メタガキャンペーン「Noisy Conflict」 > バックナンバー

第一話(GM:alphastar)


PCハンドアウト


PC1 取得非推奨クラス「ディザスター/ファンタズム/ベテラン」 コネクション:謎の少女(少年) 感情:任意
キミはフォーチュンの隊員のひとりである。若手隊員訓練用基地である漣基地でキミは今日も仲間と訓練していた。
そんなキミは訓練からの帰りが遅くなり宿舎へと急ぐ中、淡い光に包まれる不思議な雰囲気を放つ一人の少女(少年)を見つける。
静かな海をひたすら見つめる彼女(彼)はいったい何者なのだろうか。

PC2 取得非推奨クラス「ファンタズム、ベテラン」 コネクション:ケルビン・ウルベルク 感情:任意(マイナス推奨)
キミは鳳市高校に通う普通の高校生だ。ある日君のクラスに一人の転校生がやってくる。彼の名はケルビン・ウルベルク。彼はキミを一目見ると早速声をかけてきた。「ねえ、キミ。名前はなんていうの?」
彼との出会いをきっかけにキミの日常が非日常になろうとはこのときキミは知る由もなかった。

PC3 取得非推奨クラス「なし」 コネクション:「コーディネーター」 感情:ビジネス
キミはある組織のいわばエージェントと呼べる立場だ。その組織の重鎮のひとりから直々に任務を受けてキミは鳳市にやってきた。任務の内容は「漣基地における新型ガーディアンの開発の真偽を確かめること」
キミはその任務を成し遂げるべくフォーチュンに潜入した。そしていざ漣基地に向かったとき事件は起こった。
キミの目の前で漣基地は襲撃を受けていたのだ。

PC4 取得推奨クラス「エンタープライズ」 コネクション:チトセ・ウィル・ナスカ 感情:同志
キミは漣基地駐留の部隊の隊長である。隊長としての非戦闘の激務の日々からの離脱のための久しぶりの休暇をもらい、楽しむキミの元にエマージェンシーコールが響き渡った。連絡によれば漣基地が謎の集団に襲撃されたらしい。どうやら戦闘はキミを休ませてはくれないようだ。久しぶりの休暇に名残を惜しみつつキミは現場へと向かった。

今回予告


鳳市南東に位置する訓練用基地「漣(さざなみ)」
若きリンケージを育成するために漣基地では今日も多くのガーディアンが飛び交っている。
そんなある折漣基地に関するこんなうわさがまことしやかにささやかれる。
―漣基地では極秘裏に新型ガーディアンの開発が行われていると。
そんなうわさがながれるなか月夜の晩に事件は起こる。
メタリックガーディアンRPG キャンペーン「Noisy Conflict」 第一話 「月夜の邂逅-moon night encounter-」
鉄の腕で闇を砕け!


第二話(GM:きー)


今回予告

言葉によって他者と交わる 現在の人類(オリジナル)
思念によって他者と交わる 革新した人類(スターゲイザー)
戦争によって他者と交わる 造られた人類(アーティフィシャルスターゲイザー)
3通りの人類の交わりがもたらすは喜劇か悲劇か

様々な思惑や陰謀が入り乱れ交わる世界
今、霧夜の洋上で砲火が交わろうとしている
メタリックガーディアンRPG キャンペーン「Noisy Conflict」
第二話 「霧夜の邂逅-Misty Night Encounter-」
鉄の腕で、霧を払え!

PCハンドアウト

PC1 リプル コネクション:デューア 感情:任意
漣基地を襲撃した組織、キミは以前そこに所属していた。カバリエ級ガーディアンTTX-0113ステラアンジェを動かせるものが他にいないこともあり、現在は漣基地で複数の目の下、訓練を受けつつも平穏な日々を送っていた。
そんなある日、颯と共にチトセに呼び出された。

PC2 夙生 颯 コネクション:リプル 感情:任意
漣基地襲撃の夜からはや二週間。あの時の爪あとは残っていないようであった。
しかしあの夜以降、キミを見る同僚の目は以前とは違っていた。
そんなある日、リプルと共にチトセに呼び出された。

PC3 レオンハルト=ベルガウ コネクション:「コーディネーター」 感情:ビジネス
漣基地における新型ガーディアン関連の事件の報告を受けた組織は、直ぐに次の任務をよこした。
その内容は「謎の少女リプルについて、及び新型ガーディアンの新技術の調査」
少女についてと普段とは違ったあまりに漠然した内容に驚きながらも、キミは調査に乗り出した。

PC4 天龍 リリア コネクション:神流シオン 関係:先輩
漣基地襲撃の夜、初めて動かしたオーバーロード級ガーディアンG-8 OVLblock200bisクドリャフカ、それをキミは自分の手足のように動かすことが出来た。あの夜から既に二週間、民間人がガーディアンを動かした罪を逃れるため、暫くの間訓練生としてフォーチュンに所属することになった。そんなある日、神流シオンと共に山中にある訓練基地で訓練をすることになった。

出来事

  • 襲撃してきた小隊は強化人間で構成されてるよ。どうやらアビテクが使われているガーディアン奪取の目的で結成されたらしいよ。
  • ケルビンくんは依然としてコミュ症だよ、何をしたいのかさっぱりさ。どうもアビテクも狙いの一つっぽい。
  • リプルやリリアについての情報が新たに分かったよ、なんか大変そうだね。


第3話(GM:ペンギも)


今回予告



作られた機体。造られたヒト。
捏造られた日常。創られた未来。
災禍の種はほどなく芽吹きやがてすべてを消し飛ばす。
それは物語の始まりか――終わりか。
ただ一つ確かなことは、終わらない夜がなければ、
始まりのない夜もあるということだ。


メタリックガーディアンRPG キャンペーン「Noisy Conflict」
第三話 「終夜の邂逅-All Night Encounter-」

鉄の腕で、綻びを絶て!

【PCハンドアウト】

PC1天龍 リリア コネクション・ケルビン・ウルベルク 関係:任意
訓練生としてフォーチュンに所属し始めてから十数日、ようやく今の生活に慣れてきた。
神流シオンや天津ヒロキなど、心許せる仲間も増えてきた。
ある日、訓練帰りに自宅に戻ろうとすると、なにやら不穏な人だかりができている。
聞けば天龍家が火事にあったらしい。その言葉を聞いたキミは即座に駈け出していた。おじさんは無事だろうか。

PC2ウィリアム•ヤング コネクション:夙生 颯 関係:任意
先の霧夜の一戦を経て、キミを取り巻く環境は敏感になっていた。
強化人間とクローンの情報はフォーチュンにさえ秘匿しているものとなっている。
はずなのだが、夙生颯の周りではある噂が流れている。
誰が言い出したでもなく、鳳市高校では「とあるスターゲイザーのリンケージ」についての話題で持ちきりだという。
困りきった様子の彼はキミに調査の協力をお願いしてきた。

PC3レオンハルト=ベルガウ コネクション:小鳥遊アスカ 関係:任意
先の依頼では「コーディネーター」に一杯食わされ、いつもの通り赤字を出してしまった。
愛機も損傷するばかりで頭を抱えたくなってしまう。
そんな時、キミのパートナーが個人依頼をいくつか見繕って持ってきた。
…ちょっとした小遣い稼ぎになるかもという魂胆が透けて見えるのはおいといて。
何の気なしに目を通していたキミは、その中に見覚えのある名前の依頼主を見つけた。

PC4リプル コネクション・ケルビン・ウルベルク 関係:任意
戦闘中に交わしたデューアからの後押しを受けて、キミは引き続いてフォーチュンに所属している。
監視の目も日に日に緩くなり、窮屈だった拘束が解けてきたおかげかバナナもうまい。
しかし、そのような日常には非日常がつきものだ。
ある夜、キミの前に青年が姿を現す。彼の正体は渦中のケルビンであると、キミは直感的に理解した。
彼はキミに話があると口を開くのだった。


第4話(GM:からっぽまる)


【今回予告】

かつてひとりの賢者が言った。
地球というゆりかごに、我々が永遠に留まることはないだろう、と。
それから幾星霜の時を経て。
月の裏側に手を伸ばしてもなお、ヒトの幼年期に終わりは来ない。
嗚呼、このままいつまでも夜明けを迎えないと言うのなら
いま一度、持つ者が持たざる者を導かなければなるまい。
たとえそれが、どんな痛みを伴うとしても。

メタリックガーディアンRPG キャンペーン「Noisy Conflict」
第四話 「残夜の邂逅-Darkest Night Encounter-」

鉄の腕で、妄念を破れ!


【ハンドアウト】

PC1:夙生 颯 コネクション:天龍 リリア 関係:任意
ついに愛機シルヴァータイドの強化改修が完了し、キミは戦いの日々へと帰ってきた。
ブランクを取り戻すべく訓練に打ち込むキミだが、今日は少し違う目的を帯びている。
ここ漣基地で行われる、全く別の機体に再構成されてしまったクドリャフカの起動テストを見に来たのだ。
果たしてノヴァヤ・クドリャフカは正常に起動したが……。
何故だろうか、その様子に、キミは僅かな違和感を覚えた。

PC2:リプル コネクション:ケルビン・ウルベルク 関係:任意
先日の地下基地での戦いで、キミは颯とデューア――大切な二人を守ることができた。
完璧な自由はないものの、日々を謳歌するキミの前に、見知った影が現れる。
明るい黄緑の髪に整った顔立ちを持つ彼は、いつものように馴れ馴れしく語りかけてくる。
投げかけられる問いに、大切なものを手元に揃えてしまったキミは、どう答えるのだろうか。

PC3:ウィリアム・ヤング コネクション:神流シオン 関係:任意
地下基地での激闘から四日が経ったその日、キミはチトセから極秘の招集を受けた。
聞けば、三週間前の漣基地襲撃事件においてノイエ・ヴォルフを手引きしていた人物が分かったのだという。
チトセと共に独房へと向かうキミを待っていたのは。
戦場を知らない訓練生であったはずの少女、神流シオンだった。

PC4:レオンハルト=ベルガウ コネクション:コーディネーター 関係:ビジネス
愛機の修理を完了し、ビジネスパートナーの信頼も強固に。
そして資金面でも当面の危機を乗り越えたキミの下に、コーディネーターから久々の依頼が舞い込む。
どうせ碌でもないことだろう、と腹を据えて指定の場所へやって来たキミに、
世界のバランスの調停者と嘯く者は、「ケルビン・ウルベルクの動向の調査」を求めてきた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。