アマデウスキャンペーン2016 > PC☆

相去(あいさり)果子(カコ)

「捨てる神あれば拾う神あり、かぁ。やっぱり生きるってオモシロいね」

レベル:5
属性:緑
神群:クトゥルフ神群
境遇:帰依
予言:古都
性別:女
年齢:17
職業:ぼっち
経験:920
神貨:1

親神 シュブ=ニグラス
背景 創世の子

能力値
武勇 B++ 2個 霊力 A 3個
+2 ±0
技術 B+ 2個 A+ 3個
+1 +1
頭脳 C+ 1個 日常 C 1個
+1 0

生命力 15

≪ギフト≫
ギフト名 分類 条件 判定 効果
親神の恵み 補助 なし 親神の権能に関連ならば達成値+X。
無色の妖蛆 常駐 青緑 なし 自分の武器の威力+【緑の覚醒段階】×2、武器2D6迎2必2
不屈の闘志 常駐 赤青 なし 自分の生命力上限+【緑の覚醒段階】×2、武器の威力+【緑の覚醒段階】
結界 術式 緑白 霊力 好きなキャラクター一人に達成値と同じ値の、生命力の代わりとなる装甲値を付与
黒き仔山羊 補助 黒緑緑緑 なし 攻撃直後、生命力を5点消費し術式を使用する。その後行動済になる
神撃 霊力 【自分の属性の覚醒段階】×2+2d6点ダメージ

≪アイテム≫
アイテム名 種別 威力 機能
両刃斧 常備品 3d6 近必1、見た目は手袋。レースで黒でロングですけすけ
食糧5個 消耗品 1d6-1 生命力1点回復


≪設定≫
アダムとイブに関する予言が伝わるとある宗教団体の中でも名家・相去家の長女。楽園になり得る世界各地のパワースポットに当たりを付けて、自分を姉さんと呼び慕う(?)明日実と、2年前に実家を出奔。調査の結果、喜界島がその主戦場である楽園だと確信すると、与論島に侵入し神子たちを待ち構えていた。
もとは親神デメテルの神子だったが怪物化、咲綺らの活躍により一命を取り留める。その後改宗し、クトゥルフ神群に目を付けられる。ギリシアの豊穣神→クトゥルフの黒き豊穣の女神と、鞍替えしても本質は変わっていない。
余談だが中卒で、地元でも友人らしい友人がいなかったのは突かれたくない黒歴史らしい。

≪容姿・性格≫
人生にはハリが必要、おもしろくない人生に意味があるかどうか。
全ての人間が快楽を追求できるのであればそこは地上の楽園になるのではないか。
そんなことを考えながら冒険にうつつをぬかす快楽主義者。スリル大好き、捨て身大歓迎。
加えていちいち発言が思わせぶり。

セミロングヘア、中性的な見た目だがローブ越しにもわかる程度には出るところは出ている。
デメテルの件は割とトラウマ。ギリシャ神群には苦手意識を持つ。
帰依後は妙にすけすけの黒装束に身を包む。蟲を隠すにはちょうどいいらしい


≪PLより≫
やっぱり命あっての物種だよね。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。