宇賀野 みのり

宇賀野 みのり

「天の光は地の実り、大神の導き受けて、夜の輩平らがん。――神々の使者、ここに見参!」
「死にかけて思ったんですよ。ああ、生きてるって美味しいな、って」
「お姉さまとご尊顔を突き合わせて、ひとつ美味しいご飯でも食べてみたらどうですか?」

≪プロフィール≫

【コードネーム】
【性別】女性
【年齢】16歳
【身長】159cm
【体重】49kg
【誕生日】5/9
【血液型】O型
【ブリード】クロス
【シンドローム】ソラリス/ウロボロス
【ワークス/カヴァー】女学生/神がかり
【ロイス】
[Dロイス]: 起源種 「豊受大神は世界の起源」(キリッ)
未定
未定
【メモリー】「天照大神:愛情」「宇賀野大地:惜別」「鷲峰かいな:感謝」

取得経験点:275(うち5点は事前配布)

【ライフパス】
出自: 安定した家庭
経験: 死と再生
邂逅: -
覚醒: 感染
衝動: 飢餓

【能力値・技能】
肉体:1 回避:1  
感覚:5 芸術:料理2 知覚:1
精神:3 知識:神話2 意志:4  
社会:3 情報:噂話1    

【副能力値】
 基本侵食率:42
 HP:25
 行動値:13

【エフェクト】
※現在経験点 404/405
種別 名称 Lv タイミング 技能 難易度 対象 射程 侵食値 制限  備考
- リザレクト - オート x HP回復
- ワーディング オート   エキストラ除外
SL1 狂戦士 メジャー <RC> 自動 単体 至近 80% 対象の次のメジャーC値-1(下6)&D+[LVx2]
SL2 奇跡の雫 オート - 自動 単体 視界 100% 対象の戦闘不能回復+HP[Lvx5]まで回復 自分× sin1回
SL3 アクアウィターエ オート - 自動 単体 視界 10 120% 重圧時でも使用可能。対象の戦闘不能回復+HP[Lvx10]まで回復 sin1回
SL4 多重生成 オート 自動 - 自身 至近 リミット 《タブレット》と同時に使用。エフェクトの対象を[Lv+1]体に変更
SL5 戦乙女の導き メジャー <RC> 自動 単体 至近 - 対象の次のメジャーのD+[LV] 攻撃なら攻撃力+5
SL6 タブレット オート - 自動 自身 至近 - ソラリスのエフェクト使用直前に使用。そのエフェクトを射程:視界に変更。シーンLv回
SL7 アクセル セットアップ - 自動 単体 視界 - 対象の行動値+[LVx2]
SL8 夢の雫 オート - 自動 単体 視界 リミット 判定直後に使用。達成値+[Lvx2] 1ラウンド1回
SL9 中和剤 メジャー <RC> 自動 単体 視界 2 - 対象が受けている暴走以外のバッドステータスを回復
UR1 原初の黒:時の棺 オート - 自動 単体 視界 12 100% 判定直前に使用。その判定は失敗となる sin1回
UR2 原初の紫:砂の加護 オート - 自動 単体 視界 - 判定直前に使用。D+[LV+1] ラウンド1回
UR3 原初の赤:導きの華 メジャー <RC> 自動 単体 視界 - 対象の次のメジャーの達成値+[LVx2] 購入判定×
UR4 原初の灰:暴食の魔王 オート - 自動 単体 視界 120% DR直前に使用。D+[LV+2] 自分の判定D-3(ラウンド中) 1ラウンド1回
UR5 原初の虚:氷熱の軍団 イニシアチブ - 自動 シーン(選択) 視界 12 120% 組み合わせ不可。ラウンド間、対象が行う攻撃の攻撃力+[LV×4]1シナリオ1回

【イージーエフェクト】
  • 声なき声
  • 竹馬の友

【コンボ】(100%未満/100%以上)
  • 名称:大神の御饌

  • 組み合わせ:(タブレット+多重生成)+導きの華+戦乙女の導き/+狂戦士
  • タイミング:メジャー
  • 技能:<RC>
  • 対象:4
  • 射程:視界
  • 侵食値:12/17
  • 効果(80↓)次メジャー達成値+10、D+3、攻撃力+5
  • 効果(80~100)次メジャー達成値+12、D+12、攻撃力+5、C値-1
  • 効果(100~149)次メジャー達成値+14、D+15、攻撃力+5、C値-1
  • 効果(150-)次メジャー達成値+16、D+18、攻撃力+5、C値-1


【アイテム】常備化P:6 財産P:
名称 種別 常備化 詳細

≪容姿・性格≫

おかっぱの黒髪と小豆色の瞳を擁するタレ目が落ち着いた印象を形作る、お茶の匂いがしそうな純和風少女。しかし貸与された神の力を開放すると髪の毛が稲穂のような黄金色に染まり、さながら異人さん。この際はその前にどんな服を着ていても、豊受大神と同一視される天女が着用していたとされる「羽衣」の姿に変身する。
スタイルは意外にも良い。
危機的状況下であってもマイペースを崩さない才能の持ち主で、良く言えば泰然とした人物だが、悪く言えば緊張感がない。尤も、気負い過ぎない範囲で自身の使命に対しては真剣である。驚いたり、長考する時に手を胸の前で合わせる癖がある。
後述の理由により豊受大神の記憶と意志の一部が意識に溶け込んでいる。それ故に「一人は寂しい、トヨちゃんと一緒にご飯を食べたい」(超訳)という理由で遷宮を要求されて以来の腐れ縁にして皇国の最高神でもある天照大神の関係者や、同一視される存在である宇迦御魂神の眷属には興味を惹かれているようだ。 それをPC間ロイスって言うんだよな

≪設定≫

伊勢の老舗料亭の一人娘で、高等女学校四年生。実家の近傍に霊場があるとはいえ、神々の実在や怪異の真実に気づくことはない普通の少女だった――参拝客として訪れた神宮が無惨に破壊された、あの日までは。
同行していた父ともども瓦礫に押し潰されながらも一人だけ即死はせず、幽明の境を彷徨っていた彼女を救ったのは、比較的被害が少なかった外宮の祭神である豊受大神だった。宇賀野家は先祖代々食物の神である豊受大神を詣でており、その誼が功を奏したのだ。
楔を打ち込まれたことによって以前よりも不安定な存在となってしまった女神は、一時的にみのりに憑依。神通力によって生命を救う代わりに、彼女の意識に溶け込み、今まさに日の本を侵さんとしている陰謀に対処するため戦うことを求めたのだった。

様々な穀物神と習合され、度会神道においては原初の神ともされる豊受大神の力を借り受けたみのりが扱うのは、その主たる権能である豊穣の確約や食物の生成に留まらない。天地の混沌からひとりでに神が生まれた時のように、新たな権能の「創造」すら成し遂げるのだ。その時には纏っている羽衣の形状が多様に変化する。だがその業は人の身に多大な負担を強いるため、ここぞという時にしか使わない。

《PLより》

大正魔法少女ここに見参! データは少しお待ち下さい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。