【DX3rd】虚栄主義者の無調曲 > 遠里冥夜

"終物語(grand finale)" 遠里冥夜(ひとやめいや)

「此の物語は、最初から終わった物語。終末を待つ、終わりに向けた物語。」
「ううん、違うかな。私が最初から人であれたら…もしくは、人になど憧れなければ…始まりもせず、終わりを待つこともなかった…悲しい物語。」

≪プロフィール≫

【コードネーム】
【性別】女
【年齢】8歳
【身長】低い(122cm)
【体重】軽い
【誕生日】8/23
【星座】乙女座
【血液型】不明
【ブリード】クロス
【シンドローム】ブラム・ストーカー/ソラリス
【ワークス/カヴァー】レネゲイドビーイングC
【ロイス】
Dロイス:起源種 専用レコシ
Dロイス:亜純血 ピュア特技取得 帰還の声指定
此花ちさか ■友達 □悔恨 私の友達は…ちさかの二人だけです

【ライフパス】
出自: 感情の欠落(怒り)
経験: 喪失
邂逅: 慕情
覚醒: 生誕
衝動: 加虐

【能力値・技能】
肉体:1
感覚:2
精神:3 <知覚>1 <RC>5 <意志>1
社会:3 <交渉>1 <情報:UGN>2

【副能力値】
 基本侵蝕率:42
 HP:24/15
 行動値:7/21

【エフェクト】
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵蝕値 制限  備考
- 《リザレクト》 - オート x HP回復。
- 《ワーディング》 1 オート 0 エキストラ除外。
RB1 《ヒューマンズネイバー》 1 常時 自動成功 自身 至近 RB 衝動判定D+Lv、侵食率レベルアップなし、侵蝕基本値+5
RB2 《オリジン:ヒューマン》 1 マイナー 自動成功 自身 至近 2 RB シーン間、エフェクトを使用した判定達成値+Lv
BR1 《赤色の従者》 1 メジャー 自動成功 自身 至近 5 従者を1体生成、最大HP[5Lv+10]、従者存在時、D-3
BR2 《赤河の従僕》 4 常時 自動成功 自身 至近 従者の能力値+Lv
BR3 《血の絆》 1 メジャー 自動成功 自身 至近 3 従者はシナリオ間持続
BR4 《不死者の人形》 1 メジャー 自動成功 自身 至近 1 従者を特定の人物に変身させる。見破るには知覚対決。
BR5 《栄光の血》 3 オート 自動成功 単体 視界 4 80% 自身以外の判定達成値+3Lv、HP-1D、ラウンド1回
BR6 《オープンペイン》 3 オート 自動成功 単体 視界 4 加虐120% ダメ+[Lv+1]D、ラウンド1回
SO1 《戦乙女の導き》 3 メジャー <RC> 自動成功 単体 至近 2 次の主行動D+Lv、攻撃力+5
SO2 《流血の胞子》 1 メジャー <RC> 対決 視界 2 命中時邪毒Lv
SO3 《癒しの水》 1 メジャー <RC> 自動成功 視界 2 HP回復[LvD+【精神】]
SO4 《狂戦士》 3 メジャー <RC> 自動成功 単体 視界 5 80% 次の主行動C値-1、D+2Lv
SO5 《さらなる力》 1 メジャー <RC> 20 単体 至近 5 80% 未行動化、対象変更不可、ラウンド1回
SO6 《タブレット》 1 オート 自動成功 自身 至近 2 視界化、シーンLv回
SO7 《多重生成》 2 オート 自動成功 自身 至近 3 リミット 対象を[Lv+1]体に
SO8 《帰還の声》 1 オート 自動成功 単体 視界 6 ピュア 対象の使用回数制限1回回復、シナ1回

【イージーエフェクト】
名称 Lv タイミング 難易度 対象 射程 侵食値 備考 内容
《生命治癒》 1 メジャー 自動成功 単体 至近 RC判定 非オーヴァードの回復
《誘蛾香》 1 メジャー 自動成功 単体 視界 交渉判定 動物や虫を使役
《声無き声》 1 メジャー 自動成功 シーン選択 視界 RC判定 遠隔意思疎通
《隠し味》 1 メジャー 自動成功 効果参照 至近 味の変化
《竹馬の友》 1 メジャー 自動成功 単体 視界 交渉判定 信頼できる友と錯覚させる
《かぐわしき鮮血》 1 メジャー 自動成功 自身 至近 RC判定 血の香りで個人捜索
《かしずく歯車》 1 メジャー 自動成功 自身 至近 技能判定 精密作業
《ブラッドリーディング》 1 メジャー 自動成功 単体 至近 知覚判定 体液から情報読み取り

【アイテム】常備化P:6 財産P:6
名称 種別 常備化 詳細

【武器】
名称 種別 技能 命中 攻撃力 ガード値 射程 備考

【思い出】
対象 思い出 取得 昇華
此花血沙
此花血香

≪更新履歴≫

(初期作時)
名称 種別 個数 経験点
エフェクト 取得 13 195
エフェクト 追加 12 60
イージー 取得 8 16
能力値 追加 0 0
技能 追加 5 9
初期作130+追加150 280
1話後:+23点、2話後+25点

≪容姿・性格≫

白髪で長髪ポニテの美少女。日本人離れした容姿であることから、東北出身というと驚かれる。
ご飯大好き、外で遊ぶの大好きな、年相応の少女。それ故に戦闘などは慣れておらず、失敗もするし、なんで人は殺し合うの?とかそういうことを言う。しょうがない、8歳だから。

本性は加虐の権化。通常時はその加虐性を従者であるちさかの二人に分割しているが、暴走するとその二人を食い殺す形で同化し、本性を取り戻す。なんで人は殺し合うの?殺しちゃったらもったいないじゃない。とかそういうことを言う。しょうがない。8歳だから。

≪設定≫

0.0 大嫌いとの出会い
私は生まれた時から人間ではなかった。レネゲイドビーイング。ゼノスという機関で都築京香という同い年ぐらいの女の子に教えてもらったところによると、私たちの本当の名前はそういうらしい。ただ、村の人達は、私達家族を「吸血鬼」と忌み嫌った。私には、みんなと自分の違いがわからなかった。でも、「吸血鬼」の子どもだから、幼稚園にもいかせてもらえなかったし、そもそも家を出ることすら認められないことが多かった。そこで、私が聞き分けのいい子を演じられていればよかったんだろう、でもできなかった。外で元気に遊ぶ…そんな人間に憧れた。5歳になった頃、親の目を盗んで、外に出るようになった。そこであったのが、ちさかの二人。唯一私と遊んでくれた、友達。「ちさか」というのは、二人の造語であるようで「双子」を意味するらしい。血沙と血香の双子でちさか。
私たちはいろいろな事をした。あの子達も私と同じように超能力が使えた。
(中略)後日追記します。
あの子達は、唐突に死んだ。この村に私達がいることを知ったUGNという組織が攻めて来て、私をさらおうと攻撃してきたのを守ろうとして死んだのだ。不思議と怒りの感情は湧いてこなかった。私が人ではないからだろうか。ちさかの二人が作ってくれたチャンスを使って、逃げて、逃げて、逃げて。結局FHの水月お兄ちゃんに助けられて、今ここにいる。
お兄ちゃんがここに付く前に言っていた。「ここがお前の復讐の場所だよ。」なるほど、確かにUGNと書いてある。私の友達を殺したUGN。私は態度を決め兼ねたまま、その門戸を潜った。

《PLより》


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。