BBT > としでんせつ

城之崎 悠/"守りの鈴の音"

「あ、あー……ご、ごはん、まだ?」 /昼間、警察署内にて。にへへと人懐っこい笑みと共に。
「ん、ほら、ボクが守ってあげるからさ。お友達になってくれないかな?」 /夜の路地裏。不良に絡まれたこの前にふらりと出でて
「――通しは、しないっ!」 /護るべき物の前で。一番の良い笑みと共に

消費EXP:25

設定

人の名 城之崎 悠 <Yu・Kinosaki>
魔の名 “守りの鈴の音”
年齢 不詳
性別 不明(正確には中性的)
外見的特徴 黒髪黒眼に白の肌。髪は長く後ろに流す。中性的な顔立ち。
種族/種別 概念/魔物
カヴァー 何でも屋さん(現職は刑事)
出自/絆 救済>噂好きの人間達(借り)
邂逅 友達>裕子ちゃん
エゴ 必要とされたい
変異 うっすらと透き通る

「何かに襲われ困った時、助けを呼ぶと現れる。凛と鈴の音供にして、いつの間にやら現れる」
いつの間にか世間に広まっていた、よく分からない都市伝説が具現した不可思議な存在、それが城之崎 悠である。
都市伝説である以上、人間は必ず己の周りに存在しなければならない。
また、同時に人間達に噂してもらえる程度には有益/有害な存在でなければならない。
そんなこんなで、自分を有益な都市伝説として生んでくれた噂好きな人間達には感謝の念を抱いている。
そして、彼らを守る事こそを己が本懐とし、都市伝説のままにふらりと現れては必要とされたがっている、そんな子。
現在は刑事(人守るのに便利とかそんな理由)としてふらふらと色んな所に現れているようだ。

ちなみにこの子、性別は「周囲にいる人間達の想像した方」で定まるので、基本的には中性的。
周囲が悠=男性が良いと思えば男性に、悠=女性が良いと思えば女性へと変化してしまう。
とはいえ当人はあまり気にしていないよう。なお、胸はペッタンである。

性質は基本的に温和で笑みを浮かべている事が多い。
また、腹ペコで甘い物好き、特に木イチゴのタルトを良く好む。
良くも悪くも笑みを絶やさぬそんな感じの子である。

きらめきの壁や守護神の時にはデフォルメされた二頭身の悠(通称:ちび悠)が無数に出現して敵の攻撃を誘爆する。
代償は己の髪の毛。あまり使い過ぎない限りは元に戻る謎仕様。それと、ちび悠の群体はわーわーきゃーきゃー言う。

データ

スタイル ディフェンダー
ブラッド レジェンド レジェンド
ルーツ 都市伝説 都市伝説

肉体 技術 感情 加護 社会
基本能力値 4 6 5 4 8
能力値B 2 3 2 2 4
アーマー値 9 10 13 13 11
魔獣化Am値 13 14 17 17 15

白兵値 射撃値 回避値 行動値 FP 初期人間性
元値 6 6 7 10 35 58
修正値 6 6 7 6 65 56

アーツ

Lv Time コスト 効果
アレナ展開 ''''
魔獣化 ST 6
ガーディアンフォーム Pass '''' FP+30、魔獣化時アーマー+【最も高い能力B】
エゴを阻む者 効果参照 ドミニオンアーツを打ち消す。シナリオ1回。災厄級には使用不可。
怪異存在 判定直前 2 あらゆる判定を【社会】で行う。ラウンド1回。
守護の盾 効果参照 1 カバーリング時行動消費なし。
きらめきの壁 1 判定直前 4 自分を対象に含む対象:範囲の攻撃を自分一人に収束。シーンLv回。
レンジドカバー 効果参照 2 守護の盾の射程をシーン化。ラウンド1回。
八重垣 1 Re 3 ガード時ガードに使用したアイテム1つのガード値を倍計算。ラウンドLv回。
ブロッキング 効果参照 1 特殊攻撃相手にガードを行える。
守護神 判定直前 攻撃の対象を自分一人に変更。シナリオ1回
そして伝説へ…… 1 Ini 2 FPを取得している絆×5点回復し、BSを全て回復する。重圧時も使用可能。シナリオLv回。
守護の伝説 1 D-r直後 5 取得しているエゴの数×5+1d6点ダメージ軽減。シナリオLv回。
伝説の武具 Pass 2 防具:AMコート指定。Am値+【社会B】
''''


装備品

武器 判定値 常備化P 威力
シールド 6 5 1d6+6


名前 常備化P 効果
AMコート 12 感情、加護に関してはAm値+4
障壁符×2 10 D-r前:ダメージ1d6軽減。
再生薬 3 Mn:FP2d6点回復。


と、言う訳でいつものボクの様なあらあらうふふキャラだぜ。
都市伝説と言う事で妄想が炸裂しているのは秘密。
残りの経験点5点は皆に合わせて使用先を考えるんだよ!
ではではよろしくお願いします。
名前:
コメント:



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。