※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FEDA The Emblem of Justice
【ふぇーだ じ えんぶれむおぶじゃすてぃす】

ジャンル SRPG
対応機種 SFC、SS
発売元 やのまん
発売日 1994年10月28日(SFC)、1996年6月24日(SS)

概要

やのまんから発売されたSRPG。

ストーリーは、帝国のやり方に反発した主人公が成り行きで反乱軍に入隊し、革命の為に戦っていくことになるというもの。
「シャイニング・フォース」シリーズに類似している点がいくつかある。キャラデザも同じ玉木氏。

一応続編はあるが、今作に比べてケモノキャラは非常に少なくなってしまった。



特徴

  • 「リブラ値」という要素がある。これは、戦闘開始時に表示されるミッションに従い、なるべく敵を倒さずに進むとリブラ値が加算され、ロウ側に傾く。ミッションを無視して虐殺の限りを尽くすとリブラ値を減らされ、カオス側に傾いていくというもの。加入するキャラクター、離反するキャラクター、そしてエンディングに影響する。
    • が、ミッションを守っていてもリブラ値を減らされる場面がある。多分設定ミス。
    • ロウ側の方が獣人が多い。ただし、一部除いて使えるかどうかは……
    • カオス側では「シェリー」という雌獣人が仲間になる。しかし、 常にMPが0の為に習得している必殺技が使えない というバグがある(SS版では使用可能)。
    • どちらに傾いていても仲間になる獣人キャラクターは、アイン、ドーラ、ダン、シシマル、メラネウスの五人。
  • 戦闘アニメーションは秀逸。
    • しかしアニメーションを省略出来ない。更に場所移動する度に何故か読み込み時間が割り込む為、全体的にテンポは悪い。
  • 「フェーダ・リメイク!」としてSS版も発売された。アニメムービーが随所に追加されたり、キャラが二体追加されてたり、グラフィックが書き換えられてたり、シェリーがきちんと必殺技を使える。
    • だが戦闘アニメーションはSFC版の方が良かったりする。
  • カオス側でゲームを進めるなら非常に簡単だが、ロウ側では上記のバグも相俟って、逆にかなり難しい。一回目はカオス側、二回目はロウ側でプレイするつもりでやるとやりやすい。

登場するケモノキャラ


種族 特徴
アイン 主人公の一人。ウルフリングの剣士で、「峰月斬」という必殺技を持っている。
中盤、見せ場がある。
ドーラ フォックスリングの弓兵。行き過ぎな軽装。アインを慕っている。
全体的に能力が低いが、数少ない麻痺技を所持。
ダン 蜥蜴 リザードマンの戦士。
シェーン ヒロインに仕えるクラナスの騎士。
上位互換なユニットが続々と加入してくるので、あっという間に二軍に落ちる。
一応ロウルートでしか仲間にならない。
シシマル 獅子 レオの剣士。居合い切りを得意とする。アインと気が合い、加入。
アービー 黒豹 カーカルの格闘家。ロウ側のユニット。
ドーラに負けないくらいの露出度。
リチャード ドラゴニュートの剣士。かなり重要な立場な筈なのに、なんでか弱い。
ブレスが吐けるけど弱い。その上ロウ。
シェリー ウルフリングの剣士。アインの元カノ。異常なくらい胸が揺れる。
バグの煽りを喰らいまくってる悲劇のキャラ。
能力自体は高いので使えなくはないが。カオス唯一の獣人。
メラネウス ガーゴイルの騎士。ふんどし。シェーンの出撃枠を喰った。
バート リチャードの父。敵として登場。ノーコメント。



参考




名前:
コメント: