"幽明の守り刀"秋元風雅&秋元あやめ

"幽明の守り刀"秋元風雅&秋元あやめ<Huga・Akimoto&Ayame・Akimoto>


≪プロフィール(秋元風雅)≫

「――姉さん、行くよ!」
「その……喜んで」―幕間にて、弓弦織姫の告白を受け。
「――進もう、前へ」――第四話にて、比紀籠莉に。
「バカだよ、君は!」――第五話にて、弓弦織姫に。
「奇跡の一つや二つ、起こったってバチはあたんねえと思うんだけどなあ」――第7.5話にて、街雪朱里に。
【コードネーム】"幽明の守り刀"-Regret Nothing-
【性別】男
【年齢】16
【身長】165
【体重】56kg
【誕生日】1/8
【血液型】O
【ブリード】ピュア
【シンドローム】ブラム=ストーカー
【ワークス/カヴァー】文化部B/天文部員
【ロイス】
[Dロイス]:奇妙な隣人 《オリジン:ヒューマン》を取得
[Dロイス]:想い人 シナリオ1回、装甲値ガード値無視カバーリング不可の攻撃ができる
[伴侶]弓弦織姫 ■純愛 不安 願うなら、最期の時まで君と一緒に
(第五話終了時点で初期ロイスをあやめ→織姫へ変更)
(更に第7.5話終了時点で織姫の関係を恋人→伴侶に変更)

【ライフパス】
出自: 姉妹 姉さん、ちょ、やめてって!
経験: 失ったもの 亡くしたよ、色々とね
邂逅: 先輩 とっつきにくいけど、いい人だよなー
覚醒: 感染 ま、それで姉さんが何とかなるんなら、ね
衝動: 闘争 来いよ、まだいけるだろ?

【能力値・技能】
肉体: 5 <白兵>5  
感覚: 4 <知覚>3 <芸術:人の頭を撫でる>2
精神: 2 <知識:天文学>5 <意志>5 
社会: 1 <調達>4 <情報:アカデミア>4

【副能力値】
 基本侵食率:30
 HP:32
 行動値:10
 消費経験点:75

【エフェクト】
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 制限  備考
- ≪リザレクト≫ - オート x HP回復。
- ≪ワーディング≫ オート   エキストラ除外。
Xx1 《コンセントレイト:ブラム=ストーカー》 1 メジャー シンドローム - - - 2 - C値-Lv(下限7)
Xx2 《スーパーランナー》 1 マイナー - 自動成功 自身 至近 1 - 戦闘移動を行う。移動距離+[Lv×5]m。シーン1回
Bm1 《赤き剣》 2 マイナー - 自動成功 自身 至近 3 - 白兵武器を作成
Bm2 《鮮血の一撃》 3 メジャー <白兵> 対決 - 武器 2 - 判定のダイスを+[Lv+1]個。HPを2点失う
Bm3 《血の宴》 1 メジャー シンドローム 対決 - 範囲(選択) 3 - 対象を範囲(選択)に。シナリオLv回
Bm4 《ブラッドバーン》 5 メジャー シンドローム 対決 - - 4 80% 攻+[Lv×4]5HPを失う
Rb1 《オリジン:ヒューマン》 1 マイナー - 自動成功 自身 至近 2 Dロイス シーンの間、エフェクトを使用した判定の達成値+Lv


【イージーエフェクト】
名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 備考
ブラッドリーディング 1 メジャー - 自動成功 単体 至近 - 血や体液から、その主の情報を読み取れる
かしづく歯車 1 メジャー - 自動成功 自身 至近 - 血流を操作して、精密作業を行う
かぐわしき鮮血 1 メジャー - 自動成功 自身 至近 - 血の香りから、特定の個人や集団を探し出せる

【コンボ】
  • 名称:紅の幽冥刀(80%未満)
  • 組み合わせ:Xx1+Bm2
  • タイミング:メジャー
  • 技能:《白兵》
  • 対象:単体
  • 射程:至近
  • 侵食値:4
  • ダイス:9+侵食率ボーナス
  • CT値:8
  • 攻撃力:消費HP+4。
  • 備考:Bm1(+Xx2+Rb1)後。HPを2点失う。達成値+1

  • 名称:幽冥刀・弐式(80%以上100%未満/100%以上)
あやめが変化したもう一本の赤き剣「幽冥刀・弐式」と通常の「幽冥刀」の二刀を手に、舞うようにして敵を斬る。
  • 組み合わせ:Xx1+Bm2+Bm4
  • タイミング:メジャー
  • 技能:《白兵》
  • 対象:単体
  • 射程:至近
  • 侵食値:8
  • ダイス:9+侵食率ボーナス/10+侵食率ボーナス
  • CT値:8/7
  • 攻撃力:消費HP+20/消費HP+28
  • 備考:Bm1(+Xx2+Rb1)後。HPを7点失う。(達成値+1)/Bm1(+Xx2+Rb1)後。HPを7点失う。(達成値+2)

  • 名称:幽冥刀・参式(80%以上100%未満/100%以上)
「幽冥刀・弐式」と「幽冥刀」、二刀が合わさった巨大な両手剣「幽冥刀・参式」によって、敵をその防御ごと全て切り裂く。
  • 組み合わせ:Xx1+Bm2+Bm4+「想い人」
  • タイミング:メジャー
  • 技能:《白兵》
  • 対象:単体
  • 射程:至近
  • 侵食値:8
  • ダイス:9+侵食率ボーナス/10+侵食率ボーナス
  • CT値:8/7
  • 攻撃力:消費HP+24/消費HP+28
  • 備考:Bm1(+Xx2+Rb1)後。HPを7点失う。ガード値、装甲値無視。カバーリング不可。シナリオ1回。(達成値+1)/Bm1(+Xx2+Rb1)後。HPを7点失う。ガード値、装甲値無視。カバーリング不可。シナリオ1回。(達成値+2)

【アイテム】常備化P:10 財産P:2
名称 種別 常備化 詳細
赤き剣 武器 - 攻+[消費HP+4]、ガード値0。射程:至近。消費HPは[Lv×2]まで。《Bランク:アタッカー》込み。見た目は赤い日本刀
学園通の友人 コネ 1 <情報:アカデミア>の判定ダイスに+2個
保健室利用許可証 使い捨て 4 登場しなかったシーンの終了時に使用。HPを30点回復
思い出の一品 その他 2 血で作った紅い指輪。織姫のモノとはペア。<意志>判定の達成値に+1
携帯電話 その他 0 PLが持っているのと同じ見た目
強化服 防具 1 装甲値:1

≪容姿・性格≫

男子にしては髪が少し眺めで、前髪が左目にすこしかかっている。
比較的やせ型なことくらいしか特徴のない体型。
常に写真が入ったロケットを首からさげている。

比較的穏やか、かつつっこみ気質の苦労人。そして何より、色々なことについて「放って置けない、首をつっこんでしまう」性格。
あやめと共生状態になってからというものの、その苦労人度合いはあがっている。

≪設定≫

アカデミア高等部の一般生徒、だった少年。
第一話での一件により、オーヴァード生徒の仲間入りを果たした。
将来はUGNでの活動を希望している。

○入学前の話
とあるジャーム事件で、姉の秋元あやめを失う。
その際に記憶処理を施されたのだが、不完全だったらしく、おぼろげながらも事件当時の記憶を保持していた。
そのおぼろげな記憶を頼りに、彼は自分の街のUGN支部へとたどり着く。
そこで彼が望んだのはUGNに所属し、「姉の仇を取ること」――より正確には、今後自分や姉のような目にあう人を少しでも減らすこと。
その後、その支部の支部長からアカデミアを紹介され、今に至る。

○入学後の話
レネゲイドに適正こそあったものの発症していなかった彼は、アカデミアで一般生徒として生活していた。
……のだが、RBとして復活していたあやめとの共生により、Bランクのオーヴァードとして覚醒。
共生の途中段階で侵食率が上がりすぎ、暴走してしまうものの草壁修二らの活躍により事なきを得る。
今では、オーヴァード生徒の一人として、得た力をうまく使えるように日々研鑽中。
尚、「姉(しかも重度のブラコン)と共生状態」ということで、最近頻繁に「お幸せに」だの「爆発しろ」だのと言われている。
その度に、風雅は「そういうのじゃないから」と否定している。
とはいえ、いつも「あやめと一緒に写っている写真」が入ったロケットをぶらさげている辺り、「実際お前満更でもないだろ」という説も

○幕間後の話
弓弦織姫さんとお付き合いすることになりました。 ・・・・・・あれ?何かハーレムルート突入?

○第四話後の話
激戦の末、目の前で朱里と小夜子が目の前でジャーム化。一応事件自体は収束し、二人の犠牲もあって彼は還ってくることができた。
しかしその後、二人をジャーム化させてしまったことに責任を感じ、塞ぎこみそうになる。が、自身が助けた(と、言っていいのかはわからないが)少女、比紀籠莉の言葉もあって再び前を向くことを決意する。できればプレシラも救いたかったのは言うまでもない。

尚、朱里の形見として「チェック柄の落ち着いたハンカチ」、小夜子の形見として「折り畳みですらない型落ちの携帯電話」が彼の手元に残った。

○第五話の話
比紀さん絡みで織姫と非常にマズイ空気になったあげく、PLがへたれて織姫さんに逃げられる。しかもユートピアによって織姫さんが悪堕ち。番長連詰所周辺における戦闘で、敵として現れた織姫に「彼女が風雅にとっての一番であること」を証明し、こちら側へと引き戻した。あと、支倉さんから及第点をもらいましたまる。
携帯電話は無事小夜子のもとへ返却。

○第六話の話
一話でお世話になった柚香さんのお手伝いをしつつ、生徒襲撃事件で犯人の疑いをかけられていたディーナ・クラリオーネの面倒をみたりみなかったり。
一件終了後、織姫の元へ戻ったところ何故か柚香が来るわディーナから電話がかかってきた上に誤解を招くような発言をされるわ比紀さんまで出てくるわPLごとあわわあわわ。
そしてその後行われた比良坂さんの歓迎会で何故か織姫と結婚式まがい、というかほぼ結婚式をさせられるという意味不明の事態に。
何故だ。あと、給水塔の上に寝転がってる織姫さん見上げたらヘタレといわれました。何故だ。

○第7.5話の話
四話以降いろいろ溜まっていた因縁をついに昇華。あゆみとあかりを何のかんので取り戻すことに成功。まあ、彼自身はほとんど何もしていないのですが。あと、エンディングで織姫さん(と、こもりん)と同棲することになりました。
あやめ武装化というとんでもないスキルを習得。あとプラネータはオブラートに包んで言うと( ゚Д゚)<氏ね!

秋元あやめ

「弟君に会いたい一心で、向こうから戻ってきたんだよ~」
「弟君のこと、よろしくね」
「……お姉ちゃんは、君がゲームに負けて這い蹲ってる姿が見たいなあ」(第7.5話にて、プラネータに)
【性別】女
【年齢】18(死亡時)
【身長】161
【体重】内緒
【誕生日】7/2
【血液型】A

《容姿・性格》
肩口より少し下までの黒髪に、目は少し色素薄めな鳶色。
いつもニコニコと笑みを絶やさない、優しいお姉さん。
但し重度のブラコンで、風雅に対しては生前も今もスキンシップ過剰である。
因みにスタイルは非常にいい。ないすばでーである。
服は「幽霊騒ぎ」当時は私服(ロングスカート)だったが、現在は一応制服。たまに私服に戻る。
厳密には彼女は生徒でないので、教師陣もあまり気にしていないようだ
  • 第四話以降、朱里の形見であるストールを着用するように。また、小夜子の形見である猫の衣装がついたヘアゴムで髪を結う様に。
  • 第7.5話にて、ヘアゴムをようやく小夜子に返却。ストールはあゆみんに聞いた結果、そのまま持つことに。

《設定》
秋元風雅の姉。かつてあるジャーム事件で死亡したのだが、死後しばしの時を経て、独立型レネゲイドビーイングとして復活を果たす。
記憶がRB化した「転生者」等とは異なり、彼女の場合はあくまで「秋元あやめ本人」がRB化したものである。
魂がRBとして実体を持った、とでも言えばいいだろうか。いずれにせよ、かなり特殊なRBであることは間違いない。
その特殊性のためか、彼女のレネゲイドは独立型として行動するには不安定な部分が非常に多かった。
しかし、風雅の意識への共生を行ったことによって、ひとまず協力型レネゲイドビーイングとしての安定を得た。
独立型だった頃の名残か、現在でも風雅から離れて行動することは、ある程度の範囲でならできる模様。
因みに通常状態だとものに触れない(透ける)のだが、《オリジン:ヒューマン》を使用することで触れることが可能となる

○幕間後の話
織姫と風雅のお付き合いは何だかんだと応援している模様。
エンディングで少し意味深?な発言を織姫に。

○第五話後の話
ヘアゴムはもったまま。

○第7.5話の話
流石にプラネータにはお姉ちゃんも頭に来たのか、らしからぬ恐ろしい発言(上述)をして物議をかもす。
また、小夜子とあゆみんのやり取りを意図せずして聞いてしまったりと、久しぶりにその幽霊をスキルを遺憾なく発揮。
あかりがレネビとして復活後は、自身が一話にてお世話になったこともあって歓迎会を提案したり。
更に今回、武装化というとんでもないスキルを習得した。

《PLより》

どうも、どこまでも自重しないPL兼ぐらますのkinosiです。
せっかくのキャンペということで、作ってみました成長前提のキャラクター。
ピュアブラムの赤き剣白兵です。
Dロイスを一回やってみたかった《奇妙な隣人》にしたら、なんというか妄想が膨らんで大変なことに。
どうしてこうなった。お姉ちゃんのせいでコメディ向けな気がしてならない。
因みにあやめに関してですが。
半分NPCのようなものなので、同卓された方は自由に乗っ取りロールしてもらって構わなかったり。
むしろシナリオに出してもらっても(ry

余談
ここまでのルート数:3本(あやめ、織姫、籠莉)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。