【MGR】星降る夜に > 第五話


予告

一人の男が、壮絶な死を遂げた。
彼は何を思い、そして何を遺すためにその生命を捨てたのか。
遺された娘/ミカンは、何を思い何をするのか。
思い悩んで揺らぐ心に、奈落がトドメを刺そうと迫る。

なあ、君は何のために戦うんだ?

メタリックガーディアンRPG『星降る夜に』
第五話「ヒーローの条件/英雄の証明」

転んだって構わない。また立ち上がることができるなら、ただそれだけができるなら――


【ハンドアウト】
昂瀬 珠紀 用ハンドアウト
コネクション:レナ・ライスナー
シグマとの戦いから数日経った、ある日のことだ。
君にレナが遠慮がちに一つ声をかけてきた。
「ミカンサン、何かあったんデスカ?」
ミカンの意気消沈した様子に、さすがの彼女も直接聞くのはためらわれたらしい。
さて、どう答えたものだろうか。

柊ネネ 用ハンドアウト
コネクション:桜庭 ミカン
完勝かに見えたアクシオン・シグマとの戦いで、一つだけ取りこぼしがあった。
柑橘類の父が、死んだのだ。
さすがに消沈している様子がいたたまれない君だったが、しかし気にかけている余裕はなかった。
というのも、オウカから一つ協力を要請されたからだ。
ルミナスの技術者としての、君の力を貸してほしいと。

蔵王 天満 用ハンドアウト
コネクション:譲葉みやこ
戦いの中での身近な人の死というのは、君にも経験がある。
譲葉みやこ。外印との戦いの中で生命を散らした、かつての君の相棒。
ショウゴの死を聞いたからだろうか、君はその夜夢を見た。
みやこが散った、その日の夢を。

薙イチロウタ 用ハンドアウト
コネクション:桜庭 ミカン
ある日の家庭科の特別授業中のこと。
君は、晶から遠慮がちに一つ聞かれた。
「桜庭さん、何かあったんですか?」
……ミカンと特に親しいわけではない彼女ですら、こうして気にするほどにミカンは意気消沈している。
……こんな時ばかりは、自慢の野菜も役には立たない。

桜庭 ミカン 用ハンドアウト
コネクション:桜庭 ショウゴ
父が死んだ。大好きで、リンケージとしての手本だった父が。
墓を前にして思い出されるのは、幼き日の父とのやり取り。
「お父さんみたいに正義のヒーローになるにはどうしたらいいの?」
そう問いかける君に、父は何と答えたのだったか――。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。