ALG17_replay2_md1

Middle.01

GM :ミドルフェイズの最初のシーンは、最後のオープニングの続きになります。
大燦寺 :ではあの後シャルに着替えを貰って、シャルに着替えさせてもらって……、
八ッ尾 :大燦寺君がか(爆笑)?
bold(){Duds}:その発想はおかしい(笑)。
大燦寺 :なんで俺なんだ(笑)。
GM :着替えるのはミキですね。その前にシャルは「ほら、男共は出て行く」と手をたたいて男二人を部屋から追い出しますけれど。
大燦寺 :で、着替えが終わって部屋に戻ったあたりから再開するとスムーズなんじゃないかな?
八ッ尾 :着替えのシーンを描写してどうするのかと(笑)。
GM :では大燦寺とトッキーの二人が部屋に戻ると、ソファーあたり服を着せられたミキが横になっています。意識はまだ戻ってないようですね。
大燦寺 :そんなタイミングでDudsが九頭先生を連れて戻ってくれるといいんじゃないかな。
九頭 :はいはいはいはい、どうしましたどうしました~。
Duds :いえ、ですから女の子が急に出てきてですねー、と九頭先生の腕を引っ張りながら登場します。
九頭 :ではコンコンとお嬢様の部屋の扉をノックして。
GM :「入って良いぞー。鍵はかかっているが(笑)」 *1
九頭 :えぇ? では懐から鍵を出して……(爆笑)。

何故合鍵を持っている

Duds :何時の間にマスターキー取ったんですか(笑)! とりあえず返してください、コピーしてませんね?
九頭 :…………。
Duds :(笑顔で)してませんよね?
九頭 :……もちろんですよ。
八ッ尾 :大燦寺君もう《テレパシー》でこいつの心読んじゃえよ(爆笑)。
GM :では、シャルはあなたの目を見据えて「神と私に誓えるか?」と尋ねますよ(笑)。
九頭 :はい、もちろんでございます。
GM :(大燦寺に目をやって)……ミッチェル、頼んだ(爆笑)。
九頭 :おいっ! だから持ってないよ!
Duds :ほら、落ち着いてください。
九頭 :うう、私こんなキャラじゃないのに、軽い弾みの行動がこんな結果に……。
Duds :だって、鍵持ってるんだもん(笑)。
八ッ尾 :そんな行動をやっているからシャルの性格が変わっていくんだろう、そのうち「私の靴を舐めろ」とか言い始めるに違いないよ(笑)。
大燦寺 :まぁ、そんな主従関係の亀裂は置いといて。 
九頭 :そうだね、ではちょっと失礼しますよー、と部屋の中に入っていって おぉ!? と顔を見て驚けばいいんですね。それに、こんなぼろぼろになっているのを見ると、思わずあの日のことを思い出してしまう。
「とりあえず失礼しますね、皆さんはそっぽを向いていてください」と治療に取り掛かりましょう。
大燦寺 :え、なんで?
Duds :私は女性ですが。
GM :「私も女だな」とシャルも。
九頭 ;(大燦寺に)いや、そっぽを向くのはあなたですから!
GM :そして忘れ去られてるトッキー(爆笑)。
大燦寺 :二人で腕相撲でもしてるか(笑)。
九頭 :でも《ヒール》がかかっているのなら、大分綺麗に放ってるんだろうね。意識レベルは……、今は寝てるんなら大丈夫なんだろうけど。
GM :九頭先生がそんな事を言っていると、ミキ(仮称)は急にガバっと身を起こして「父さん、母さん!」とか、かなり大きい声で叫びだします。
九頭 :ああ、落ち着いてください、落ち着いてください。
大燦寺 :茂はいいのか?
GM :「茂は……もう(爆笑)」
八ッ尾 :今酷かったなそれ(笑)。
GM :「というか、ここは何処ですか? と何であなたたち茂を知っているんですか!?」
八ッ尾 :まさかあなたがしげるをっ(爆笑)!?
大燦寺 :いやいや、こんな美しい俺がそんな事をするものか。しげるはさっき君がうわ言でつぶやいていた名前だ。いい名前じゃないか、繁茂しそうで。
八ッ尾 :繁茂とか言うな(笑)。
大燦寺 :いや、お花畑に関する名前には少し心惹かれる俺が。生い茂る、桜草……(恍惚とした表情で)。
GM :「ミッチェル。彼女が唖然としているのだが」とシャルがたしなめますが。
大燦寺 :おぉっと、まず君の名前を……聞く前に俺の名前を名乗らなければなるまいなぁ! 俺の名前は大燦寺光照。ミッチェルと呼んでくれてもかまわない。
GM :…………。
一同 :…………。
GM :「……ゆめ?」とミキ(仮称)は唖然とした表情のまま頬っぺたを引っ張ります。
大燦寺 :いや、夢ではないぞぉ? この目もくらむような美貌を見るがいい、夢でない事が一瞬で分かるはずだ。
GM :では彼女はその勢いに圧倒されつつ、かなり困惑した表情を浮かべます。それから「じゃぁ……さっきまでのがゆめ?」とポツリと呟きますね。
九頭 :なにか、怖い事でもあったんですか?
GM :そういわれると、彼女は青ざめた顔でピクリと身体を震わせて、「え、いや……その」と何かをせわしなく辺りを見渡します。でも手のひらとかを見て火傷が無い事を確認して、戸惑っていたり。
九頭 :そうだねぇ、やけどなくなっちゃったねぇ。
八ッ尾 :彼女は九頭先生の顔は見知ってないのか?
GM :(ぽん、と手をたたいて)……忘れてた。
九頭 :おい?
Duds :動転していたんでしょう。
GM :そういうことにしておきます(笑)。では今更ですが九頭先生の顔を見てはと気づいたように「あ、九頭先生?」と声を上げる。
大燦寺 :なんだ、先生。知り合いなのか? やっぱ鬼塚さん家の……双子? やっぱ双子なの?
九頭 :えっと、君は魅希ちゃん、でいいのかな?
GM :「はい、鬼塚ミキ、ですけれど」
大燦寺 :いや、まさか本人のはずは、本人とは俺だって知り合いだぜ?
GM :(困惑しつつ)「えっと、あの人たちは一体なにを言ってるんでしょう?」
九頭 :大丈夫です、彼らは私の友達ですから。と答えながらDudsと大燦寺にシャード通信 *2 。落ちてきたときどんな状況だったって?
Duds :えっと、部屋が爆発した時のイメージを送りますが。
九頭 :で、火傷して、服が焦げていた?
大燦寺 :ああ、まるで火災にでもあったようだったな。
GM :あなた達がそうして無言でいるとミキは「というか、ここは何処なんですか?」と不安そうに辺りを見回します。
大燦寺 :ここは私立ゴットフリート学園系列の寮だ。
Duds :いちおう、こういう住所ですよ? と。
大燦寺 :うむ、ゴットフリート3丁目だな。

PC達へのお便りは 地方都市N市ゴットフリート3丁目 『フランス寮』 迄(嘘

GM :ゴットフリート学園は6年前にもあったんでしたっけ? では「あ、あぁ。ゴットフリート……」と疲れたようなため息を吐いた後に「それで、どうして私はここに?」と尋ねます。
Duds :(しみじみと)皆さんよくそういう感情を示されるんですよねぇ……。あ、お茶でもどうぞ。
GM :「あ、これはご丁寧に」とお茶を受け取ります。
大燦寺 :ではここで謝っておいたほうがいいか。 すまない、この俺が美しいばかりに。
GM :それにはミキは「あの、先生、ご友人は選ばれたほうが……」と出してもらったお茶を飲みながら苦笑してしまいます。
大燦寺 :友人関係など自分で選べるものではない(爆笑)。
九頭 :まぁ、悪い男ではありませんから。恐らく彼があなたを助けてくれたんですよ。
大燦寺 ;いやー、俺って美しすぎるからさー。なぜか美しいものが色々と俺に引き寄せられてくるんだよねー。
とりあえず、君は鬼塚魅希さんなのか?
GM :「(戸惑いながら)はい、そうですけれど、何か問題が?」
大燦寺 :九頭先生にシャード通信。え、マジ!? だって俺のこと知らないよこの子。
九頭 :うーん、ではカチャカチャカチャチーンと頭の中ではじき出して、恐らくこの子もシャル様と同じように過去から呼ばれてきたのではないかと答える。
八ッ尾 :ではここでトッキーを乗っ取って話に入れなさそうな影の薄い表情をしておこう。
GM :そんな悲しい事を。トッキーは多分後ろで時間管理局の上司と連絡を取ってるんじゃないかな? 栄養ドリンクとか飲みながら。
Duds :トッキーさん(笑)。背中でもさすってあげましょう。
九頭 :彼女に詳しい話しをするのは落ち着いた後のほうが良いでしょうかね。
大燦寺 :そうだな、まずは飯にでもするか?
Duds :あ、何か作りましょうか?
九頭 :では三ツ橋さんがなにか作ってくれている間に、こちらはカウンセリング的なものをしておこう。
君の記憶だと、家は火事になってしまったのかな?
GM :その話を振られると、ミキさんはまた顔を青ざめさせて、小刻みに震え始めます。「え、じゃぁ、やっぱり……。アレは夢ではなかったんですね?」
九頭 :ああ、やっぱりそういうことなんだなぁと納得します。
GM :「じゃぁ、父さんと母さんは?」 あ、しげるはもう駄目です(爆笑)。
Duds :もう駄目ですって(笑)。
大燦寺 :意外に気丈だなこの子(笑)!
GM :あ、いや。最後のは彼女のセリフじゃないですよ!?
九頭 :これは向こうのほうでもそうだったと思うので「彼らは……」と目をそらします。
GM :…………。
GM :そういう話を聞くと、少し前の情景がリアルに思い出されたのか、顔を抑えて嗚咽を漏らし始めます。
大燦寺 :流石にこの状況だと一般人扱いするのはなぁ。とシャード通信でつぶやく。
Duds :では部屋に戻ってきて、この状況だとおかゆとかの方が良かったかな?と思いながら重めのスコーンとかを焼いてきましたが。
GM :ではそんなスコーンが到着したあたりで一旦シーンを切りましょうか。

Middle.02

GM :次は八ッ尾さんに視点が移って、向こうと対比する感じの鬼塚さんと一緒にいるシーンになります。
街中でアンダーテイカーとしての仕事をしている鬼塚さんと春紫君のことで来ている八ッ尾さんがばったり会ったという感じです。
九頭 :ばったり。
大燦寺 :ばたり。
八ッ尾 :(すかさず)「ばたり」ってそれ死んでるやんけ、奈落、撃退できてないじゃないですか。撃退されてるじゃないですか(爆笑)!
大燦寺  ははは(笑)
GM :あ、でもばったりと会った鬼塚さんも結構傷を負ってる感じです。別に致命的というわけではないですが、腕とかはかなり腫れていて、骨折とかもしているのが見て取れます。
大燦寺 :折れてるのか!? それはちょっと先生に見せ行くしかないな! データ的な意味は無いけど。
九頭 :データ的に意味がないとか言うなぁ(笑)!

 そういうデータを取ってないのは君だ

GM :でも怪我をして痛がっているとかそういう感じはあまり見せていません。で、ばったり会った先生に話しかけてきます、
「先生、お久しぶりですね」
八ッ尾 :ああ、ひさしぶり……?
GM :「っと、よく考えたらまだ1日か2日ぶりくらいでしたね」と少し苦笑して慌てて言い直します。
八ッ尾 :だと思うが……大丈夫なのかその怪我は?
GM :「あ、いつもの事ですよ。大丈夫です。あとで九頭先生に診てもらいますから」
八ッ尾 :うーん、それならいいんだが。あまり無茶はするなよ?
GM :「……でも、今は無茶でもやらなきゃいけない状況ですし」
八ッ尾 :そうなのかもしれないが、今の君はいささか無理が過ぎるのではないか?
GM :「そうかもしれませんが、でも……」 そういえば、八ッ尾学園の生徒って理事長が見た目どおりの歳ではないのって知っていますかね? 魅希は、って限定してもいいですが。
八ッ尾 :長生きである事はなんとなく知っていていいんじゃないかな? 正確な年齢はは別としても。
GM :なら魅希さんはこう切り出します。「先生は、……先生は、長い時を生きてきたんですよね」
八ッ尾 :長生きというだけであれば、長い時を生きているが。
GM ;「奈落は先生が生きてきた昔からも、ずっといたんですよね」
八ッ尾 :「そうだな、何度もこの目で見てきた」
GM :では鬼塚さんはどこか怒りを滲ませた表情でうつむいて、しばらく無言でいた後に続けます。
「いつか、終わると思いますか?」
八ッ尾 :それは、難しい質問だな、と答えるしかないな。
GM :ではその答えには苦笑して「ですよね……」と。
八ッ尾 :少なくとも、私が生きてきた間終わらせる事は出来なかったのは確かだ。
GM :「なら、ほら。やっぱり、もう少し気張らないと、ですよ」
八ッ尾 :……確かに、そうかもしれないな。

九頭 :しかし、魅希ちゃん頑丈だなぁ。骨折ってるのに普通に話して歩いてる。
GM :そうですね。もしかすると痛いと感じる事も少なくなっているのかもしれません。
八ッ尾 :……それちょっと八ッ尾先生泣いちゃうんだけど、めそめそし始めちゃうかも。
{大燦寺:(子供っぽい声で)せんせい、ないてるの?
八ッ尾 :(鼻をすすりつつ)先生は、今衝撃の事実をGMから聞かされて……。
九頭 :八ッ尾を先生は全部知っているわけじゃない、ここが黙ったままだから。
八ッ尾 :でもプレイヤーがスンスンしちゃう。
九頭 :触診したら分かっちゃうんだろうなぁ、痛覚がなくなってることは。
GM :そうかもしれません。それから、二人が暫く無言で街中を歩いていると鬼塚さんは急にはたりと足を止めて、街のある1点を見止めます。6年間経ってもそのままなのかはちょっと微妙ですが、その先には街中にぽっかりと家一件分くらいの空き地がありますね。
大燦寺 :奈落の影響が残ってるからかな?
GM :そういうことにしておきましょう(笑)。そして、会話が途切れた後も暫くそっちのほうをぼぉっと見つめています。
八ッ尾 ;では追い越しかけたところで気づいて振り返って、どうしたんだ? と声をかける。
GM :そういわれて彼女は少し呆けていたのに気づいきますね。で、ちょっとあわてて言い訳するような感じで答えます。
「あ、すいません。……そういえば、先生は言ってなかったかもですね。昔、あそこに私の家があったんですよ」
八ッ尾 :それには「そうだったのか」と言って、空き地のほうを目を細めて見やる。
GM :鬼塚さんは暫くそっちのほうを無言で見続けたあとに「だからやっぱり、もう少し頑張らないとですよね」と小さくつぶやきます。
九頭 :取り戻したいのかな? そういうわけでもないのかな?
GM :それは、まだ分からないですね。彼女は何事も無かったように「先生はこれから瑞村君のところですか?」と話を切り替えます。
八ッ尾 :そうなるね、あそこは信頼できる人も多い。
GM :「というか、なんだかどんどん増えてます」
八ッ尾 :元々大燦寺君くらいだったんだろうけれどね。
大燦寺 :俺はいないよ。寮には住んでないから。
八ッ尾 :いや、関係が有る場所と言う意味でね。
GM :「じゃぁ、先生が瑞村君のほうに行くなら、ここらへんで一旦お別れですかね」
八ッ尾 :あれ、九頭医院は壊れたんじゃなかったか? 今九頭君は何処にいるんだっけ?
九頭 :今はゴットフリート学園の医務室です(笑)。
八ッ尾 ;でも学園寮と同じところに有るってわけでもないか。
GM :「はは、そんな事もあったような……壊しちゃったの私ですね」
九頭 :そういえばそんな事もあったねぇ、魅希ちゃん(笑)。
GM :「いや、ほら緊急事態でしたし」
大燦寺 :結界子を使う暇も無かった(笑)。
GM :「なら、方向は同じですし、暫くは一緒ですね」となにか安心したように魅希が言って、ふたりがまた歩き始めたところで一旦シーンを切ります。

Duds :ちなみに鬼塚さんの今どこに住んでるんですか?
GM :任務先の適当なホテルですね。特に定まった場所はないです。たぶんフューネラルコンダクター社が提供してるんでしょう。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。