手をとりあって > B > ローラント・ルートヴィング

ローラント・ルートヴィング

裏切り者はお前たちの方だ!
この地に人が取り残されて10年、おまえたちは壁の向こうで一体何をしていた!

  • 外見
31歳 金髪に蒼眼。ヴァルター貴族の典型といった容姿(適当。無精髭は剃ったが最近目に隈とかできてそう。

概要 / Personal Data

 種族 / Race
ヴァルター族
 生年 / Birth
1043~
 性別 / Sex
男性
 色素 / Color
瞳:青
髪:金
肌:白
 身長・体重 / Height & Weight
189cm/88kg

アルカナ

アルカナ 奇跡 聖痕 イメージ
過去 アダマス ∵無敵防御∵ かつて、騎士だった
現在 ウェントス ∵神移∵ 愚かな理想を追い続け
未来 エルス ∵心友∵ いつか何者かの友となるだろう

因果律

過去 ベルグフリートの誓い あの日、素晴らしいものを見た
現在 亡霊騎士 9度の勝利の先に
未来 再生 もう一度、手に抱く日は来るのだろうか

因縁

因縁上限:6
過去 主人 アダルベルト・プリーエンツ 辺境伯。ハイデルランド随一の騎士にして、かつての主
未来 取引 ルートヴィヒ・ライト 黄金杯の御者。あれ、こいつと取引ってやばくね?
過去 秘密 ゲルハルト レストの奴隷頭。かつてベルグフリートで共に戦ったブレダの元騎士。グレーテの父親
過去 強敵 イエールサウル ミンネゼンガー公国を滅ぼした、オーク氏族の長。
現在 主人 イエールサウル アスケルハノフの氏族を束ねる若き族長。9度の勝利を捧げると契約した
過去 幼子 ミーリエル 森人。北伐の撤退戦の折、民を代表してローラントに「名も無き民の希望」を手渡した。故人。

忘却した因縁
現在 取引 ウラディスラフ グリープボルカの領主。技術支援の代わりに収穫される「カアスの陰嚢」の一部を専売する権利を得た
現在 慕情 ミーリエル 白鳥人。アーグリフの使徒として転生した森人。生前の記憶はあまりないらしい

呪い

  • アーグリフの花押を得てより10回目のアクトの対決フェイズの終了時に死亡する。
  • 出自や思想によって何者かを差別した場合、3d10のDPダメージを受ける。

能力値

体格 反射 共感 知性 希望
11 14 13 8 12

HP:42
AP:8(未装備時12)

技能

技能
軽武器 ●●●
交渉 ●●
騎乗 ●●

特技

名称 種別 技能 判定 代償 タイミング 対象 射程 効果
守護 - - - - 常時 自身 - カバーリング
偏向 - 軽武器 -1 - リアクション - - 射撃攻撃にパリィ可
八面六臂 - 軽武器 -4 H2 リアクション - - エンゲージにパリィ
突撃 - 騎乗 -4 H4 メジャー 単体 - 武器修正2倍で攻撃
大逆転 - - -5 RCF - - - 成功したらクリティカル
蛇舌 - 交渉 -3 - メジャー - - リアクションダイス-1
風読みの一手 現在 反射 -3 D2 - - - ダイスボーナス+1
盟友:ファミリア - - - - 常時 - - 盟友(クレータホース相当)を得る
魔への嗅覚 - 軽武器 -3 H リアクション 自身 - 魔法攻撃をパリィ可能
シンクロナイズ - - - - 常時 自身 - シンクロ中のクリティカル+1
ファミリアガード - - -3 H2 リアクション - - パリィのクリティカル+2
財力 - - - - 常時 - - セッション開始時+5c
怨讐を越えて - - - R オート 単体 - ダイス目-3
空飛ぶ魂 - - - H5 - - - Rの代償無視

魔印

名称 種別 技能 判定 代償 タイミング 対象 射程 効果
勝利の印 魔印 - - DP3d10 オート 自身 - 敗北した対決に勝利する

武器

ソードステッキ
ラウンドシールド
ランス

防具

アイアンサイド
グラブ
レザーキャップ
レザーガートル

その他
名も無き民の希望
荷馬車
バックパック
オイルランタン
補充用オイル×10
ロープ×2
フック
遠眼鏡
点火石


設定


亡霊騎士 ローラント・ルートヴィングの記録
アスケルハノフ氏族に新たに加わった人族の騎士。

かつて北狄の地にて奮戦した、エステルランドの騎士。オストブルグの名も無き民の希望
ローラント・ルートヴィングがレスト近郊の戦いで行方知れずとなって10年

彼は彼の妻たる白鳥人ミーリエルを伴い、氏族の長・イエールサウルに面会し、
彼とアーグリフに9度の勝利を捧げる契約と引換えに、かつてのオストブルグ公爵領の都、テュクバの領地を得た。

彼の領地となったテュクバでは庇護民(ズィンミー)としての地位を受け入れる代償にアーへの信仰の自由を許し、
人とオークが同等の地位で生活する街を作ろうとしていた。

なお、庇護民に課される人頭税を肩代わりするために、人売り稼業は規模を増やして続けている模様。
アスケルハノフ氏族の新設部隊の晴れ着を用意したりと、色々と手を広げてるようで、割りと結構な規模なんだろうなこれ。

4話終了時

テゥクバの街の運営は奇跡的に成功していたが、ゾディ氏族と結託したブレダ軍の奇襲を受け、陥落した。

5話終了時

イエーシャに付き従い、ゾディの砦を落としたりした。




周囲のNPC(主にPLが捏造したもの


ミーリエル
旧レストの領主の養女。森人。北域大遠征の折、レスト近郊で奮戦したローラントに人々を代表して勲章"名も無き民の希望"を渡した人物。ドルトムント砦の反乱にて首謀者として処刑された後、白鳥人として転生した。白鳥人としての彼女は転生前の記憶を忘れており、奥方として影に日向に彼を支えつつ、ローラントの魂を運ぶ日を心待ちにしている、多分。
6話でうっかり過去の記憶を思い出したような描写がなされた。
ローラントにとっての鎖。遠征後、北狄の地に残ったのは彼女から渡された"名も無き民の希望"のせいだし、亡霊騎士となったのもやってきた白鳥人が、嘗て"名も無き民の希望"を渡した彼女だったから。
オルランド
ハイデルランドの騎士・ローラント・ルートヴィングが北狄遠征の際乗騎としていた名馬、を模したクレアータホース。基本的にガラクタ以上乗騎未満の性能だが、時折名馬の魂が宿ったかのような働きを見せることがある(∵心友∵の奇跡)。


性格

商人モードの物腰は軽い。
TPOを考えているだけで、根はガチガチに真面目。元々騎士だもんで。

行動方針は北狄に取り残された人々に、出きる限り多くの幸福と安心をもたらすこと。
たとえそれがかりそめでも、オークに恵まれたものであっても、
たとえその過程で人を売り買いしたり、魔神に魂を売ったとしてもネ


データの解説的アレ

範囲カバーをクリティカル値4で物理、射撃、魔法全てに行えるのがチャームポイント。
ただ、やりすぎるとDPコストが嵩んでアーグリフ様の御元にマッハ。

攻撃に関しては、馬に載っていなければただの人。
馬に乗ってさえいればダイス3個でクリティカル2、ダメージはI24スタートとそれなりの火力が出る。

成長は多分
比翼連理
金剛
反射防御
騎士の誉れ
殺意感知
自動防御
援護Ⅱ

あたりから


  • 教訓:現在ウェントスでアダマスってはいけない(DPコスト的な意味で -- t-jun (2011-12-27 01:46:59)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。