※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

893 :画家 ◆utHkaCg902:2010/05/02(日) 06:36:19 ID:SM5RCfMk0
73
めちゃくちゃ亀でごめん!

落ち込んだときは、先ず、落ち込んだことを許しちゃうことです。
落ち込んでもいいんだ、くらいの勢いで。
落ち込んだことを自覚すれば(つまり認めれば)そこから転換できます。
そりゃー確かに事実を目撃&相手に決定的な事を言われたら落ち込むでしょう。
落ち込んだことを認め、そこで立ち止まるんです。

「私は何に反応し、何を考えて落ち込んだのだろうか?」

そのときの自分の考えを見てみます。

いつも、こうやって現実に振り回されてるなぁ

とまたぞろ落ち込み続けるとその現実がループする。
ですから落ち込んだらそこでストップ。
そのとき何を考えたのか。

その考え自体がソース(源)とあなたを引き離している原因です。
どんなときでもソースとあなたが切り離されることはない。
これを銘記すると返って安心して落ち込むことが出来る。
落ち込んだことを自覚し、それを許し、安心して落ち込むと気持ちが少しほっとする。
ソースからの流れが恢復に向かい始める。
そして

「現実とは無関係に」「相手から何を言われようと」「相手が何を考えていようと」

「私は何を望むのか」

を明確にする。

これら不都合な現実が仮に無かったとしたら、あなたはどう感じるだろう?
現実で見えたことを第一義にするのではなく、自分の感情を見て「ソースとの調和を齎すような考え」を採用すること。
ソースとの調和が取れたらそれだけほっとできる。
目の前が明るくなる。
全然無防備になって願望達成への条件付けを全部取っ払ったらどんな気分だろう、と感じてる。
ああ、これこれ。安心感と充実感が生まれる。



          • ごめ、もうねもい。限界wwwwwwww