Another World's Requiem > 舞台設定

・舞台設定

【蒲市】

ちょっぴり田舎の町。
学校があるおかげか多少はにぎわっており、コンビニとかゲーセンとか映画館とかはある。
が、若者的は流行に乗るために一時間ほどで行ける福岡まで出て行ってしまうこともしばしば。
結果ぼちぼちの賑わいを中心部では見せながら、少し遠くへ行くと畑が現れここは田舎であるということを思い出させてくれる町となっている。

【謎の町(蒲市?)】
PC4が迷い込んだりPC5がたどり着いたりした謎の町
住人は全員白い仮面をつけていて怪しげだが、学生は学校に通っているなどある程度人々の行動は蒲市と変わらないようだ。
ただ、皆が皆全く同じ行動をとっているわけでなく、いつもの町と違う様相を呈している。

ちなみにPC5は結構長距離歩いてここに到達した、気がする。
正確なことは本人も覚えていない。

・ペルソナについて

【発現方法】
作中での説明は一話でやりますが、今回のペルソナ発現方式は「小瓶を呷る」です。
小瓶そのものはどこからともなく現れます。
キャラクターイメージの参考に。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。