dx_sss10

【今回予告】

あの日、空に伸ばされた、あの手を君は覚えてるだろうか。
あの時遠かった空は今、少しは近くなっただろうか。

“……てーのひらをー、たいようにー、すかしてみーれーばー……♪”

思い出の断片と鎖を胸に、少女は茨の道を歩む。
鳥よ羽撃たけ、懐かしき古巣へ帰ろう。引き換えに何を失おうとも。

「どうせ先は知れておる。若人よ、この老いぼれを憐れに思い、少しばかり夢に付き合ってくれんかな」
「これだ、これさえあれば俺はまたあの栄光の日々に戻れるんだ……!」

FH、
n号機関、
時空連続体理論、
そして≪ファスト・フォワード≫。

「――スカイタワー母苗は皆様に新しい未来を提供いたします――」

Double†Cross 3rd edtion:SSS10
『空を穿つもの –the Skyscraper-』


「できることがあると分かっていて、諦められるのか!? ――答えろッ!!×××ッ!」

――全ての段を積み上げたなら、その手は空に届くだろうか。



※予告・ハンドアウトの詳細は用紙の都合によって変える予定。ご了承くださいませ。

【Hand OUT】

◆守人・竜持
◎ロイス:n号と呼ばれる少女<No."n">
○推奨感情:P>懐旧/N>不信感
 侍たるもの、常在戦場。だからニー…自宅警備員はコンビニに行くのも命がけ。
 君は頼れる友達、相楽・右之助と共にヤンキーどもの視線を潜り抜け無事そのミッションを果たした。 
 そして訪れる歓談の時。「空から女の子でも降ってこないかなー」とか言ってる右之助。
 んなことあるわけないだろうじゃあまた明日。…おや、君の頭上にブラックホール?が出現したぞ。

◆真宮・陽良
◎ロイス:“天運を試す塞翁” 鬼道泰隆<Kidou・Yasutaka>  
○推奨感情:P>有為/N>脅威
 テレビ母苗の木下・草路(きのした・そうじ)は思いつき企画に定評がある。
 いきなり「緊急実現!ベテラン&年若きリーダー、巨大グループの二大会長が生・対・談!」とかやっちゃうくらいには。
 そんなわけで君はテレビ母苗に来て鬼道コーポレーションの会長としゃべくる番組に臨んでいるのだった。
 番組自体はつつがなく終わり帰ろうとした時、鬼道は君に二人での会談を求めてきた。
 君の未来に関わる、重大な話だと。少し、嫌な予感がした。

◆日島・和秀
◎ロイス:“ディアボロス”春日・恭二<Kasuga・Kyouji>
○推奨感情:P>同情or有為/N>指定なし
 最近、母苗市では地震が多い。せっかく君が少しは平穏に暮らせているのに、足元から乱れるようで不安になる。
 そう思ったかは知らないが、君はUGNの依頼で不審な地震の原因調査を行っていた。
 すると君の前に伝説でさいきょうのオーヴァード春日恭二があらわれた!うわーもうだめだー。君はこの戦いに勝ってもいいし負けてもいい。
 そして彼は“スカイスクレイパー”という謎の言葉を残して去っていくのだった。何だそりゃ。

◆別当・宣視
◎ロイス:真宮邸への侵入者
○推奨感情:P>指定なし/N>恥辱
真宮陽良がテレビ母苗に向かっていたその頃。君は珍しく体調を崩し真宮邸での仕事に当たっていた。
だが体調には特に気をつけていたはずだが…?
そう思いながらも仕事をする君に、優しいメイドが食事を運んできてくれた。
そして優しく薬を入れて、君に差し出してくれた。…あれ?何か、おかしくね?



【情報概略】

●鬼道コーポレーション
 真宮グループに匹敵する大手グループ。真宮グループに比べると鬼道のワンマン的経営が特徴。
 鬼道コーポレーションとしての設立は50年位前。鬼道が独自に資金を集めて設立した。
 だがもっと古くから続く組織が母体となっているという噂もある。
 今までは母苗市から離れたところで手広く商売。社会活動をやっていた為、今回のスカイタワーが本格的な母苗市への参入となる。
 母苗市民にしてみれば「ああ、大きな会社だよね。でも母苗市には真宮あるし」みたいな感じ。
 傘下の企業は鬼道建設、キドウ製薬、kidouバイオテクノロニクス等。あと企業ではないが孤児院や福祉施設などもある。

●“天運を試す塞翁”鬼道泰隆(きどう・やすたか)
 鬼道コーポレーション会長、御年76歳の老人。左目に眼帯をしており、杖を常用しているが背筋は真っ直ぐで細めの体型。髪は全て白髪。
 メディアにはよく温和な爺さんとして露出している。経営で有名だが、同時に研究者などの肩書きを持つマルチタレント。
 いい噂も悪い噂も沢山ある人物。

●:“ディアボロス”春日・恭二(かすが・きょうじ)
 公式NPC。RB1、p295参照。かなりの有名人でありでんせつのおーヴぁーど。かれはとてもつよいんだ。

●スカイタワー母苗
 今度海沿いに建設される予定の高層マンション。70階建て。母苗市から見ると南西に車で1時間くらいの位置。
 隣の弥高市との境に近いところが建設地の為、母苗市民には微妙に認知度が低い。
 母苗ディスティニーランドが近いこともあり、家賃が高くセレブ層向けの物件である。
 鬼道コーポレーション傘下の建設会社が主体となって作っている。

●n号機関
 ヘルメス、そしてプロジェクト・アダムカドモンの流れを継ぐ者たち。

●「神殺しの理法」
 n+1。nには好きな数字を代入せよ。それが解となる。

●“世界警備員”相楽・右之助
「この空の下が俺の家だ!この世界全てが俺の自宅だ!だから俺はこうして自宅を守ってる!」
 守人竜持の数少ない友達。重度の修行マニアであり、やはりニー…いやいや自宅警備員。
 上記のセリフのようなことを言いつつよく昼間からそこら辺をうろついている。
 格好はサラシを巻いた上に胴着を羽織り、下にはGパンと下駄を履くというやはり何か間違った格好。でもいい奴。

●天螺旋院・鳥子(てんらせんいん・とりこ)
 綾小路恵理子のクラスメイト。両親とも日本人のはずなのに金髪碧眼でドリンドリンの縦ロールという不思議髪型。
 絵に描いたようなお嬢様。ドリ子、もしくドリル子と呼ばれると怒る。
 タイトルに関係するニオイもするが、純粋なノリの副産物です。だが今回は登場、基本的に見送りッ!

●鳶石・一二三(とびいし・ひふみ)
 真宮邸で働くメイドさん。25歳くらい。割とモブい。厨房仕事寄りの雑用担当でありそれなりに昔からいるような気がする、が。

●木下・草路(きのした・そうじ)
 テレビ母苗の敏腕?プロデューサー。SSS06に登場。
 「忍者戦隊ニンニンジャー!」を月9にするなど、思いついたら男は度胸。何でも試してみるものさ!な人。
 42歳の割に若く見えるとあるのでGMの中では目がキラッキラッしてる。


<After play>
  • ストーリー
 コンビニ。時空震とともに竜持の元に未来から謎の時間旅行者n号が落ちてきて、すぐに去る。
  ↓
 頻発する地震を調べていた日島の元に“ディアボロス”春日恭二襲撃。負けたフリに気づかずいい気になって去る。
  ↓
 真宮邸。別当、数日前から密かに抗レネゲイド剤を盛られ具合が悪い。実は鬼道の符で操られた鳶石・一二三のせいだった。
 知覚判定ファンブルを振ったせいで彼女の怪しげな挙動に全く気づかず、自白罪をなんなく注射されあばばばばな状態になる。
 その後“現在の”n号が襲撃、真宮のクーフーリンの資料を求める。だが救援が来てすぐに退却。
 ↓
 真宮陽良、テレビ母苗にて鬼道泰隆と会談。「頼む、孫をもらってくれ」という鬼道に驚く真宮。
 またn号機関の「時空を越える研究」にさそわれるも、真宮は鬼道の誘いを両方断る。
 ↓ 
 鬼道はプランBを発動。研究の邪魔を排除する為、真宮グループの力を押さえる方向に走る。
 偽の真宮がダミーの死体を殺害した場面を目撃させ、また真宮グループの偽の悪事証拠を作成。真宮殺人犯疑惑を発生させた。
 あとついでに「日島が実は真宮の愛人疑惑」も付け足したら、意外とこれが一番ダメージが大きかった。
 ↓
 再び竜持の前に現れるn号。彼女は過去跳躍実験による未来の惨状を見せ、データチップを竜持に渡す。
 同じ頃、真宮は日島のもとを訪れ救援を仰ぐ。
 ↓
 緊急で、使用人会議を収集する別当。汚名を挽回しようと頑張る。そこに真宮、日島、獅子堂に言われて来た守人が合流。
 守人の持ってきたデータチップや使用人たちの卓越した情報収集などにより、鬼道の目的が判明。
 n号をスカイタワー母苗=巨大レールガン「スカイスクレイパー」によって発射、世界の壁を越え過去へ跳躍すること、それによって母苗市が壊滅するであろうこと。
 また、鬼道の目的は「似ているけど異なる過去」パラレルワールド発生によるNPCのPC化だと判明。
 ↓
 n号の正体が守人の幼馴染、鳴瀬飛鳥だと判明。記憶を消され爆弾を埋め込まれ実験体「n号」として鬼道に使われていた。
 ↓
 スカイスクレイパーにエネルギーを送る子機が廃工場にあると判明。
 真宮の光の槍により、スカイスクレイパーの子機は一瞬で破壊。
 ↓
 スカイタワー母苗。符で操られたn号・ディアボロス・またPCたちを相手にするために若がえった鬼道が待っていた。
 ビルの側面に立ちながら、未来の風景、荒廃した母苗市を見下ろしつつ最終戦闘。
 鬼道泰隆は奮戦するも、真宮と日島の合体阻害を喰らい、守人竜持の二連撃に倒された。
 ↓
 エンディング。それぞれが平穏に帰っていくが、日島の前にはマスターレイス03・カインが現れた。
 コードウェルからの「よくやった。もっと精進を積むように。もうすぐ迎えにいく」と言う伝言を伝えられる。
 少しの謎を残しつつ、物語は閉幕。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。