「ふぅ・・・」

今日も今日とてスクープ探しに紅魔館に潜入取材中の文。

いや、アポなしなので侵入取材といったほうがいいだろう。

「お、これは・・・」

妖精メイドの詰め部屋を漁っていると、興味深いものを見つけた。

『お嬢様のピーマン嫌いにも困ったものだ。この間なんか床を転げまわって駄々をこねて・・・』

『メイド長はきっちりしているようで、意外と自室は汚かった。焼酎のビンやらレディコミ雑誌やらが散乱していた。しかも部屋着はラフで・・・』

いろいろとぶちまけられた日記。

「これは大当たりだ・・・さっそくメイド長の部屋を見に・・・」

ガチャ

「!?」

妖精メイドが部屋に入ってきたので、あわてて物陰に隠れる文。

「この時間はほとんど部屋には来ないって調べたのに・・・」

その妖精メイドは先ほど、日記があった机の引き出しを開けた。

「私の日記が、ない・・・」

すぐに部屋中を見回すメイド。

「あ・・・」

見つかってしまった。

「ドロボー!!」

大声を上げて文に襲い掛かってきた。

「その日記を返してぇぇぇぇぇ!!」

こんなものを書いていたことを暴露されたら、どんな目に遭わされるか。

まさに必死なメイド。

「かえせぇぇぇぇ!!!」

その腕のどこからこんな力が出せるのかという勢いで首を締め上げてきた。

「くぅっ・・・!」

生命の危機を感じた文は、

ゴッ

手近にあったモップでメイドを思い切り殴りつけた。

「ぐぁ・・・」

そのメイドは、二度と起き上がれなかった。


「殺しちゃった・・・」

一瞬血の気が引いた文だったが、

「ま、どうせすぐに生き返るし問題ないでしょう」

と思い直した。



その頃。

「ん・・・!?」

館内から妙な声が美鈴の耳に届いた。

「侵入者!?」

門にも裏口にも侵入者は近づかなかった。すると窓からか?

ともあれ、侵入者を排除しなければ自分の責任になる。

美鈴は駆け出していた。


「しっかし、この顔怖いですねえ・・・」

死んだ妖精メイドの顔が文を睨むように向いているのだ。さすがにいい気分はしなかった。

コツ、コツ・・・

「あ!?誰か来る!」

焦った文はすぐ近くのロッカーに潜んだ(特に何も入ってなかったのは幸いだった)。


「あぁっ!死んでる!?」

美鈴が驚きの声を上げる。

「咲夜さんに知らせてこないと!」

また駆け出す足音。

「ふぅ・・・行ってくれましたか」

ひとまず安堵した文だったが、

「あれ・・・開かない!?」

急いで閉めたせいで、扉がひしゃげてしまったのだ。

「早く開けないと・・・」

しかし、咲夜はすぐに着いてしまった。


「何があったのかしら・・・」

「それが私にもさっぱりで・・・」

「外部から侵入されたのならあなたの責任になるけど・・・」

咲夜がロッカーのほうへ一瞬目をやる。

「ひっ・・・」

「侵入者はいないようね・・・」

「とりあえず他のメイドを呼んできますか」

「そうして頂戴」

あわただしく部屋を出て行く美鈴。

その間も部屋の中を調べる咲夜。

そして、

「うわー、こっち見てるよ・・・」

相変わらず文のほうを向いた死体。目を合わせたくないのでロッカーの内のほうを向くと、

「え・・・?」

ロッカーの壁に貼ってあった写真は、その殺した妖精メイドのもの。

つまりこのロッカーは、殺したメイドの・・・

「呼んできました!」

「何があったんです?・・・あ゛・・・」

「うわぁ・・・」

死体を目にして動揺するメイドたち。

「私、残業してなくてよかった・・・」

「かわいそうに・・・」

「二人とも、とりあえず話を・・・ん?このロッカー・・・」

見つかった!?

「扉がひしゃげてるわね。いい機会だし取り替えましょう。確かこの子、何も入れてなかったから」

「それじゃあ私、捨ててきますね」

持ち上げられた。美鈴が運んでいるようだ。

(これで外に出られる・・・!)

外にでたらここから出て、この日記で記事を・・・

「よいしょっと」

(あれ?)

おかしい。

外ではないようだ。ここは・・・

「妹様ー。これ廃棄処分なんで壊しちゃっていいですよ」

「!?」

そう。遊び道具になるようにと、フランドールの部屋に運び込まれたのだ。

「ちょ、やめて!死にたくない!!」

しかし、美鈴は部屋を出て行ってしまった。フランドールは、

「これ声がする!面白い!!」

「助けて、助けてください!!」

しかし、フランドールは何かの仕掛けだと思っているようで、

「結構こってるのね~」

やめようとはしてくれない。

「それじゃ、『遊ぼう』っと」

「いやあああああああああああああああ!!」

グシャッ

「すごーい、血まで出てる~」









  • 元ネタは世にも奇妙な物語か -- 名無しさん (2009-05-18 21:03:59)
  • 自業自得すぎる -- 名無しさん (2009-05-30 18:35:11)
  • この後の展開が気になる
    文が死んだことで天狗たちが激怒→いつの間にか紅魔館VS守矢神社→そして忘れられた文 的な展開になると予想 -- 名無しさん (2009-05-31 02:21:50)
  • 動画みたけど
    織田の演技がすごかったなぁ
    あと写真の変化 -- 名無しさん (2009-06-06 18:56:32)
  • 元のやつみたいなぁ -- 名無しさん (2009-06-06 19:38:00)
  • これは正しいざまあw -- 名無しさん (2010-07-04 19:04:47)
  • >3
    文を心配する奴なんているか?w -- 名無しさん (2010-07-06 21:55:24)
  • 文ざまぁぁぁ
    そして、お約束のレミリアカリスマブレイクw -- 名無しさん (2010-07-06 23:31:16)
  • この文、学生時代の俺に似てる -- 名無しさん (2010-07-07 00:47:42)
  • ↑マジかw -- 名無しさん (2010-07-07 21:35:14)
  • 何というか……文(笑)だなw
    そしてレミリアよぉww -- 名無しさん (2010-07-09 22:43:43)
  • 不覚にも「かえせぇぇぇぇ!!!」で吹いた -- 名無しさん (2010-09-07 23:04:55)
  • レミリアにゃんかわいい! -- 名無しさん (2010-09-08 20:44:39)
  • レミリアにゃん♪レミリアにゃん♪
    -- 名無しさん (2010-09-09 19:34:59)
  • モップで死ぬなんて、スぺランカーかよwww -- 名無しさん (2011-08-25 21:37:07)
  • ↑いや、しぬよ?
    あの重さものが遠心力加わって頭に振り下ろされるとでれくらい強い衝撃になるか考えてみ? -- 名無しさん (2014-07-03 21:05:48)
  • ↑死ぬ理由としては、豪邸のモップは護身武器だってのもあると思うが -- キング クズ (2016-07-18 01:25:59)
  • 同じようなハメになったことがある -- 醤油 (2016-07-24 08:18:52)
  • うぜぇ丸の御冥福をお祈りします。


    ダメだこりゃ -- 名無しさん (2016-12-14 16:04:11)
名前:
コメント: