもタレントゲージを稼ぎやすくなる。多少は。
    レベル 属性 対象 範囲 距離 ダメージ RCT 特殊性能 効果時間 AP
    1 物理 エネミー 自分の前方に扇形 近距離 150% 30.0s ヒット時:タレントゲージ増加15%
    ヒット時:崩し
    3.0s -
    2 167% 29.1s 4.0s 240
    3 184% 28.2s 5.0s 480
    4 201% 27.3s 6.0s 960
    5 218% 26.4s 7.0s 1920
    6 235% 25.5s 8.0s 2880
    7 252% 24.6s 9.0s 4320
    8 269% 23.7s 10.0s 6240
    9 286% 22.8s 11.0s 8640
    10 303% 21.9s 12.0s 11520

シャドーアイ

ヘイトを下げるうえに
物理アーツのダメージを上げる

  • 習得レベル10
  • シャドーアイ後に獲得するヘイトを下げるのではなく、シャドーアイ使用時点で溜まっているヘイトを下げる。
  • RCTの関係から、ヘイトを下げる目的としてこれのみに期待はできない。
    技ヘイト低下のジェムを用いるなどの補助も考えよう。
    レベル 属性 対象 範囲 RCT 特殊性能 効果時間 AP
    1 エーテル 自分 単体 45.0s ヘイト減少30% 物理アーツのダメージ×1.5 5.0s -
    2 44.1s ヘイト減少35% 260
    3 43.2s ヘイト減少40% 520
    4 42.3s ヘイト減少45% 1040
    5 41.4s ヘイト減少50% 2080
    6 40.5s ヘイト減少55% 3120
    7 39.6s ヘイト減少60% 4680
    8 38.7s ヘイト減少65% 6760
    9 37.8s ヘイト減少70% 9360
    10 36.9s ヘイト減少75% 12480

エアスラッシュ

敵の体勢を崩すうえに
側面で放てば敵の動きを遅くする

  • 習得レベル14
  • 発生の速さ、クールタイム、威力が高水準で纏まっている良アーツ。優先して育てたい。
  • 崩し効果は方向無関係で発生する。崩しの持続時間はスロウと同じ。
    レベル 属性 対象 範囲 距離 ダメージ RCT 特殊性能 効果時間 AP
    1 物理 エネミー 単体 近距離 150% 15.0s ヒット時:崩し
    側面ヒット時:スロウ(特効)
    5.0s -
    2 167% 14.2s 5.5s 280
    3 184% 13.5s 6.0s 560
    4 201% 12.8s 6.5s 1120
    5 218% 12.0s 7.0s 2240
    6 235% 11.2s 7.5s 3360
    7 252% 10.5s 8.0s 5040
    8 269% 9.8s 8.5s 7280
    9 286% 9.0s 9.0s 10080
    10 303% 8.2s 9.5s 13440

シェイカーエッジ

武器で叩くように斬りつけ
敵を気絶させる

  • 習得レベル23
  • ダメージ発生がかなり遅いため(ハンマービートよりもさらに遅い)、転倒を見てすぐ使わないと間に合わない。
  • 上記に加え必要APも他アーツに比べ多く、育て切らないとRCTも長いので優先度は低い。
    レベル 属性 対象 範囲 距離 ダメージ RCT 特殊性能 効果時間 AP
    1 物理 エネミー 単体 近距離 120% 40.0s 転倒ヒット時:気絶 2.0s -
    2 134% 37.2s 300
    3 148% 34.4s 600
    4 162% 31.6s 1200
    5 176% 28.8s 2400
    6 190% 26.0s 3600
    7 204% 23.2s 5400
    8 218% 20.4s 7800
    9 232% 17.6s 10800
    10 246% 14.8s 14400

バトルソウル

現在のHPを半分にする替わりに
タレントゲージを増加させる

  • 習得レベル32
  • モナドアーツを多用するためには必須のアーツ。シュルクを操作キャラにしない場合は外しておいたほうが無難(乱発しヒール無駄撃ちあぼんしがち)。
  • 機神兵やスパイク持ち相手が前にいるのにタレントゲージがない場合、これを使用し即逃走を行えば、安全にタレントゲージが溜められる。
  • 体力半分以下で発動するスキルのために利用することもできる。
    レベル 属性 対象 範囲 ダメージ RCT 特殊性能 AP
    1 エーテル 自分 単体 HPの半分 60.0s タレントゲージ増加25% -
    2 58.2s タレントゲージ増加28% 340
    3 56.4s タレントゲージ増加31% 680
    4 54.6s タレントゲージ増加34% 1360
    5 52.8s タレントゲージ増加37% 2720
    6 51.0s タレントゲージ増加40% 4080
    7 49.2s タレントゲージ増加43% 6120
    8 47.4s タレントゲージ増加46% 8840
    9 45.6s タレントゲージ増加49% 12240
    10 43.8s タレントゲージ増加52% 16320

モナドアーツ(タレントアーツ)

  • モナドアーツのバトルパレットを開いている間はオーラ状態になる。オーラ自体には何の効果も無いが、オーラヒールのジェムでHPを回復できる。
  • ストーリー進行していけばその都度入手。一部クエスト報酬で解禁。
  • オートアタック1回でタレントゲージ20%増加。

斬・バスター

モナドの力を極限まで高め
直線上の敵に一気に叩きこむ

  • ダメージは高いが無駄にヘイトを上げてしまうことに加え、タレントゲージをすべて使い切ってしまうことに注意。
  • 必要APも多く、機神兵以外なら背面バックスラッシュの方がダメージは上なので、ほかを優先するほうが無難か。
  • 物理アーツなのでシャドーアイのダメージアップ効果も適用される。
  • CPUは集中攻撃指示をだしていると、機神兵相手でなくても積極的に使用する。
  • ゲージを保持してほしい場合は「各自に任せる」で。
    レベル 属性 対象 範囲 距離 ダメージ タレントゲージ消費 特殊性能 AP
    1 物理 エネミー 自分の前方直線上 中距離 250% 100% 機神兵ヒット時:ダメージ増加×2.0(特効) -
    2 300% 520
    3 350% 1040
    4 400% 2080
    5 450% 4160
    6 500% 6240
    7 550% 9360
    8 600% 13520
    9 650% 18720
    10 700% 24960

機・エンチャント

機神兵の装甲に弾かれなくなり
追加ダメージを与える

  • 追加ダメージは、機神兵に対してオートアタック時のみ。
  • 機神兵以外には全く意味が無いので、そこまで育てる必要はない。
  • 中盤以降、ダンバン初期装備のような対機神兵用の武器が登場するのも使用頻度の減少に拍車を掛ける。
  • 再び日の目を見るのはスピードシフト、神威息吹、ダブルアタックジェムのLvが高くなってから。物凄い勢いで追撃ダメージを叩き込んでくれる。
    レベル 属性 対象 範囲 タレントゲージ消費 特殊性能 効果時間 追加ダメージ AP
    1 エーテル バトルメンバー 全体 50% エンチャント 50.0s 50 -
    2 60.0s 100 380
    3 70.0s 150 760
    4 80.0s 200 1520
    5 90.0s 250 3040
    6 100.0s 300 4560
    7 110.0s 350 6840
    8 120.0s 400 9880
    9 130.0s 450 13680
    10 140.0s 500 18240

盾・シールド

シールドのアーツレベル同等以下
の敵対タレントアーツを防ぐ

  • 防げるのは同じ強化Lvまで。たとえば盾のアーツLvが3の場合、敵のアーツLv1~3までは防げるが4以上は防げない。
    なお、敵のアーツレベルは、アーツ名の後に表示されるローマ数字と同じである。
  • 巨神脚でLv2、中央採掘場でLv3、ザトールでLv4まで上げておくとユニーク狩りに便利。その後も1エリア進むたびにLvを1つずつ上げていこう。
  • タレントアーツ(未来視中に白文字で表示されるアーツ)以外は防げないことに注意。
  • 未来視中以外は敵のアーツ名表示は全て赤色になるので分かり辛いのだが、戦闘時はそれなりの頻度でタレントアーツが飛んできている。
    見分け方として、前述のローマ数字が付いているものがタレントアーツ。そうでないものにはローマ数字は付いていない。
  • タレントアーツは嫌なデバフや能力ダウンの付与されているものが多いので、対ユニーク等、長期戦になる場合は保険として維持しておくと何かと楽になる。
    また、無謀なゴドウィンの乱舞Ⅲなど、未来視無しでも発動前の溜めモーションの長さで判別が間に合うものもあるため、常時維持が難しいなら注目してみると良い。
    レベル 属性 対象 範囲 タレントゲージ消費 特殊性能 効果時間 AP
    1 エーテル バトルメンバー 全体 50% シールド
    敵対タレントアーツのみ防ぐ
    (被ダメージを1に、付随するデバフや
    吹き飛びなどのマイナス効果もすべて無効)
    1度防ぐとシールドの効果は消える
    15.0s -
    2 320
    3 640
    4 1280
    5 2560
    6 3840
    7 5760
    8 8320
    9 11520
    10 15360

疾・スピード

モナドの風が包み込み
物理的な攻撃を高回避させる

  • 習得時の性能はかなり優秀。
  • しかし成長が効果時間0.5sのみなので、無理して育てるほどではない。
    レベル1のままでも十分に使える。
  • 習得時のムービーから勘違いされやすいが味方一人にしかかけられないので注意。
  • 単体物理攻撃に対しては鎧よりも使い勝手が良い。
  • CPUはHPが半分以下になっている仲間に対して積極的に使用する。タゲは気にしない模様。
    レベル 属性 対象 範囲 タレントゲージ消費 特殊性能 効果時間 AP
    1 エーテル バトルメンバー 単体 75% スピード
    (回避判定時素早さ+190)
    8.0s -
    2 8.5s 340
    3 9.0s 680
    4 9.5s 1360
    5 10.0s 2720
    6 10.5s 4080
    7 11.0s 6120
    8 11.5s 8840
    9 12.0s 12240
    10 12.5s 16320

破・ブレイカー

モナドの衝撃波がオーラを破壊し
一定時間オーラ発動を封印する

  • オーラだけでなく、スパイクも封印することができる。格下相手でもスパイクは厄介なので優先して育てたい。
  • 育てておけば常時封印することができるので、デバフスパイク持ちにジェム無しで対抗できる。
    レベル 属性 対象 範囲 距離 ダメージ タレントゲージ消費 特殊性能 効果時間 AP
    1 エーテル エネミー 単体 遠距離 200% 75% ヒット時:オーラを消去
    ヒット時:オーラ封印
    10.0s -
    2 217% 10.5s 380
    3 234% 11.0s 760
    4 251% 11.5s 1520
    5 268% 12.0s 3040
    6 285% 12.5s 4560
    7 302% 13.0s 6840
    8 319% 13.5s 9880
    9 336% 14.0s 13680
    10 353% 14.5s 18240

喰・イーター

モナドの力が敵を喰らい
バフ効果をも喰らう

  • サイハテ村クエスト「マクナ遺跡の謎4」で行ける場所の宝箱に入っているアーツ書で覚える。
  • 総ダメージはかなり多くチェインMAX時に発動することで出血による大ダメージを狙える。チェインアタック中にダメージが欲しい場合は積極的に狙ってみよう、タレントアーツなのも◎。
  • モーションはかなり長い。ほぼチェイン専用。
  • 出血効果付きだがエーテル攻撃という珍しいアーツ。ネブラなど物理攻撃に硬い相手でもゴリゴリ削れる。
    レベル 属性 対象 範囲 距離 ダメージ タレントゲージ消費 特殊性能 出血 AP
    ダメージ 効果時間
    1 エーテル エネミー 自分の前方に扇形 中距離 150% 75% ヒット時:バフを消去 20% 20.0s -
    2 167% 400
    3 184% 800
    4 201% 1600
    5 218% 3200
    6 235% 4800
    7 252% 7200
    8 269% 10400
    9 286% 14400
    10 303% 19200

鎧・アーマー

モナドの力が浸透し
物理とエーテルダメージ軽減

  • 落ちた腕クエスト「機神兵大量討伐!」クリア報酬。
  • パーティ全体に効果がかかる非常に優秀な補助アーツ。
  • Lv5あると使い勝手がかなり違う。習得後即上げてしまおう。
  • 広範囲の物理、エーテル攻撃に対して最も効果的なアーツと言える。
    レベル 属性 対象 範囲 タレントゲージ消費 特殊性能 軽減 効果時間 AP
    1 エーテル バトルメンバー 全体 100% アーマー 30% 15.0s -
    2 35% 440
    3 40% 880
    4 45% 1760
    5 50% 3520
    6 55% 5280
    7 60% 7920
    8 65% 11440
    9 70% 15840
    10 75% 21120

轟・サイクロン

モナドの力を極限まで高め
円周上の敵に一気に叩き込む

  • アポクリファ発生器と戦闘後に習得。
  • シュルク1人で崩しから気絶まで持っていけるようになる。発動こそ遅いが、チェインアタック中なら問題ない。
  • ストリームエッジと合わせることで複数の敵を一気に転倒させられる。
    しかし習得時期の遅さゆえに終盤の敵には崩しをレジストされがち。
    レベル 属性 対象 範囲 距離 ダメージ タレントゲージ消費 特殊性能 効果時間 AP
    1 エーテル エネミー 自分を中心に円形 遠距離 300% 100% 崩しヒット時:転倒 3.0s -
    2 312% 640
    3 324% 1280
    4 336% 2560
    5 348% 5120
    6 360% 7680
    7 372% 11520
    8 384% 16640
    9 396% 23040
    10 408% 30720