AR2E'11_第2話

今回予告

ルートヴィルトの町の周りでは、多くの農家や放牧家が各々の仕事をしている。
暖かで多湿なこの土地では、小麦はすくすくと育ち、羊はもこもこと育ち、牛はもーもーと育つのだ。
そんな牧歌的でのどかな光景に、一つの異物が現れた。
事件は、小麦畑に突如出現した、不思議な文様から始まる――
アリアンロッド The 2nd Edition キャンペーン 「陽光の英雄 赫炎の魔獣」 第二話 「全てを貪る者」
冒険の舞台が、キミを待つ!


ハンドアウト


 エーレリア用ハンドアウト
 コネ:アルト 関係:庇護
キミの所属するギルド「シルバーヴォルフ」のギルドマスター、アルトはキミにこう言った。
「養父の体調が悪くなったらしい。危篤って程じゃないけど……」
なんでも町をしばらく離れることになるらしい。キミは爽やかにギルドマスター代理を務めることを約束した。

 エクレール用ハンドアウト
 コネ:ロコナ 関係:先輩
礼拝堂で神へ祈りを捧げるキミに、神殿受付のロコナが訪ねてきた。
「あのギルド……シルバーヴォルフに正式に所属するよう、神殿長に進言してきた」
かつては熟練の冒険者だったという彼女だ。何か理由があるのだろうが、それは突然の言葉だった。

 リュウ・シャオロン用ハンドアウト
 コネ:師匠 関係:遺志
エリンディル西方での初仕事をこなしたキミは、宿で師匠の手紙を読んでいた。遺書とは思いたくないが、遺書としか思えない内容だ。
何十何百と読んだ文面が、今は少しだけ違う意味に思える。
「リュウよ。儂は西へ向かう――赫炎の魔獣を倒すために」

 新キャラ用ハンドアウト①
 コネ:小麦畑 関係:飼育
キミは畑作や森での狩りにより生計を立てている。先祖から受け継いだ土地での生活は上手くいっていた。
だが、いつものように朝、小麦の様子を見に行くと、小麦が一面倒されているではないか!
それも自然に倒れたのではない。明らかに人工的な方法によって、奇妙な形を描くように倒されている。
不気味に思ったキミは、取りあえず神殿に連絡をした。

 新キャラ用ハンドアウト②
 コネ:真実 関係:希求
キミは真実の探求者だ。西に遺跡在らば寄って出土品を調べ、東に謎の生物が出たなら罠を仕掛け、掛かった兎にガッカリする。
そんな生活の中立ち寄った村で、奇妙な現象が発生した。一夜の内に小麦が倒されたと言うのだ。
ざっと調べてみると、小麦は何かの魔法陣を描いている。謎の臭いに、キミはほくそ笑んだ。




('A`)<コメント欄。GMは仕事しろ仕事しろ@u-kari

  • ページ分けたよ。だがPCがわからねーのです -- u-kari (2011-10-28 23:43:00)
  • 美少女「たすけて……たすけてよ、u-kari……」 u-kari「了解(ガラガラ」 という流れがあったのですよ。 -- 美少女 (2011-10-29 01:17:13)
  • パルフェすぎるwww -- u-kari (2011-10-29 01:21:02)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。