その日、秋姉妹の機嫌は珍しく良かった。

「見てみて姉さん、ツツジが咲いているわ。もう五月よ」
「あら本当ね、春ももうすぐ終わりという事ね」
「ええ、春が終わり、梅雨が過ぎ、夏が来れば」
「私たちの秋!長かったわ!」
「姉さんっ!」

感動のあまりひしっと抱き合う秋姉妹。
涙を流して秋を語るその姿に、新緑の紅葉の葉も紅く染まってしまいそう。

ところが、今はまだ秋ではない。

「やくいわ」
「ひいいぃ!」

いきなり傍から物騒な言葉がかけられる。
秘神流し雛、鍵山雛。
一言で一気に場の空気が盛り下がってしまう。

「なななななにが厄いっていうのよ!私たちが厄だとでも言いたいの」
「…やくいわ」
「わわわわ」

きょどって雛に食ってかかる穣子。
が、一言「やくいわ」と返されてしまう。

「おおおおちつきなさい稔子。厄神、一体何が厄いというのですか」

てんぱった穣子に変わり、姉である静葉が前へ出る。
こちらも挙動が怪しくなっているのは変わらないが、妹が見ている分気丈に振る舞っている。

「やくいわ」

だが、そんな静葉にもやはり同様の四文字が投げかけられる。
投げかける側である雛は、もの悲しい笑顔を浮かべている。
その笑顔で静葉の精神に揺さぶりをかけてくる。

「だだだだから何が厄いと」
「や………」
「や?」
「……やくいわ」

雛が、喉から絞り出すように言う。
言ってしばらくは静かだった。誰も一言も発しない。
やがて、雛が自らの口を押さえる。目に涙を溜め始める。

「…やくいわ」

最後に、今度は涙声で言い、雛はくるくると回りながらその場を立ち去る。

取り残されたのは秋姉妹。
雛が立ち去ってからもしばらく互いに言葉を発せず、ただ佇んでいる。

「ねぇ」

やがて、妹である穣子が口を開く。

「私たち、厄いのかな」
「………………」
「厄って、何なのかな…。冷夏で紅葉が色付かないのかな、台風で作物が全滅するのかな…」
「………………」
「そ、それとも山火事かな、もしかして秋が来なくて夏からすぐ冬になっちゃうとか」

応えない姉に向かってつらつらと語る。だんだんと涙声になってくる。

「ねぇっ!」
「やめなさいっ!」

いきなりの大声に穣子は硬直し、言葉を止める。

「穣子、秋は来るわ」
「ほ、本当?姉さん」
「ええ、今まで秋が来ないなんて事は無かったでしょう、…だから、来るのよ」
「…そうだよねっ、来るよね、秋!」
「ええ、来るのよ」
「で、でもっ!じゃあ厄って何なんだろうね!」
「穣子っ!」

「ね、…姉さん?」
「そんなこと…、考えるものではないわ」
「……でも、厄神様が…いう…ん…だよ?」
「それでもよ」
「二ボス…なんだよ…?私たちより…上なんだよ…?」
「関係ないわ…、関係ないのよ…。私たちは、秋を待っていればいい。秋を…」
「ね、姉さ…ん、ね…………ぅ………う……ぅわあぁぁぁぁぁ―――――!」
「穣子っ、なんで、なん…で、ないてる…のよ…。ぅ……ぅ…………」

始めに穣子が、続いて静葉が、思考の闇にとらわれ泣き始める。
ひしっと抱き合い涙を流すその姿は、彼女達の鬱が未だ晴れない事を如実に表していた。


――梅雨はまだ先である。














  • やくいわ -- 名無しさん (2009-04-04 13:25:23)
  • 結局なんだったんだ… -- 名無しさん (2009-06-12 10:25:10)
  • 穣子が稔子になっているところがあるのは、仕様なのか? -- 名無しさん (2009-06-15 00:09:00)
  • やくいわ -- 名無しさん (2012-03-12 17:27:58)
  • 汚れるー -- 名無しさん (2012-03-12 17:28:23)
名前:
コメント: