企業がは「超高齢社会」にいかに備えるべきか


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【問題点】------------------------------
  • 老人をどう扱うか?
(従来会社を経営してきた層が引退してしまい、若年層しか残らない)
  • どう職員のやる気を刺激するか
  • 低コスト
※ 長期的な策を講じつつ、短期的な問題を処理
  • 人材を確保するには?
  • 福祉を厚く?それとも目の前のコストパフォーマンス?

【各エピソード】

[Episode]応募者2件
  • 3週間日刊紙に求人広告するも応募者2名のみ

[Episode]おじいちゃんプロジェクト成功
  • 高齢者の視点を持つことで成功
  →高齢者労働者の必要性
  • おじいちゃん特殊部隊の創設??

[Episode]パートタイム法
  • 高齢者引退→若者雇用で助成金
  • 勤務時間(50%)→給与(80%)
  • メディグノスティック社→労働力減らす必要なし(利益を挙げているから?)
  • この制度はコストになるので廃止

[Episode]マティーアス・ハオスマン
  • 欠勤増える←苦情がクライアント・部下から来ている
  • 32歳へーベーらーが引き抜いた営業部長に不満
  • いちいち指示されたくない! 彼の新しい管理ツールは問題!

[Episode]シニア市場の成功
  • 高齢者市場評価No.1
  • プロジェクトリーダーヨハン・パイスその後すぐ引退
→マーケティングには高齢者必要!

[Episode]新人候補&託児所計画
  • 有望新人は2人の子持ち
  • 託児所プラン→リクルートで有利?
  • 役員エルビン(財務目標達成至上主義)託児所反対

【高齢者対策】

  • パートタイム法の復活?
パートタイム法
<メリット>
  • 経験豊富な高齢者層を会社にキープ
  • やる気のある新人を取ることができる
  • 若年層に新たなポジションを提供できる
<デメリット>
  • コスト
  • やめる人と同じ割合で新人を取る必要がある

  • 独自のパートタイム制度を構築しては?(パートタイム法改!)
→労働時間1/2給料1/2で若年層指導係へ
→爺特殊部隊創設
→高齢者には、主に指導的なポジションに落ち着いてもらう

【リクルート戦略】------------------------------

[知ってもらうための戦略]
  • この会社は基礎研究が命
→日刊紙ではなく、研究者向け雑誌に求人
→大学に求人

[来てもらう・いてもらうための戦略]
  • 人材会社を活用
  • 年をとっても働きやすいことをアピール
  • 福祉をアピール
→子育て支援金
→在宅勤務
→時間短縮
   →きっちり働いている人のストレスとならないか?

  • 託児所計画
 →コスト・時間がかかる
 →多様な問題性を抱えている
 ・子供が会社にいるから残業させられる
 ・ラッシュ時に子供をつれてくる?
 ・時間制限がある
 →ベビーシッター代を渡す
 →労働時間を短縮

【コスト】

○未来への対策
  • 足元がおぼつかなくなるのでは?

○対策を取らないコスト
  • 高齢層が引退し、会社が立ち行かなくなる?

◆目の前のコストパフォーマンス重視?
  • 今を乗り越えないとそもそも会社の未来がないのでは?
  • 人材会社でいい人を
  • 今いる人でやっていけるのでは?
→今いる人を育てる
→ベテランから若い人へ知識を伝授
→知識DBを作れば?
→海外からも人を募る?

◆どうすれば、自分の意見を上司に伝えられる?
  • 企画書で、対策をとらない場合のコストを計算する
  • 数値好きな上司に、数値で勝負!

[明日11:45までに考えるポイント]
① 長期プランと短期的視野の兼ね合い
② パートタイム法改における老人の立場の詳細
③[Episode]マティーアス・ハオスマンについて