外交


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

外交

〔袁紹 本初〕@平原から馬国へ
「オンしておらなんですまなかった。戦後の国境線は具体的な案はまだないが、そなたらの希望としてはどの辺りがよいか?登用禁止については以前登用書を送った者については拒む事は出来ぬからそれは御了承いただきたい」23日00:51

〔袁紹 本初〕@平原から馬国へ
「もし登用禁止で人材が五分五分かそれ以上になった場合は領土については平等で行かせて貰いたい。また、盟約は無いが戦後しばらくの休戦期間を設ける方向で調整したい。」23日00:54

〔袁紹 本初〕@小沛から馬国へ
「このまま行けば我等は負けるであろう。そして南蛮はワシほどの戦後の待遇はするまい。少し情勢が危ういため、出来るだけ早くの参戦をお願いしたい。」23日01:05

〈公孫樹〉@天水から袁国へ
「') こんにちは。どなたかいらっしゃいますか?」23日17:04

〈公孫樹〉@天水から袁国へ
「') 言づてですー。20時(249年1月中旬)に南蛮に対して襄陽未承諾割譲受取りする予定です。貴国も連動して動くと戦況が良くなると思いましたので連絡します。」23日17:08
54 〔馬騰 寿成〕 2007/6/24(日) 00:16 
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「汝南ではなく廬江以南でということですな?」24日00:15
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「そうであるな・・。そうなった場合は陳留―新野―廬江のラインで、荊南を渡すというのはどうであろう。」24日00:13
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「いくら登用をがんばってもこの状況では正直人数差はそんなに埋まらないと思うておる。もしそうなった場合はどの辺りで調整をとお考えか?」24日00:10
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「そうであるな、領土はほぼ五分、そのためにもそなた等は戦後の登用を頑張ってもらいたい。」24日00:07
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「これで国数は袁:馬=22:17。これは貴国の人員面の提案がうまく言って、人数が袁≦馬となった場合と思ってよろしい?」24日00:04
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「少し時間がかかってしまった、すまぬ。検討の結果、そなた等の提案をそのまま飲む形で可決した。陳留―江陵ラインを了承しよう」24日00:01
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「こちらは陳留・許昌・新野・襄陽・江陵あたりがきれいに割れて良いと思っておったのじゃが。」23日23:45
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「北方は現状のまま、南方で調整したいと考える。襄陽廬江ラインか、人数差によっては建業ラインまでは許容してみようと考えるが、まだ国内の総意ではない。」23日23:31
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「貴国と戦後詳細が詰められて合意できれば、今夜にも動こうと思う。まずは国境線から話させて頂いてよい?」23日23:24
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「うむ、少々遅れて申し訳ない。」23日23:22
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「馬国頭領馬騰である。ご君主殿は居られるかな?」23日23:12
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「失礼、無事割譲(?)が終わったようであるが、今後はいかがするおつもりかお聞かせ願いたく存ずる。」23日21:22

55 〔馬騰 寿成〕 2007/6/24(日) 01:12 
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「了解致した。今しばし耐えてくだされぃ。」24日01:03
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「そのような小者の使う詭弁なぞ使うつもりは無いので安心して欲しい。正々堂々の舞台をセッティングしたいと考えておるのでな。火急ゆえできるだけ早くの参戦を望みたいっ・・」24日00:55
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「もうぼちぼち終結さすべく、最期ぐらいは今期ぜんぜん行なわれて無いガチの対決で終わりたいなと思っておりますので。」24日00:51
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「あと一点、一応念のため確認ですが、南蛮から登用解禁が来た場合に「戦前だから」と言って登用書送りまくる・・・というのもナシでお願いしますね(苦笑) (続」24日00:49
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「うむ、そのくらいであれば負担はかからぬ。また、当然のことながら登用禁止の令に従わぬ者は謹慎の対応を取らせて頂く。」24日00:47
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「例えば、南蛮滅亡前に南蛮国宛へ「馬国との取り決めにより、戦前・戦後の含め、登用は致しかねる。袁国へ来られた場合は解雇も有りえる」という趣旨の一文を投じて頂くというのはいかがであろうか?」24日00:45
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「仕官者はログを見れば一目瞭然であるが、登用に関してはそれが旧来のものか、新規のものかは判別がつきかねる。そこは貴国を信用するしかないわけだが、あと一手打っては頂けまいか?(続」24日00:43
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「うむ、その条件で宜しければそのつもりである。」24日00:36
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「では「仕官は不可。新規の登用書は発行せず」でよろしいかな?」24日00:34
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「人材面であるか。昨日夜中に提案したとおり、仕官してくる者は対応できるが、以前の登用書で仕官してくる者に対しては追い返したくは無い。そこのところを理解して欲しい。」24日00:32
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「了承感謝する。これで障壁はなくなりましたかな?戦後の停戦期間にも何か約が欲しいところ。ちなみに次のターン一斉である。」24日00:30
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「次、貴国より提案の人材面についてよろし?」24日00:29
〔馬騰 寿成〕@から袁国へ
「領土についてはOKです。陳留・許昌・新野・襄陽・江陵ライン確定で、人数差によって江夏・廬江以南で調整。ということで。」24日00:27
〔孟獲〕@から馬国へ
「南蛮は駄君主の孟獲です。襄陽譲渡遅れましてすみません>< …あとは対袁攻撃の御参加をどうか、よろしく御願い致します。」24日00:20
〔袁紹 本初〕@から馬国へ
「うむ、新野、江夏、廬江までをそなた等にという事で提案しておる。」24日00:18