第五話 嘘つきの郷愁

ストライクブレイカー

Trailer




 いつか彼と見た光景
 決して忘れるはずもない
 しかし、彼は覚えていなかった
 その風景も、君のことも
 彼はいったい何者なのか
 君のことを覚えていないというのは、
 嘘か真か――

  ダブルクロス The 3rd edition
  ストライクブレイカ― 第5話『嘘つきの郷愁』

 君と会うたびに
 彼の内に眠る賢者の石が熱く鼓動する





ハンドアウト


 *ハンドアウトには暫定のものです。訂正が入るかもしれません。


 PC1 宝印ミリア佳織用ハンドアウト
 ロイス:ルーク P:懐旧/N:脅威

 いつか公園といっしょにきた河原に君は1人できていた。傾きかけた日が淡くその光景を照らしだす。
 物思いにふける君に、背後から声がかかる。振り返った君はその人物を見て驚いた。
 それがネヴァンズセルのルークだったからだ。彼は君に「確かめたいことがある」と言いだした。


 PC2 手嶋薫用ハンドアウト
 ロイス:ネヴァンズセル P:執着/N:憎悪

 夏休みも終わり、学校が始まった。そんなある日の休日。君の家に客が訪れる。
 ドアを開けた君は驚愕した。何と、それが相田真司だったからだ。
 真司は満面の笑顔で君に話しかけてくる。君はすぐに気づいた。真司の言動にしては明らかにおかしい。


 PC3 日高川桜子用ハンドアウト
 ロイス:シムルグ P:執着/N:恐怖

 夏休みが終わった。君はその日も智子といっしょに登下校を共にしていた。
 そんな時、突然張られたワーディング。そして、息のつまるような殺気。
 目の前に小柄な少女が現れる。君は強烈なデジャヴュを覚えた。


 PC4 矢沢杏奈用ハンドアウト
 ロイス:矢沢大輔 P:信頼/N:悔悟

 君はお母さんとともにお父さんの見舞いに訪れていた。父は依然として目を覚まさない。
 彼をこんな目に追いやった仇、シムルグ。彼女のことは絶対に許せない。
 そんな時、街中で突如ワーディングの気配を感じる。かけつけた君はそこにシムルグと桜子の姿があるのを見る。
 君は桜子を助けるために、咄嗟にシムルグに攻撃をしかけるが……。


 PC間ロイスは1→2→3→4→1
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。