世界樹:スピードの迷宮SRS > 追加クラスD

このページは、ハウンドの追加データのページです。

範囲★/場面★について

 範囲★/場面★は、その範囲/場面にいる敵(誰が敵であるかはGMが決定する。)全てを対象に取るというものである。
これによって、範囲/場面ランダム複数回攻撃などを再現する。PC側での選択制にしてしまうと、対象を故意に1体に取って連続攻撃することができてしまうため。

召喚枠について

 世界樹5から導入された概念であり、原作再現のためSSRSでも導入する。召喚枠は前衛、後衛とは別の枠である。つまり前衛3人後衛3人という人数制限から逸脱した枠ということである。召喚枠とそのユニットには以下のようなルールがある。

1.召喚枠の上限は3つとする。 
2.召喚枠は前衛と同様に扱い、エネミーは至近物理攻撃の対象に召喚枠内のユニットを取ることができる。
3.前衛、後衛いずれの範囲を選択した場合でも召喚枠は対象に含まれる。
4.召喚枠内のユニットが前衛と後衛のどちらにいるかの情報が必要になった際は全て前衛にいるものとして解決する。
5.召喚枠内のユニットは戦闘終了時に消滅する。(ネクロマンサーの死霊は消滅しない)
6.召喚枠内のユニットのHPが0になった場合は戦闘不能状態にならずに消滅する。
7.前衛後衛から召喚枠への移動や、その逆はできない。
8.エンゲージ戦闘の際は召喚枠は存在せず、同エンゲージとして処理する。


+追加クラスDのFAQ

+ハウンド

ハウンドの概要

 鷹笛や犬笛で、鷹や猟犬を呼び出して共に戦うスキル。鷹は攻撃型であり、猟犬は回復型である。

鷹、猟犬についてのルール


1.鷹と猟犬は召喚枠に配置される。
2.鷹と猟犬は召喚枠に2体以上同時に存在できない。
3.【HP】が0以下になると直ちに消滅する。《鷹笛》、《犬笛》を使用することで再配置できる。
4.鷹と猟犬はバッドステータスを受けた場合、自動的に【HP】をCL点減らし無効にする。(CLは鷹、猟犬のCL)
5.種別:鷹および種別:犬のスキルは鷹および猟犬が召喚枠に存在し、かつ未行動でないと使用できない。
6.種別:鷹および種別:犬のスキル使用後に鷹・猟犬は必ず行動済みになる。
7.猟犬・鷹は、未行動のハウンドがいるときのみ、それぞれの手番で行動待機を宣言できる。
8.鷹は行動時、ランダムな対象に通常攻撃を行う。このとき、後列も攻撃可能とする。
9.猟犬は行動時、【耐久力】と【HP】が同じでない味方のうち、最も【HP】の低い対象に[2D6+CL]点の回復を行う。
10.回復する対象がいない場合、猟犬は自身の手番で行動放棄をする。(7番のルールに従って行動待機は可能。)
11.鷹と猟犬は、宿泊などのパーティー全員の【HP】と【TP】が全回復する行為を取った場合に消滅する。

装備可能武器:弓
装備可能防具:レンジャーと同じ

+鷹、猟犬のデータ


ハウンドのデータ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。