プレイアワードの「広がるおしゃべり」「おしゃべり好き」「おしゃべり大好き」に影響あり
クエスト固有の会話はこちら


※ 何かに気付いた時、詳しく聞く時、問題を聞いた時はこちら

受注時

シュルク

「大丈夫 すぐに終わらせますよ」
ライン ライン:
「俺とシュルクが揃えば
向かうところ敵なしだ」
「安心して待ってろよ!」
シュルク:
「気合い入れていくよ ライン!」
ライン:
「そうだな! 期待してていいぜ!」
フィオルン フィオルン:
「シュルク 気をつけてよ?
そうやってムチャばっかりするんだから!」
シュルク:
「大丈夫!
だって フィオルンがいるからね!」
カルナ カルナ:
「ええ 全力でいきましょう!」
「大丈夫 ちょっとくらい怪我しても
私が治してあげるから!」
シュルク:
「ありがとう カルナ
期待させてもらうよ!」
カルナ:
「そうね 私も手伝うわ」
ダンバン ダンバン:
「よーし シュルク!
久々にやるか!」
シュルク:
「はい!」
ダンバン:
「ああ 俺も尽力しよう
メリア メリア:
「私も手を貸すぞ シュルク
この力 存分に使ってくれ」
シュルク:
「助かるよ メリア!」
リキ リキ:
「シュルクがその気になれば
ほんとにすぐだも!」
シュルク:
「リキの力も当てにしてるからね!」

ライン

「おう ちゃちゃっと終わらせてくるぜ!」
シュルク シュルク:
「その意気だよ ライン!」
ライン:
「ああ シュルク!
お前の力も借りるぜ!」
フィオルン フィオルン:
「ちゃちゃっとなんて
ほんと ラインはお調子者なんだから」
「でも 私も負けないようにがんばるわ!」
ライン:
「へへへ フィオルンには負けないぜ!?」
カルナ カルナ:
「意気込みはいいけど
仕事は確実に 丁寧に 正確にね ライン?」
ライン:
「あったりまえさ!」
「――いや
やっぱ丁寧さはカルナに任せるぜ!」
ダンバン ダンバン:
「余裕だな ライン
だが 気を抜くなよ!」
ライン:
「わかってるって!」
メリア メリア:
「そなたの馬鹿力 期待させてもらうぞ」
ライン:
「お おいおい
バカは余計だろ!?」
リキ リキ:
「さすがラインだも!
ちゃちゃっとご褒美にありつくつもりだも?」
ライン:
「さすが わかってるじゃねえか!」
「いやいやいや
これは人助け 世のため人のためだぜ?」

フィオルン

操作キャラ時
「わかった 一生懸命やるね」
割り込み時
「ええ がんばりましょう!」
シュルク シュルク:
「うん!
フィオルン 一緒にがんばろう!」
フィオルン:
「一緒に――」
「うん!
がんばろうね シュルク!」
ライン ライン:
「いいぜ フィオルンだけじゃ心配だからな
俺も一緒に行ってやるぜ!」
フィオルン:
「誰も頼んでないでしょ!」
「でも ま ありがと」
カルナ カルナ:
「いい返事ね フィオルン!
一気に片付けましょう!」
フィオルン:
「はい!」
ダンバン ダンバン:
「兄としては
妹をひとり行かせるわけにはいかんな」
フィオルン:
「はいはい」
「じゃあ お兄ちゃんにも
しっかり手伝ってもらいますからね!」
メリア メリア:
「私もがんばります!」
「――少し真似したかっただけだ
気にするな」
フィオルン:
「いいと思うよ そういうの」
「一緒にがんばろう?」
リキ リキ:
<フィオルンが頑張るならリキも頑張るも!>
フィオルン:
「ありがと リキ」
「じゃあ 行こっか!」

カルナ

「わかったわ 必ずやり遂げる」
シュルク シュルク:
「少しずつでいい
ひとつひとつ やり遂げよう!」
カルナ:
「その通りね シュルク
さあ 張り切って行くわよ?」
シュルク:
「うん 絶対に成功させよう!」
ライン ライン:
「俺を忘れるなよ カルナ?
一緒にやり遂げるんだ!」
カルナ:
「もちろん!」
「ラインが死に物狂いで
がんばってくれるのよね?」
「ふふふ」
フィオルン フィオルン:
「頼もしい言葉――
私も見習わないとね」
カルナ:
「できるわよ あなたなら
さあ 手を貸してちょうだい?」
ダンバン ダンバン:
「お前がそう言うなら安心だ
俺は高みの見物と洒落込むか――」
カルナ:
「からかわないで」
「私一人じゃムリ
あなたの力も必要なのよ?」
メリア メリア:
「必ずやり遂げる――
簡単じゃないが そなたならやれる気がする」
カルナ:
「あなたから学んだのよ?」
「やり遂げること――
それが大切だってね」
リキ リキ:
「偉いも!
カルナも勇者だも!」
カルナ:
「光栄よ リキ」
「でも 勇者リキの力だって
当てにしてるからね?」

ダンバン

「まかせろ すぐに終わらせる」
シュルク シュルク:
「ダンバンさんが請け負ったなら
もう安心ですね!」
ダンバン:
「ああ 期待に応えんとな!」
ライン ライン:
「そうだぜ
ダンバンに任せりゃ すぐ終わるさ」
ダンバン:
「一人の力など高が知れている」
「お前の力も必要だ
頼むぞ ライン!」
フィオルン フィオルン:
「さすが お兄ちゃん!」
「でも 無理はやめてね
私 心配なんだから」
ダンバン:
「大丈夫だ」
「俺はひとりじゃない
お前も 皆も一緒だろう?」
カルナ カルナ:
「英雄ダンバン健在ね
いいわ 私も手伝うわ」
ダンバン:
「ありがたい!」
「俺みたいなイノシシには
回復エーテルが欠かせないんでな」
メリア メリア:
「これでこの方も安心だろう」
ダンバン:
「油断は禁物だ
メリア お前の力も借りるぞ!」
リキ リキ:
「今こそ 勇者と英雄のコラボだも!」
ダンバン:
「ありがとよ リキ
力が湧いてきたぞ!」

メリア

操作キャラ時
「承った 期待して構わんぞ」
割り込み時
「うむ 速やかに問題解決を図ろう」
シュルク シュルク:
「やる気だね メリア」
「よし 僕にも手伝わせてよ!
――いいだろ?」
メリア:
「か 構わないぞ」
「いや――」
「――ありがとう」
シュルク:
「うん 絶対に成功させよう!」
ライン ライン:
「頼もしいな メリア!」
「よーし 俺も負けないぜ!」
メリア:
「いいだろう」
「どちらが先に解決するか
勝負だぞ ライン!」
フィオルン フィオルン:
「よーし メリア!
女の子パワーでがんばっちゃお!」
メリア:
(――女の子パワー)
(私も頑張らなくては――)
カルナ カルナ:
「そういう時はね メリア」
「『期待して待っててね!』
――って言うのよ?」
メリア:
「それは――」
「言いづらいな」
「き――期待して」
「――待っててね?」
ダンバン ダンバン:
「その意気込み 俺も乗った」
「助太刀するぞ メリア!」
メリア:
「頼もしい限りだ
力を借りるぞ ダンバン」
リキ リキ:
「うんうん
メリアちゃんはエライも」
「リキはそんなメリアちゃんを
ずっと見守ってるも!」
メリア:
「見守るだけではダメだ
そなたの力も必要なのだぞ リキ」

リキ

「余裕だも! リキは勇者だも!」
シュルク シュルク:
「そうさ!
めいっぱいやろう リキ!」
リキ:
「おうだも!」
「――シュルクとめいっぱいだも!」
ライン ライン:
「余裕かあ!?」
「まあいいや
ピンチになったら俺が助けてやっからよ!
リキ:
「ラインの世話にはならないも!」
「――でも
ちょっとだけ期待してるも」
フィオルン フィオルン:
「そうね
期待してるわ 勇者さま!」
リキ:
「わーはーは!
リキに任せるも!」
カルナ カルナ:
「勇者さまのお手並み拝見ね!」
リキ:
「カルナ ホれるなも?」
ダンバン ダンバン:
「その言葉 二言はないな?
ならば俺も力を貸そう!」
リキ:
「ニゴンないも!」
「ダンバン 付いて来るも!」
メリア メリア:
「どうやら 私の出る幕はなさそうだな」
リキ:
「ダ ダメだも!」
「メリアちゃん一緒にやるも!
でないとリキががんばれないも!」




断る時

シュルク

「すみません 今はちょっと――」
ライン ライン:
「なんだよ シュルク!
助けてやろうぜ!」
シュルク:
「今はダメなんだ
――ごめん」
ライン:
「まあ そういう時もあるか」
フィオルン フィオルン:
「シュルク!?
手伝ってあげようよ!」
シュルク:
「ごめん――」
フィオルン:
「うーん 仕方ないね」
カルナ カルナ:
「話だけ聞いて――
なんて ひどいじゃない?」
シュルク:
「うん――ごめん」
カルナ:
「まあ――
仕方ないわね」
ダンバン ダンバン:
「どうした シュルク
力を貸さないのか?」
シュルク:
「すみません
今は できないです」
メリア メリア:
「気持ちはわかるが――
シュルク その選択は間違っている」
シュルク:
「わかってるつもりだよ
でも 今はごめん」
リキ リキ:
「シュルク ノポンは人情すごーく大切だも
断ったらだめも!」
シュルク:
「ごめんよ」
リキ:
「そうだも ムリなんだも」

ライン

「悪い 今は勘弁してくれ」
シュルク シュルク:
「なんだか今日のラインはおかしいよ」
ライン:
「すまねえ――」
フィオルン フィオルン:
「ラインって案外冷たいのね?
ふ~ん ま いいけど」
ライン:
「ちぇ 堪えるなあ」
カルナ カルナ:
「ライン――
ちょっと期待してたんだけどな 私」
ライン:
「そんな目で見るなよ
でもダメだ
今はムリったら ムリなんだ」
ダンバン ダンバン:
「いったいどうしちまったんだ!?
お前らしくもない」
ライン:
「なんというかその――
わりぃ」
メリア メリア:
「どういうわけだ?
義理人情だけが取り柄だろう?」
ライン:
「えーと――
そりゃ厳しいって メリア」
リキ リキ:
「男らしくないも ライン!
男ならこまってる人
見捨てちゃいけないも!」
ライン:
「返す言葉もねえよ
――すまねえな」

フィオルン

「ごめん また今度ね」
シュルク シュルク:
「どうしたのさ 急に
力になってあげないの?」
フィオルン:
「――ごめんね 今はちょっと――」
シュルク:
「うん また今度――」
ライン ライン:
「なんだよ
困ってる人は放っておかないはずだろ?」
フィオルン:
「私だって 万能じゃないわよ
こういう日だってあるの!」
ライン:
「まあ そういう時もあるか」
カルナ カルナ:
「その歯切れの悪い返事――
フィオルン 何か悩んでる?」
フィオルン:
「ううん なんでもないの
ごめん 今は力になれなさそう」
カルナ:
「まあ――
仕方ないわね」
ダンバン ダンバン:
「お前がそう言うなら
何か理由があるんだろう
だがそのままでいいわけじゃないぞ」
フィオルン:
「わかってる
必ず戻ってくるわよ」
ダンバン:
「そうか――
無理はできんか」
メリア メリア:
「その答えで後悔はないか?
シュルクならどう思うかな?」
フィオルン:
「シュ シュルクは関係ないでしょ!
私は私の決断をしたのよ」
メリア:
「成すべきことのために――
今は仕方あるまい」
リキ リキ:
「フィオルン 断るのよくないも
こまってる人 悲しむも」
フィオルン:
「そうね リキ
でも――
私 今はできない
ごめんね」
リキ:
「そうだも ムリなんだも」

カルナ

「ごめんなさい 今はダメなの」
シュルク シュルク:
「カルナ!?
あきらめちゃうのかい?」
カルナ:
「ごめん シュルク」
ライン ライン:
「カルナ 俺も手伝う
それでもダメか?」
カルナ:
「ありがと ライン
でも今はダメ
許してちょうだい」
フィオルン フィオルン:
「断るんですか!?
私 カルナって もっと――」
カルナ:
「残念だけど
そうじゃなかったみたいよ?
――なんてね
ごめんフィオルン
今は許して」
ダンバン ダンバン:
「カルナ 今を逃せば
次はないかもしれないぞ?」
カルナ:
「わかってる――
でも ごめんなさい――」
メリア メリア:
「失望したぞ カルナ
ホムスの絆はその程度なのか?」
カルナ:
「メリア――」
リキ リキ:
「カルナ!
人助けしないのよくないも!」
カルナ:
「リキ わかってちょうだい
今はダメなのよ」

ダンバン

「すまんな またにしてくれ」
シュルク シュルク:
「ダンバンさん――
いつか 手伝える日が来ますよね?」
ダンバン:
「ああ いつか――な」
ライン ライン:
「ダンバンはどんな時だって諦めない
優しくて強い男じゃなかったのかよ?」
ダンバン:
「俺とて人の子だ
――すまん」
フィオルン フィオルン:
「なあに それ!
お兄ちゃんらしくない!」
ダンバン:
「そうだな――言う通りだ フィオルン
すまん」
カルナ カルナ;
「そう――
でもちょっと安心した
あなたも人の子ってことね」
ダンバン:
「そう言ってもらえると助かる――
すまない」
メリア メリア:
「いいのか ダンバン?
明日にはこの世界が
なくなっているのかもしれないのだぞ?」
ダンバン:
「そうだな
肝に銘じるよ メリア」
リキ リキ:
「ダンバン ひどいやつ!
断るなも!」
ダンバン:
「なんでも安請け合いはできない
そうだろ リキ?」

メリア

「すまない 今は成すべきことがある」
シュルク
ライン
フィオルン フィオルン:
「今はって――
じゃあ いつならいいの?」
メリア:
「それは わからない――
いつか 私達が力をつけた時だ」
カルナ
ダンバン
リキ

リキ

「ごめんも 今はムリだも」
シュルク
ライン
フィオルン
カルナ カルナ:
「リキ 仲間がいるのを忘れてない?
簡単にあきらめちゃダメよ」
リキ:
「でもでも――
やっぱり今はムリだも」
ダンバン
メリア



解決時

シュルク

「よかった これで解決ですね」
ライン ライン:
「やったな シュルク!
次もこの調子で行こうぜ!」
シュルク:
「もちろん!」
「どんどん行くよ!」
ライン:
「そういうこと! 
頑張ったかいがあったな!」
フィオルン フィオルン:
「すごいよ シュルク
大成功じゃない!」
シュルク:
「フィオルンのおかげさ!
ありがとう」
カルナ カルナ:
「さすがね シュルク 
あなたなら やれると思ってたわ」
シュルク:
「僕の力じゃないさ
皆で解決したんだからね!」
ダンバン ダンバン:
「よくやった シュルク 
もう 一人前だな」
シュルク:
「そんな――」
「でも 嬉しいです
次も頑張りますよ!」
メリア メリア:
.oO(シュルク――
あんなに嬉しそうにして――)
(何だろう 暖かい気持ちだ)
シュルク:
「どうしたの メリア?」
「じーっと見たりして」
リキ リキ:
「大解決だも!」
「さあ 踊るも!
ノポンダンスを踊るんだも!」
シュルク:
.oO(ノポンダンス――
ど どうやればいいんだろう!?)


ライン

「これで一件落着ってわけだ」
シュルク シュルク:
「うん 汗水流して頑張ったかいがあったよね!」
ライン:
「へっ この程度で汗水なんて!
ちょろいもんだったぜ!」
フィオルン フィオルン:
「ラインもやればできるじゃない
ちょっとは見直してもいいかもね」
ライン:
「おいおいおい
ったく 素直じゃねえなあ」
「はっきり言えよ?
ライン最高!ってな」
カルナ カルナ:
「いい顔してるわよ ライン」
「ふふ 悪くない感じね」
ライン:
「そ そうか?」
「いや――」
「嬉しいよ ありがとうな」
ダンバン ダンバン:
「そういうわけだ
ライン 頑張ったな!
ライン:
「へへっ ダンバンに言われると
すっげぇ嬉しいぜ」
メリア メリア:
「感心したぞ ライン
そなたの働き 見事だった」
ライン:
「な なんだよ
こそばゆいこと言うなよ」
リキ リキ:
「ガサツなランボーものも
がんばれば人のやくにたつんだも!」
ライン:
「何言われてもいいぜ
今は気分がいいからな!」

フィオルン

「ああ よかった」
「これで一安心ね」
シュルク シュルク:
「なんとか やり遂げられたね!」
シュルク:
「ほんとだね!
お疲れさま フィオルン」 
フィオルン:
.oO(よかった
シュルクも喜んでる)
(私も少しは力になれてるのかな)
ライン ライン:
「ああ 肩の荷が降りたな 
たいしたもんだぜ フィオルン」
フィオルン:
「よしてよ ラインがそんなこと言うなんて 
雨が降らなきゃいいけど!」
カルナ カルナ:
「ええ 大成功ね!」
カルナ:
「ふふふ あなたを見てると 
こっちまで嬉しくなってくるわね」  
フィオルン: 
「そ そんな――
なんか 照れくさい」
ダンバン ダンバン:
「ああ 万事解決だ」
ダンバン:
「よくやったな フィオルン  
もっと胸を張っていいんだぞ?」 
フィオルン: 
「ううん まだまだだよ」
「やらなきゃいけないことが
いっぱいなんだから!」
メリア メリア:
「うむ
いい働きができたな」
メリア:
「そなたの一生懸命さが
この結果を生んだのだ」
フィオルン:
「私 それしかできないから――
ふふ 悪くない気分」
リキ リキ:
「やったも!」
「めでたいも!」
リキ:
「今日はフィオルンの料理でお祝いだも!」 
フィオルン: 
「了解 リキ 
今日は とびきり豪勢にしちゃうから!」

カルナ

「よかった
役立ったなら 何よりね」
シュルク シュルク:
「カルナって元衛生兵だよね?
やっぱり人の役に立ちたくて――?」
カルナ:
「まあね だって気持ちいいじゃない?
喜ぶ顔が見られるって」
シュルク:
「うん 喜んでくれてるさ!」
ライン ライン:
「そうだぜ こうやって何かを守ってくんだ
少しずつでもな!」
カルナ:
「ラインの言う通りね
やっぱりあなたって――」
「ううん なんでもない」
フィオルン フィオルン:
「そうね なんだかホッとしたわ」
フィオルン:
「うん 私達 良いことしたんだよね?」
カルナ:
「そうよ フィオルン
それって嬉しいことよね」
ダンバン ダンバン:
「そうだな お前の活躍を聞けば
オダマさんもきっと喜ぶだろう」
カルナ:
「ええ ほんと」
「私を育ててくれたのは
あの人だから――」
「いい報告ができそうね」
メリア メリア:
「その親切 伝わったはずだ」」
「私もそなたに救われた
――だからわかるのだ」
カルナ:
「嬉しいこと言ってくれるじゃない」
「ありがとうね メリア」
リキ リキ:
「やくだったに決まってるも!」
「カルナ とってもとっても
がんばったんだも!」
カルナ:
「ありがと リキ
あなたも頑張ってくれたものね」

ダンバン

「気にするな たいしたことではない」
シュルク シュルク:
「ダンバンさんのやり方
勉強になりました!」
ダンバン:
「お互い様だ シュルク」
「これが仲間ってことなんだろう」
ライン ライン:
.oO(くー!シビれるー!)
.oO(俺も言ってみたいぜ
そんなセリフ)
ダンバン:
「なんだ ライン?
ずいぶん鼻息が荒いな?」
フィオルン フィオルン:
「そうそう
これくらい いつでも言って?」
フィオルン:
「ううん やっぱりお兄ちゃんはすごいよ
私 ほんとにそう思う」
ダンバン:
「どうした 急に?」
「まあ お前に褒められるなんて
滅多にないことだ」
「ここは素直に喜んでおくかな?」
カルナ カルナ:
「さすがコロニー9の英雄さんね」
「見事だったわ」
ダンバン:
「よせよ カルナ」
「俺一人でやったんじゃない
皆の力を合わせたからさ――」
メリア メリア:
「たいしたことではない――か」
「本当にそう言えるのは
ダンバン そなたぐらいだ」
ダンバン:
「どうかな?」
「自分じゃわからないが――
そうありたいものだな」
リキ リキ:
「うんうん」
「気にするなも たいしたことではないも」
リキ:
「いや たいしたことだったも!」
「リキは知ってるも
つらくて苦しい仕事だったも!」
ダンバン:
「そうか?」
「俺より リキのほうが
よほどたいしたことなさそうに見えたがな?」

メリア

「私は力になれたのだろうか」
シュルク シュルク:
「君が思ってるより 君はひとの力になってるよ
大丈夫 自信を持って メリア」
メリア:
「――わかった 自信を持とう
――シュルクが言うのなら」
ライン ライン:
「なれたさ!」
「見ろよ?
喜んでくれてるだろ?」
メリア:
「そうだな 喜んでくれている」
「――それでいいのだな」
フィオルン フィオルン:
「もっと素直に喜んでいいと思うよ?
メリア とっても頑張ってたもの」
メリア:
「すまない 慣れていなくて――」
「――優しいのだな そなたは」
カルナ カルナ:
「これ以上ないくらいにね!」
「メリア!ほら シャンとして!」
メリア:
「そうか――」
「いや それなら良いのだ
カルナ ありがとう」
ダンバン ダンバン:
「心配ない 力になれたさ」
ダンバン:
「案ずるな
お前はよくやっている」
「俺が保証するよ」
メリア:
.oO(湧き上がるこの気持ち――
仲間とはこういうことか)
リキ リキ:
「メリアちゃんのちからが
いっちばん大きかったも!」
「リキはちゃんと見ていたんだも!」
メリア:
(アイゼル ホグド――
――ガラン ダミル)
(そなたらも見ていてくれただろうか――)
リキ:
「なれたもなにも大成功だも!」

リキ

「よかったもー
ほんと よかったもー」
シュルク シュルク:
「なんとか やり遂げられたね!」
シュルク:
「やさしいね リキは」
「やっぱり勇者だよ 君は!」
リキ:
「勇者は強くやさしいものだも!」
「えへん!」
ライン ライン:
「そうだな 頑張ったかいがあったな!」
ライン:
(な 泣いてる!?)
リキ
「ライン!
こ こっちを見るなも!」
フィオルン フィオルン:
「うん なんだかホッとしたわ」
フィオルン:
「こんなの勇者にとっては
日常茶飯事よね!」
リキ:
「その通りだも!
ニチジョーサハンジだも!」
「――?」
「どういう意味だも?」
カルナ カルナ:
「ほんとにね」
「リキ 素敵よ?」
リキ:
< ス ス ス ステキー!?>
< リキ もっとはりきっちゃうも!>
ダンバン ダンバン:
「これで万事解決だ」
ダンバン:
「ああ やったな リキ!
これは俺も負けてられないな」
リキ:
<勇者VS英雄!
どっちがかつやくするか勝負だも!>
メリア メリア:
.oO(かわいい)
メリア:
「良いことをしたな リキ
それでこそ ノポンの勇者だ」
リキ:
<メリアちゃんに褒められた!?>
<が がんばるもーー!>