Ellean(作成時)_赤い手

キャラクターデータ


名前: エルレアン・"シィリエル"
クラス: スピリットシャーマン5
種族: 人間
属性: 真なる中立
信仰: 精霊信仰
性別: 女性
年齢: 19歳
身長: 5フィート2インチ (157.5cm)
体重: 89ポンド (40.3kg)
経験値:10864
資産合計:9000gp


能力値

【筋力】8(-1)【敏捷力】12(+1)【耐久力】14(+2)
【知力】14(+2)【判断力】15(+2)【魅力】16(+3)

HD : 4d8+18
AC : 15 = 10 +1(敏) +2(鎧) +2(盾)
接触 : 11
立ちすくみ : 14
移動速度 : 30ft
セーヴィングスロー
頑健 +4 +2 ±0 = +6
反応 +1 +1 ±0 = +2
意志 +4 +2 ±0 = +6  ([精神作用]の呪文には+3)

基本攻撃ボーナス +3
組み付き +2

技能

  • (( )内は相乗効果及びその他の修正値、クラス外技能は[ ]で記す)
〈騎乗〉9 = 8+1、〈視認〉12 = 8+2(+2)、〈水泳〉0 = 1-1、〈精神集中〉15 = 8+2(+5)、〈生存〉7 = 5+2、〈呪文学〉10 = 8+2、〈知識:自然〉3 = 1+2、[知識:宗教]3 = 1+2、〈知識:地域〉3 = 1+2、〈知識:地理〉3 = 1+2、〈知識:歴史〉3 = 1+2、


特技

《フェイの末裔》(Lv1)
《巻物作成》(LV1)
《鋭敏感覚》(sps1)
《円熟の術者》(Lv3)

特殊能力

先導精霊(蛇、象徴:力、生命力、潜在力)
野生動物との共感(変則)
精霊退治(超常)
精霊感知(擬呪)
精霊の祝福(擬呪)
先導精霊の導き(超常)

言語

共通語、火界語、水界語、地界語、風界語、森語

運搬能力

軽荷重:~26 中荷重:~53 重荷重:~80

装備


近接武器:クラブ(+2、1d6-1、20/×2、殴打、3ポンド)
盾:ダークウッド製ヘヴィシールド(AC+2(盾)、判定ペナルティ±0、5ポンド)
鎧;レザー(AC+2(鎧)、【敏】上限+6、判定ペナルティ±0、10ポンド)

外套:チュニック・オヴ・ステディ・スペルキャスティング(-)


その他の持ち物

ヒューワーズ・ハンディ・ハヴァサック(5)
ベルトポーチ(0.5)
呪文構成要素ポーチ(2)
50gp相当のクォーツ(アイスランスの焦点具)

ヒューワーズ・ハンディ・ハヴァサック

  • 主要部分(74.5/80)
携行用寝具(5)火打ち石と打ち金(-)麻のロープ50ft(10)陽光棒2本(2)ペン(-)インク(-)紙5枚(-)チョーク×2(-) 水差し:陶器(5)鍋(10)バケツ(2)樽(30) 袋(0.5)、エール1ガロン(8)

  • ポーチ1(17.5/20)
マグカップ:陶器(1) ジョッキ:陶器(1)、ワイン(上等:ボトル)(1.5)
保存食10日分(10)水袋(4)
  • ポーチ2:実質スクロール入れ(-/20)
スクロール1
1:サモン・ネイチャーズ・アライⅤ(術者Lv9)、2:サモン・ネイチャーズ・アライⅤ(術者Lv9)、3:コール・ライトニング(術者Lv5)、4:空白

スクロール・オヴ・カウンターエア
1:ダウンドラフト(術者Lv5)、2:アース・バインド(術者Lv3)、3:アース・バインド(術者Lv3)

スクロール・オヴ・アニマル・アファニティ
1:キャッツ・グレイス(術者Lv3)、2:キャッツ・グレイス(術者Lv3)、3:空白、4:空白、:5空白、6:空白

スクロール・オヴ・ニュートラライズ・ポイズン(術者Lv5)
スクロール・オヴ・リムーブ・ディジーズ(術者Lv5)
スクロール・オヴ・マス・カモフラージュ(術者Lv5)
スクロール・オヴ・アニマル・メッセンジャー(術者Lv3)
スクロール・オヴ・レッサー・レストレイション(術者Lv3)
スクロール・オヴ・スピーク・ウィズ・アニマル(術者Lv1)
スクロール・オヴ・オーメン・オヴ・ペリル(術者Lv5)
スクロール・オヴ・ティテクト・スネアーズ・アンド・ビッツ(術者Lv1)

ベルトポーチ

小銭(3gp、5sp、4cp)


所持金 計3gp、6sp、4cp
運搬荷重: 23.50ポンド(軽荷重)

乗騎

ライト・ウォー・ホース
軍用鞍、鞍袋、はみとくつわ


呪文発動能力

  • 秘術呪文、ドルイド呪文、術者レベル5
  • セーヴ難易度: 13+呪文レベル
  • 使用回数 0Lv:6/1Lv:7/2Lv:5/3Lv:2

背景設定

詳細はしばらくお待ち下さい。

名前の由来とか

名前、氏族名共にエルフ語(自然の種族記載のエルフ語命名表)を参考にした。
エルレアン(ellean)は el(緑) - lean(娘)で 緑の娘
シィリエル(syliel)は syl(妖精、フェアリー) - iel(贈り物、与える者、天賦の才) 妖精の贈り物
という意味合いとなります。
人間の氏族なのになぜエルフ語の名なのかについては3つの仮説を
①魔女の森北部、黒沼近くのエルフの集落、あるいはその他のエルフとの交流から
名前については、エルフに名づけ親名付け親になってもらった、あるいは音を拝借した。氏族名については昔の氏族名を区別する必要がなかった時代にエルフ達がつけたものが定着したというあたりを考えています。

スピリットシャーマンについて *1

 スピリットシャーマンは物質界に存在する超自然的な存在(スピリットシャーマンは彼らを"精霊"と呼ぶ)と人々を仲立ちする祭祀である。彼らは数多の力ある精霊、あるいはその中でも深い結びつきを持つ「守護精霊」との契約を原泉とし、魔法等の特徴的な力を振るう。彼らは人間を始めとする人型種族達が精霊達に敬意を払い、適切な関係持つよう助けるために存在し、活動している。
 具体的には自然の精霊(エレメンタル)に穏やかな天候への感謝を捧げ、祈り。いたずら心あふれた森の精霊(スプライト達)には自重を求め、また彼の護りに感謝する。危険な死の精霊(しばしば悪の属性を持つゴーストやファントム)を敬して遠ざけ、時に調伏する、といった按配である。
 彼らの信仰は、現世での「正しい」生き方を規定し死後の行方を左右する神格への信仰と異なり、現世での健やかな生を守護する為のものである(もちろん多くのクレリックも結局は同様の役割を果たしている)。
 先達のスピリットシャーマンから精霊との親交の術を学んだ若きスピリットシャーマンはしばしば部族の祭祀としてふさわしい英知と経験を得るためにしばしば修行の旅に出される。



エルレアンの背景設定について

 魔女の森の北部にひっそりと存在する半未開の集落の、精霊を崇め奉る氏族の子として生まれる。
シィリエルの氏族には偉大なる祖先たるスピリットシャーマンの一人が修行の末自らを精霊へと昇華したという伝説が伝えられており、時折フェイのような擬似呪文能力を生得する子が生まれる事が知られていた。
 その中でも特に色濃いフェイの血を持って生まれたエルレアンは程なくして氏族の後継者として選ばれ優秀なスピリットシャーマンとしての道を歩み始め、同時に廃れつつある精霊への信仰に苦悩する事になる(なにせ彼女の集落にも気が付けばファラングンの社が築かれ、ペイロアや聖カスパードの巡回司祭が人気を博していたりするのだ)。
 神格を崇めるクレリックやパラディンに対して反発するほど幼稚では無いが、無駄な対抗心を抱くようなそんな年頃の折、部族での修行の第1段階を終えたエルレアンは修行の旅に出るよう言いつけられるのであった、まる。

性格とかロールの指針とか

  • 享楽的で明るい性格だが、上記の背景からか自らの信仰に対しては驚くほど真剣である。たぶん。
  • エルレアンは酒好きである(PLの印象でフェイたちがそうなように)。しかし彼女は単なる酒好きではない。事実彼女の装備品に酒の類が多く含まれている。酒精(アルコール的な意味合い)という言葉をご存知だろうか。そう、彼女にとっての飲酒は信仰の一部なのである。たぶん。
  • 貧乏性なのか金勘定には五月蝿い。いらなくなったものを処分するのにも難色を示す(これは全てのものに精霊が宿るという考えのものである)。だが、収入があったときパーティー内で資産が平等に分配されているかを気にかける(自分のが妙に多ければ申告する)。単なるケチではない。

属性について

 エルレアンの属性は"真なる中立"である。多くのスピリットシャーマンがそうなように彼女の"真なる中立"は特別な意味を持つ。それはウィザードに見られる『あらゆる属性に価値を見出さない"真なる中立"』やドルイドに見られる『"真なる中立"の性質をもつ自然との合一を目指した"真なる中立"』とは異なる。
 エルレアンは精霊の全てが人間に対して友好的ではなく、人に悪意を持つ精霊すら存在する事を理解している。そして悪の精霊すらも、彼女達にとっては信仰の対象である。全ての精霊を受け入れ、容認し、信仰するため彼女は善悪、秩序と混沌といった概念から一歩引き、中庸の態度を心がけている、
 彼女自身の資質はどちらかといえば善と混沌に親しい。だが、彼女は信仰への真摯な心がけにより"真なる中立"的な属性を維持している。


出身地とか


氏族について

エルシア谷の中心部にある魔女の森の更に奥深い中心部
魔女が瀬の町から魔女の小川を40マイル程下った先にシィリエルの集落はある

人口は100に満たず、ほぼ全てを人間が占める
住民達の容姿はエルシア谷に住む一般の人間とは少し異なり、エルフやフェイに似た特徴が見られる。また、総じて小柄で華奢である。
住民にはフェイの擬似呪文能力を持つ者が散見され、このことから過去に彼らとフェイとの混血があったと思われる

"精霊"を対象とした独特の信仰形態を持ち、祭祀を司る者を氏族の長とする。
彼らは"精霊"を由来とする呪文の扱いに長け、氏族のものに恩恵を齎す。
事実、彼らのプラント・グロウスの呪文のために集落周辺の実りは豊かである
また、氏族の守人としての役割も担う

しかし"精霊"が何なのか理解しているもの住民にも少ない。
氏族には精霊と交わり、ついには自らも"精霊"となった偉大なスピリットシャーマンの伝説が口伝されているが、そもそも彼がどのような”精霊”を奉じていたかは不明である。また、彼の実在は証明されていない
実態は西方に見られる精霊信仰に近いが、祖霊とフェイ、エレメンタルに対するものが強調されている

魔女が瀬の町や黒沼の野エルフの部族と交流を持つ
魔女の森に原生する動植物から作られる練金術アイテムを特産とする


魔女の森は魔獣やフェイ、トロール等が生息し、人にとっては余りに危険な地である

外敵の侵入を防ぐ地形、実り豊かな自然、
そして、フェイの血の恩恵を受けた住人達
彼らがささやかに暮らすためだけに用意されたかのような集落を見たあるエルフはこう言った
彼らは妖精から贈り物を受けた者達なのだ、と

「エルシア谷ガイド 民明書房」 より




呪文想起の為の祈り

ルール上決定しておくのが重要と思われたので表明しておきます(参照:PHB p.177)。

 エルレアンの精霊への(呪文準備の為の)祈りは十分睡眠を取った後の、起床して直ぐの時間に行われなければならない。(奇襲等で時間を取るのが不可能な場合はルール通り、その後の可能な限り早い時間となる)

 多くのクレリックやドルイドと同様にエルレアンも祈りを捧げるためにパーティーの他の人員よりも少し早い時間に起床する。
 祈りは自然のものか、クリエイトウォーターによって作られた清らかな水を用いて心身を清める事から始められる。それからなるべく多くの精霊を感じる事が出来る環境を用意(場合によっては火をおこす、窓を開ける、地面の上に正座する、土や水を袋や桶に入れて周囲に置く等の作業を行う)し、その中で数十分~1時間の瞑想が行なわれる。身を清めてからの時間が大体1時間に達した辺りで(ルール通りに)呪文の想起は完了する。

 これらの作業は実のところ必須ではない(起床後に、祈りをささげさえすれば呪文の準備の為の条件は満たされる)が、エルレアンは「決められた祈り手順」の出来る限り履行しようとする。

成長履歴&計画

クラスレベルと特技

履歴

  • 1 スピリットシャーマン1
    • 特技(1Lv時);《意思を疎通する者》 アーケイン・マーク、メッセージ、コンプリヘイト・レンゲージの擬似呪文能力、各1回/1日
    • 特技(人間ボーナス):《フェイの末裔》 [精神作用]の呪文、擬呪への意志セーブに+3の無名ボーナス
    • クラス特徴:先導精霊(蛇、象徴:力、生命力、潜在力)  実質《鋭敏感覚》
    • クラス特徴:野生動物との共感(変則)          魔獣には作用しない。

  • 2 スピリットシャーマン2
    • クラス特徴:精霊退治(超常)  

  • 3 スピリットシャーマン3
    • 特技:《円熟の術者》 
    • クラス特徴:精霊感知(擬呪)  "精霊"に対するディテクト・アンデット
  • 4 スピリットシャーマン4
    • 能力値上昇;判断力14⇒15
    • 再訓練 特技:《意思を疎通する者》⇒《巻物作成フェイの末裔》 巻物を作る

    • クラス特徴:精霊の祝福(擬呪)  "精霊"に対するプロテクト・フロム・イーヴィル

  • 5 スピリットシャーマン5
    • クラス特徴:先導精霊の導き(超常)

  • 6 スピリットシャーマン6
    • 特技;《フェイのたしなみ》 チャーム・モンスター、ディスガイス・セルフ、ディープ・スランバーの擬似呪文能力、各1回/1日
    • クラス特徴:霊体の闘士

成長計画

  • 7 スピリットシャーマン7
    • クラス特徴:精霊の護り  マジック・サークル・アゲインスト・イービルの擬似呪文能力(発動1分、持続10分、1回/日)

  • 8 スピリットシャーマン8
    • 能力値上昇;判断力15⇒16

  • 9 スピリットシャーマン9
    • 特技;《フェイの血の恩恵》 ディメンジョン・ステップ、サモン・ネイチャーズ・アライⅤ、コンフュージョンの擬似呪文能力、各1回/1日
    • クラス特徴:精霊形態 アストラル体化 1分/日

  • 10 スピリットシャーマン10
    • クラス特徴:先導精霊魔術  先導精霊が呪文の精神集中を代行 1回/R


  • 余分にもらった1000経験値を使い切るか、ラストブレスのスクロールを複数枚確保した辺りで《巻物作成》を再訓練予定。何にするかは未定(《呪文発動時間短縮化》が有力)
  • それと連動して《円熟の術者》を《即時呪文威力最大化》辺りに可能性も。ただ、10レベル時で大きな戦闘をこなす事になりそうなら、《円熟の術者》のままスクロール・オヴ・グレーター・エレメンタルorサモン・ネイチャーズ・アライⅦorサモン・エレメンタル・スウォームorサモン・エレメンタル・モノリス(流石に後者2つは冗談臭い)辺りを使ったほうがかっこよく強い気がしないでもないです。

  • エア・エレメンタルに乗りたいです。

PLの言い訳

キャラクター面

 キャラクターのモチーフは具体例を挙げるなら「狼の香辛料」のトート=コルだったり「東方project」の東風谷早苗だったり。抽象的には廃れかけた信仰に為に必死にがんばっている才能ある善人という辺りです。あ、「狼と香辛料」はおススメですよ。中世世界のエキスパートの暮らしが活き活きと描かれていて妄想の助けになります。

  • 頭の悪い仕込みネタ
 エルレアンにはフェイ(スピリットシャーマン的には精霊)の血を継いでいます。ゆえに「精霊を信仰しましょう」=「私(や私の一族を)を信仰しなさい」という意味になってしまいかねません。
 だからこそ信仰に真剣だったり。布教に熱心だったり、仲間に対しては冗談まがいになってしまう、みたいな行動の背景になっています。たぶん。

データ面


 データ面ではスクロールを3つ、7箇所ほど「書き足し」ルール用にスロットを空けています。設定的な言い訳は一応する予定です。なお、スクロールの名前はそういうアイテムがあるわけではなく、エルレアンが勝手に呼んでいるだけです。



  • 相変わらず更新の際にお酒が入ってる件 -- t-jun (2009-02-21 04:58:45)
  • お酒が入っていないときに誤字を修正しただけです。 -- t-jun (2009-02-24 04:55:11)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。