砂場


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編集練習専用ページです さぁ好きに使え

鰐アーチ




よし、わかった説明しよう
これは因幡の素兎だ
てゐが作り出した知恵の一つ いや、スペルカードか
VISIONプレイヤーが決してたどり着くことのできない鰐ゲーの英知として M.I.W.が我々に与えたものだ
昔第七弾で起きた大きな頒布の時にな
あの時はほんと…参ったよ
さ、まずは使ってみるか

フゥッフフフフw
見ての通り、防御するスキマすらない美しい展開だろ?
懐かしいなぁ
私もデッキにいれるのは久しぶりなんだ
いったいどんな場面でパなせばいいのか 調べればわかるだろうが
すまない 私には興味が無いんでね
詳しい事はまたしたらばにでも聞いてみるんだな
誰か知っているんじゃないか?
鰐厨はこれをキャラオンリーデッキで使っているという噂を聞いたことがある
私はそんな甘えで勝ったところは見たことないがね

おぉっと、驚かせてしまったようだな
これはグスタでいう こいしでも魔理沙でもない
言わば鰐のみが作り出せる展開力だ
ただライフを削るだけでなく監視者シュートからの即死コンボもつなげることができる
例えば、このてゐからの二連発
気をつけろ!
対策が無いと一瞬でライフが溶けてしまうぞ
対策とは何かって?
フゥゥッッハハハハハw
それは昨日言っただろう
あ、すまない…君にとっては次のラウンドの出来事だったか
いや、もっと先だったかもしれないなぁ
その日が来たら、また鰐ゲーをしよう



犯罪的だっ・・・!




下手だなぁあいかわくん へたっぴさぁ エンパシーのやり方が下手!
あいかわくんが本当にしたいのはぁ~ コレ!先攻1ターン目からエンパシーをぱなしてクソゲーにしてさぁ25点コンボで殺しきりたい だろ?※
だけどそれはあまりにもぶん回り過ぎた結果だから こっちのケチな妖怪ビートで誤魔化そうっていうんだ
あいかわくん、駄目なんだよそれじゃ せっかくぶん回ったエンパシーでスカーッてしようってときにそんなんじゃかえってストレスがたまるぅ
削りきれなかった時の法界や離反がちらついてさぁ全然すっきりしない
相手のライフはのこったままだぁ エンパシーってやつはさぁツーチャンじゃ駄目なんだ
やるときゃきっちり殺った方が良い それでこそ次のラウンドの励みになるってもんさぁ 自分へのご褒美さぁ!





ちなみにあいかわさんはエンパが嫌いです

※ノードセット卵サンシャインニードル>卵マナチャ>卵の効果でくるみと小悪魔を場に>マナ生>くるみパンチ>エンパシー(9弾紫&1弾藍or夢月&幻月)







~モテるVISION女子力を磨くための4つの心得「公認大会ではカードゲームを知らない女をアピールせよ」等~




こんにちは、害悪コンボを研究しているあいかわさんです。私はVISION歴も知識もありませんし種籾ですが、恋愛に関してはプロフェッショナル。今回は、モテるVISION女子力を磨くための4つの心得を皆さんにお教えしたいと思います。

1. あえて2~3弾前のデッキを公認大会に持っていく
あえて2~3弾前に猛威を振るっていたデッキを使うようにしましょう。そしてフリープレイの場で好みの男がいたら話しかけ、わざとらしくデッキを出して轢き殺してみましょう。
そして「あ~ん! このデッキ本当にマジでチョー弱いんですけどぉぉお~!」と言って、男に「なんだこいつ・・・」と言わせましょう。言わせたらもう大成功。
「デッキ構築とか詳しくなくてぇ~! ずっとコレ使ってるんですけどぉ~! 最近のカードはわからないんですぅ~! ぷんぷくり~ん(怒)」と言いましょう。
だいたいのVISIONプレイヤーは新しい弾でデッキを使いたがる習性があるので、古かったとしても1弾前のデッキとかを使っているはずです。

そこで男が「新しい弾でデッキ作らないの?」と言ってくるはず(言ってこない空気が読めないプレイヤーはその時点でガン無視OK)。
そう言われたらあなたは「なんかなんかぁ~! 最近八雲エンパが人気なんでしょー!? あれってどうなんですかぁ? 新弾のカードで轢き殺したいんですけどわかんなぁぁああい!! 私かわいそーなコ★」と返します。
すると男は「八雲エンパでしょ? 何も考えず適当にエンパぶっぱなせばいいよ。本当に良くわからないみたいだね。どんなクソゲーがしたいの?」という話になって、次の休みの日にイエローサブマリンに行けるというわけです。
あなたの女子力が高ければ、男が貴女に4つ目の9弾を買ってくれるかも!?

2. NETVISIONでプリバを使うとモテる
「クソゲー!」とか「めんどくせぇー!」などを体現する「プリズムリバー」をデッキに入れると、観戦しているNETVISIONの男性プレイヤーは「なんかこいつめんどくさいなぁ」や「戦いたくねぇ」と思ってくれます。
NETVISIONでは現実世界よりもイメージが増幅されて相手に伝わるので 「プリバ」 を多用することによって、男性はあなたをリアルでプリバをぶん回して数々の犠牲者を生み出している修羅勢だと勘違いしてくれるのです。
そういうキャラクターにするとほぼ絶対に「害悪」と呼ばれますが気にしないようにしましょう。

3. とりあえず男には「えー! なにそれ!?  そんなカードもあるんだ、すごーい♪じゃあ干渉無縁塚で。」と言っておく
オフ会などでVISIONプレイヤーが女性に話すことといえばぶん回って相手を轢き殺した時の自慢話や戦跡の話ばかり。よって、女性にとってどうでもいい話ばかりです。
でもそこで適当に「へぇーそうなんですかぁ~?」とか「よくわかんないですけどすごいんですねぇ」と返してしまうと、
さすがの男も何か上から目線で話されていることにと感ずいてしまいます。人読みされるとバレたら終わりです。
そこは無意味にテンションをあげて、「えー! なにそれ!?  すごいすごーい♪」と言っておくのが正解。
たとえ興味がない話題でも、テンションと積極性で相手の好んでいるデッキを覚えておきましょう。積極的に話を聞いてくれる女性に男は弱いのです。
そしていざ対戦する時にメインからフォビと無縁塚を積み込んでおきましょう。

私はTCG歴も知識もありませんし種籾ですが、こういうテクニックを使えば知識がない私のような種籾のほうでも自称修羅をわからせられたりするのです。
男は優越感に浸りたいですからね。

4. 公認大会ではカードゲームを知らない女をアピールせよ
男と公認大会に行ったら、真っ先にトップメタを使った対戦中のフリープレイ台を探して「あーん! 私これよくわからないんですよねぇ~(悲)」と言いましょう。
するとほぼ100パーセント「どうして? 環境知らないの?」と聞かれるので、「知ってるし勝ちやすいのはわかってるんですけど使いたくないんですっ><」と返答しましょう。
ここでまた100パーセント「どうして知ってるのに使わないの?勝ちたくないの?」と聞かれるので、うつむいて3~5秒ほど間をおいてからボソッとこう言います。
「……だって、……だって、環境のトップメタ使っても他の人達のデッキと一緒になっちゃうじゃないですかぁっ! 他のデッキがかわいそうですぅ! 
メタゲーの外からのクソぶん回りで勝ちたいのにぃぃ~(悲)。自分の大好きな轢き殺し方で勝ちたいんですよ……」と身を震わせて言うのです。

その瞬間、あなたの害悪力がアップします。
きっと男は「なんて地雷要素を孕んだコなんだろう! 絶対にもう対戦なんてやらねぇぞ! 二度とコイツとVISIONしねぇ!」と心のなかで誓い、あなたと距離を置くはずです。
意中のVISIONプレイヤーと付き合うことになったら、そんなことは忘れて好きなだけトップメタを使って大丈夫です。
「他のデッキがかわいそうなんじゃなかったっけ?」と言われたら「特にそんなこだわりはなかった」とか「めんどくさくなった」、「VISIONはとっくに終わっていた」と言っておけばOKです。

(文=恋愛マネジメント・あいかわさん)





・VISIONプレイヤーに言っとけばモテる7つのワード


1. 遅れて交流会に到着したら「十王の激怒~!!」と言いながら席につく
交流会に遅れて座席についたときやトイレから戻ってきたとき、座るとともに「十王の激怒~!!」と言いましょう。「激怒~!!」の部分をできるだけ長くのばして言うと効果的です。無表情で言うとモアベター。効果は知らなくていいです。

2. 都合の悪い場になったら右手をあげて「ジャッジー!」と言う
相手が鬼回りして自分に酔ってしまい、「ねぇいまどんなきもち?」とか「俺勝ったら何してくれる?」とか、聞きたくもない事をガンガン言ってくるデリカシーのないVISIONプレイヤーもいます。そんなときは指をさしてムッとした顔で強く「ジャッジー!」と言いましょう。意味は気にしないでください。あとはその相手を無視してかまいません。一部始終を見ていたジャッジが裁いてくれます。

3. ロックされたら「動け動け動け! 動いてよっ!」と言う
VISIONもカードゲーム。ロックやハメで何もできないときがありますよね。そんなときは卓をバンバン叩きながら「動け動け動け! 動け動け動け! 動いてよーーっ!」と言いましょう。できるだけ必死にやると効果的です。台パンは知らなくて大丈夫。やっとけばオタクは惚れます。

4.「私と対戦しようよ!」とは言わず「おい、デュエルしろよ。」と言う
どうしてもVISIONしたい害悪VISIONプレイヤーがいたら、みんなの前で告白するのもあり。でも女子から「対戦して」と言うのは恥ずかしいもの。そういうときは「おい、デュエルしろよ。」と言いましょう。そのプレイヤーに飽きたらスルーしていいです。元ネタを知る必要はありません。

5. 突然「私とドラフトしたい人~!」と言って男子に手をあげさせる
どれだけ自分のことを気に入っているVISIONプレイヤーがいるのか調べたいときは、「私とドラフトしたい人は手をあげて~!」と言って男子に手をあげさせましょう。ドラフト戦のルールは知らなくて結構。躊躇しつつも、VISIONプレイヤーは欲望に忠実な傾向にあるので手をあげてくれるでしょう。手をあげたVISIONプレイヤーに害悪がいたら落としたも同然です。

6. 害悪とのVISIONに疲れたら「誰かこの○○デッキとフリプしよー」と言う
交流会の定番ゲームといえばスイスドロー形式の大会ですが、それはあくまでイメージ。フリープレイこそが交流会の華。害悪系でネクストが当然なVISIONプレイヤーばかりだと対戦が続かない場合があるので、そんなときは大声で「誰かこの○○デッキとフリプしよー!」と言いましょう。○○には好きなシチュエーションを入れてください。メインとなるテーマカードを決めて、相手にそのテーマを実現させてあげましょう。

7. 害悪の思考時間が長くなったら「バシバシドゴォ」と言ってペシペシ叩く
害悪の思考時間はだいたい長いです。害悪同士ならわかりあえても、きっと普通の女子はわからないと思われます。そんなしらける状態になったら、思考タイムに入った害悪の頭を軽く叩きながら「バシバシドゴォ」と言いましょう。すると害悪は「3 HIT COMBO!」と言って対戦が盛りあがるはずです。

ちなみに、VISIONプレイヤーに話をあわせる必要はありません。自分のペースで楽しく対戦しつつ、ところどころでそれらの言葉を発言すればいいのです。よって、ルールやアドの概念などの知識を詰め込む必要はないのです。とにかく、その7つの言葉と行為だけを覚えて交流会に挑みましょう。




      rr──────- 、.,_
       || l.] | ̄ ̄| [] [] ./\\`゙' 、
       ||/| \/ .|_.| |_// / /`ヽ \
      /ミl ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ゙゙' <./_|]/ /7 \
     .r|、_ン、            \ // /|]. \       く
     YこY      __     \/ /\「! ':,  ─- 、  る
     .ト-:::|   , '"´    `゙ .、    \\//|.':,     ) !
      ';:::八 / ./    i    ヽ.     ':、 く.//|ハ   _.ノ
      ',::::./  /./ / _/|_  ./  |      '., く].」 |
   く   ∨|.  |/-|/|/_」_// 八        ', r‐┐! まじかる~☆
 .  る   ∨ヽ.| '⌒  ´  ,,.レi |   \.      |    |
     _  〉/7"   r─┐ / /  .i   ヽ,   ,.ヘ.'つ-、  みらくる~☆
   , '´   |::レ`>.,、.,__.ノ.イ|/__,ハ__,,.>'"::::::|ノ__.ノ
    !     ヽ:::::/|::::::l;ハ.__ノハ´/::::::::`i/::X::::::::`>'´. |  、l || ll|l l| l l| || l| l l| ||l
  | ヽ     |`Y!::::/、___.ノ:::|:::::::::::/-'─ i'"´ | Elコ |  ミ
.  '、  `' ー  | ||:::;'>-</:::::トァ‐ァ':.:\ /   .! l二l | 三 まだイケる!
   `'' ー    ', .|ヽi>-<.|::::イ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   /く.>/ .ニ
          )ヘ:.:.`Y‐<|:::::::ノ`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:/r‐ァ/  Ξ 魔法少女できる!
      _,,.. --───-- 、..,,__,,.. -‐''"__,,.. イ    彡,
   , <´/| [] 「>'"´ ̄`ヽー─-----‐<´:.:.:.:.:.:.!     / | l| l l| ||l l || ll|l l| l l|
  / /7 |_//|/  /::/ |   \:::::::::::::\::::::\.:.:.:.:|     _,,... -─ァァ
 .| |」r‐┐ /   ,|::/ /!     \:::::::::::::`::、::;ハ:.r┘-= ニ二..,,_  /| //
  ∨ .|_| |.  〈:/         `'ー-ァく/ ̄        `ヽ.//
   \<[]∧___.\/_」__,,,.... --‐く_ノ\           `
    `''ー---‐ '"´ ',  .!          \メ::\
            |-‐|           ヽイ;ハ
            |X::|            |___ソ
            |X::|
             /-':::|
           l_.ノ


     _,,..,,_
   ,'´⌒ ⌒' ,
    i (ノノハ), )
   ノ ,リ;゚ ヮ゚ノi( .。o O (絡まった…)
  ( (,( i:::lxl::i,)ノ
   !ミ三三彡〉 ギュゥ
   と_)__)'


                   /:.:ィ⌒:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
         土          /:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.゙;:.:.:.:.:.:.:.:.:\               イ /
         l ¥ |      /イ:.:.:./:./.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ          木/__ヽ
                    ー=彡:.:.:.:.:.:/:.:.:.i!:.:.: : : : λ : ハ: : ゙、 : : ハ
  l         j_      〃/:.:.:.:/: : : { : : : : : 7⌒ゝ、i: : : ゙, : : :}         ヽノ
  ゝノ      ‐ffff‐      { ム: : :iγ⌒i! : : : j!ノ,ィ≠≦}_,: : :゙,  i!          (___
           ´```       i !: : : :!: : : ノゝ、 : /〃迅iiタメ<   ゙, i
  ニ|ニ       ー―       i {: : : :l : : 7笊;心   " ̄/ノノ   , {
  r_ト、       二二     jλ   i "{{ ゞ''"      ノイ/ }   i! ゙、
                  〈( ゝ  人ミz、_   `  , { { j!   iト \
  十十              `ー"~  ̄ヾ  fヽ''´  ゞ、/  .ノ} ゙;  \    _
   ゝ-              ___/ /  jン`ーj }_ ,.:<〃    .j! i    、 ̄    }
                 γ´/ /     {ヘ=、 / /   j! /   /  l     ` ー-- ┴--、
   /                /:::/ λ   λ;;/ /    _{ {  ノ   i                }
   ∧_ノ          /::::弋    γ'"   ̄ヽ,.ィ::λ γ´ ,..__ノ               ` '' ┴ 彡
                /:::::::>==ミ,,/      -‐、〉_::{! //〈(:::::::ヽ     --ミ      `ヽ
   '⌒)        ,...*'´:::::::γ:::::::く^´::::::`トュ__    x-、>==x:::::::::::::::::ハ         `ヽ、    
    f      f:::: ̄`ヽ::j!::::::::::::):::::::::::::::::::λ/  }):::::::::::ハ:::::::::::::::::!           ヽ   
    ゚        人:::::::::::::::{::::::::::::/'"⌒ヽ≧=イ ,..ィ'{!:::::::::::::::}::::::::::::::{            }`、 
          ,,.. -―\:::::::;;;:!:::::::::/{:::::::::;;/ ,.><  )〉::::::::::::ノ::::::::::::::::i            !  マ
    ,,.. ´      〉''"::/!::::::/:::l,:ィ"// ./   `ヽj!:::::::::/:::::::::::::::::::゙、          j!  ゙,
    }         7::::/::弋//:}::::/ ,,.. -―==fソ:::::::〃=x、::::::::::::::::::`、          /   }
    \  ,..:::''"  _ノ::/:::::/::::::::::l::/≦=/==ミ、fシ:::::::::/ミ、:::::ヽ:::::::::::::::::ハ         /    ノノ
   /ィ´    _ )ノγ/:::::::::::::::l/_.ノ(;;;,,.__Y:::::::::ノ::::::::::ヽ::ノ::::::::::::::::ノ       /      《
  〃 {    /:::::λ:::{:::{:::::::::::::::/::::::::::`ヽ、:::;:*''` ̄ヽ:::\:::::ンー--‐''"´       }!{      `ー
  〃  ゝ=ミ..く::::/:::ヽ:::::\::::::::/::::::::::::::::;:ィ`ヽ、:::::::::::ハ:::::::∨           ノゝミ=-
  {{   //  )´:::::::::人_;;>←=≠=<::::::::::::::ヽ::::::::::}:::::::ノ             /
  ゙ト、  {'   廴:::::::::::::::::>┘        }!`::<::::}::::::::ノ:::::イ          /
           i!`ー'"´:ノ`'''ー=z、,,,.._rメ::::::::::::>≠=ー''´    / _.... ィ
          ノ´:::::::::::ζ   ,イ   ̄ζ:::::::::/{      ,..ィ"弋(___
        /::::::::::::::γ.____ !´___ 《::::::::::::::::::゙、_   /      ̄ヾ、
       j::::::::::::::::::Y''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ツ::::::::::::::::::::::::~` <、     、__ ノノ
       /::::::::::::::::::〔ミ==}>O<{=ニ三〉::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      ̄
        /::::::::::::::::::::〈\ニニニニニニニニλ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
     /::::::::::::::::::::::ノ  ゙ヽニニニニニ/ 弋;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー--  __.....z≦>、
     j!:::::::::::::::::::::::7    マニニニ/    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
     }:::::::::::::::::::::::ヽ     ゝ=r'       `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
    {::::::::::::::::::::::::::{!     /:::ヽ       マ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
     !::::::::::::::::::::::::::ヽ     {::::::::゙、      `ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/}



                ,' ,'       , -ー'_ニ二ニニ,'__ー_-_ 、
                ! l-ー―― //_´           `'-`、、 _
               ,.::´:::| |::::::::::::, ' /::::::::`ヽ              `ー-r=一'
              /:::::::::::l |::::::::, ' /:::::::::::::,_:::::::ヽ.
           、/:::::::::::::::! l:::::::,' /::::::::::/ .{:::::::::::ヽ、_
         ,....l:' ,` ー 、::::、.l::::,'/:::::::/   l::::::::::::::::,ィ,::::: ̄:::ー-..、
       ,...:'´:::::lニ_,ゝ  `ー'.r-'t. '     ヽ、-ー'_´-':::::::::::::::::::/
      く::::::::::::::::::/_     ,-t__l...-、__    }¨::::::::::::::::::::::::/
         ` 、:::::::::::::'ー-- '´:::::::::__::::__ ̄¨::´__::::_::::ィ' ´    よろしければ一緒にFEVERなど…
         `¨,T:.ー-―rtTfT:.:.:.:l ヽ:.:.:.l',:.:.l.:.:.:l:.:.:.:ヽ、:.:..:.ヽ、_
          l:.ハ:.:.:.:.:.:.:.',、:.:lヽ:.ヽヽ .゙、_!_',:.!:.:.:.ヽ:ヽ:.:.ヽ;!ヽ、:.:.`:'ー.... _
          l:,' l:.:.:.:.:.:.ヽテr';;tヾ、ヽ´弋;;ィj:.!:.!:.:.:.ヽ,、:.:.:.i:.:.:.:.:`:.:ーr :.:_:.:.ー- 、
             !i !:.ヽ:.:i:.:ヾ`¨´   ` `  .l,'!:.l:.:.:.:.:.:.!:ヽ:.:.:.:.:.:.lヽ、:.:.ヽ、 ̄`ヾ:.、
           i' l:.:.:',:.:.ト、ヾ   '    ' .l:.,':.:.:.:.:.:.l:.:.:.ヽl:.:.:.:',  `¨ー`-'  、}
              l:.,:.:',:.ト、:.:ヽ、 ー‐ ‐ ' .,ィ:/:.:.:.:.:.:l!:.l:.:.:':,:.:.:.:.:.',
                l!',:.:',:!:.:ヽ:.:.!`:....、 _,/,ノ.!:,ハ:.:.:.:.l;l:!:.:.:.:.':、ヽ、:' 、  ,
             ノ .',:.:',:!:.:.:>:.iヽ、:.:l    .::i,' ',:.:.:.!'ヽ、:.、ヽ:.:ト 、` ̄
               !:ハ:.:.:.:,'ヽ! .y' l   .::,'、  ',:.イ  `¨` ゙、!   `ヽ、
             _ -!´ ',:.:,'   l  }  .:/  /i:,'     ,:...l'    ヽ、
           _/    .l:.'   .!r !, ィ´  / {:i      ',:....       ヽ、     ,、
            >t`!    {,   'ー!;;;;lヽ、./´  ヾ、     ' ,:...  _ --―‐- ' ´ ̄,ノ
         /  'ー.!、       /´¨l  `'            _ /        , '
       ,、/ ....   'ー, 、  .::. /;;;!::;;;;'.,     :.....     ,r-'´r、' {.ヽ、-{.ヽ、く´
       >、_ー 、::..    {_ヽ..::::./;;;;;l:::;;;;;;:ヽ   ::..:..:.   / {/ .,'   ' , `、 \.` 、ヽ
     /  `ゝヽ    ´i_ー,'::::;;;l;;::;;;;::;;/    :..:.. .._,,.. 'ヽ l! l    ',. l  i  l ヽ、
   _/..::.    `'>'. ,..:::...  `!:,r 、l;;;;;:::::::{-‐- 、_,,,/ 、-'゙`}  l! l ,    .l .|   l  .ト、   ヽ、
   >r、::::     ゝヽ、::.    !,'  ヾ、ヽ、::ヽ,ヾ'~、シ´   {  l ' ,__ .,'  .l  '  }  ,ヽ、 \
   `ヾ,ヽ、.::..    `'、ィ、ヽ、. '      `¨    ',:.   ',  .k__/:.:.ヽ.._ ./ヽ、.. -'  ,!   ヽ、
      't-, 、      'ー'^iヽ 、 .:::....          ',:..  ヾ、 ::.....`ー- 、`¨:.:.:.ィ´:..:.r、{    ` ー'



  • テスト (2010-10-02 02:18:02)
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。