大燦寺 光照

設定

 世界を裏から牛耳っちゃってもいいんじゃないかなー的な超フランク名門「大燦寺」家の第三男。
 現在は、私立ゴットフリート大学4年生。22歳。
 街を歩けば、10人中50人が振り返るほどの超美人。(ライフパス:神の恩恵)
 特異点が服を着ているような体質であるため、うっかり気を抜くと美しいものを呼び寄せてしまう(註:本人談)。
 そのため、時空管理局に接触され、「頼むから変なもの呼ぶのやめてー!」と泣きつかれたので、仕方なく協力してやっている(註:本人談)。
 本人はこの体質を「ビューティフル・ディメンション」と名づけている(註:時空管理局は「突発性時空歪曲症候群」と呼ぶ)。
 なお、シャードはどこかにあるのは間違いないはずなのだが、どこにあるのか(というかどれがシャードだったのか)うっかり忘れてしまっている。
 将来の希望職種は、花屋さん。

キャンペーン後に思うこと。

 よく考えたら、パーティ中、どころか、登場した全キャラ中、唯一、辛い記憶も暗い過去もない、平凡な男。
(よほどの端役NPCは除くけど)
 唯一の謎であった「シャード、どこ?」も解決済み。(それは俺の心です)
 そのせいか、現在を苛む過去の重さに苦しむ他のキャラに対して、「自分の過去の経験」からは説得力のある言葉が出てこないキャラなんですよねー。
 何か重い過去でも背負わせようか、と一瞬だけ考えたこともあったけど、ない方が光照らしい気がして、結局そのまま続行。
 山本弘・著「神は沈黙せず」で、小説家の人が、「辛い過去を持った人がうらやましい!(自分にはそういう経験がなく、あれば小説を書く役に立つから)」とか言って、辛い過去を持つ主人公にブチギレされていたけど、確かに、辛い記憶、重い過去があった方が、キャラクターの人格の深みが出しやすいし、そういう設定を抱えたキャラを叱咤・激励する上でも、「俺だってこんなことがあったけど頑張ってるんだ!」と説得力を出しやすい。
 実際、そういうのがあった方が、プレイヤーとしても口出ししやすいんですが……まあ、光照はない方向で頑張っていきたくなるキャラでしたね。
 過去に理由があってこんな性格になったんではなく、生まれつき、「美しく在る」ことを心がけてきたせいで、こんなことになってしまったのだろうと。
 目標としては、「武装錬金」のカズキ(一切、暗い過去設定のないポジティブヒーロー)と、パピヨン(暗い過去を強烈な個性でブッ飛ばしたダークヒーロー)を足して2で割った感じでした。
 まあ、カズキの場合、途中で重い設定が生えるんですけど。それまでも、そのあとも、徹底してポジティブヒーローを貫く辺りを見習いたかったですね。

え? 新しいキャンペーン? マジで?

 半年後なら、まだ大学4年生。就職の心配はないので、悠々自適。なんて奴だ。
 1年後なら、花屋「ビューティフル・ディメンション」を開店予定。(その辺に普通にありそうな、個人経営の小さな花屋)
「やあ、おはようございまーす。いやー、今日は一段と俺美しい!」
 とか近所の人に言いながら、N市内で、慎ましやかに経営しているに違いない。
 レベルは24がいい。


クラス

ホワイトメイジ10 サモナー4 リターナー3
イドゥン ブラギ バルドル

能力値

能力値 筋力 反射 知覚 理知 意志 幸運
基本値 12 11 15 13 13
BONUS +3 +4 +3 +5 +4 +4

戦闘能力値

戦闘能力値 命中値 回避値 魔導値 抗魔値 行動値 耐久力 精神力
現在値 10 13 15 14 15 44 63

装備

防具:プリヴェントリング
その他:時空障壁

ライフパス

神の恩恵:美形
ディレットタント:資産家

防御性能

炎/雷/氷 光/闇
12 12 12

特技

《イノセントゾーン》:結界を張る。
《ヒールⅠ、Ⅱ》:肉体を治癒する。
《マジックシールドⅠ、Ⅱ》:防護障壁を張る。
《ムーンライト》:美しい光でムーディな雰囲気を演出。
《シンパシー》:感情を理解する。
《スロウ》:相手の行動値を低下させる。
《キュア》:バッドステータス治癒。
《レジストマジック》:抗魔値を高める。
《テレパシー》:意思疎通。
《ニュートラライズ》:10レベル以下の魔法を打ち消す。
《フィジカルエンチャント》:命中・回避を上昇、ダメージ+1D6。
《ブレス》:すべてのクリティカル値を-1する。
《レイズⅡ》:蘇生&バッドステータス治癒。
《リジェネレイト》:自動的に体力を治癒する。
《ホーリーブレイド》:ダメージを〈光〉属性とし、威力を上げる。
《ワープ》:時空歪曲瞬間移動。
《プロテクションⅡ》:特定の属性の威力を半減する。
《ホーリーストーム》:〈光〉属性の範囲攻撃。
《リリース》:他者の対抗判定を魔導値でやり直す。
《インタラプト》:行動値に関係なく行動。
《サモンカード》:「種別:魔」の特技をサモナーの特技として扱う。
《マルチドロー》:サモナーの特技の対象を5体とする。
《小悪魔の微笑》:微妙に自身の達成値UP。
《岩石の壁》:自身の実ダメージを軽減。
《ファストドロー》:行動値をUPする。
《マインドロック》:他者の判定のダイスを+1する。
《時空間移動》:いきなり戦闘移動を行う。
《情報端末》:情報収集の達成値を高める。
《時空障壁》:防御力を高める。
《グローリーアフター》:他者のクリティカル時、そのダメージをUP。
《シンギュラリティユーザー》:他者のクリティカル値を下げる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。