354 名前:冬とサンタと小さな妖精(1/2)[sage] 投稿日:2007/12/08(土) 07:47:30 ID:tAxhbazc0
「今日もいい天気ね」

冷たい空気が頬に突き刺さるようだ。
まだ日も昇りきっていない午前、私は厄探しという名目で日課の散歩をしている。
今年は特にそうだ、秋の気配が訪れたと思ったらすぐに冬がやってきた。
秋を楽しむ時間もなく、私はひたすら焼き芋を食べられなかった人たちの厄を集めていた。
あら、あそこに座って空を見上げてるのは……。

「はぁ……」

妖精が座っているというのは珍しい。妖精は特に飛ぶためにエネルギーを必要としない。
それなのに座っているという事は何かあった可能性が高い。
特に面識があるわけではないけれど、一応気になったので話し掛けてみることにした。

「妖精さんが座ってるなんて珍しいわね、何かあったのかしら?」
「ん……サンタさんってあたいのトコにくるのかな」

とても可愛らしい悩みだったのね。長年生きているとはいえ、妖精は子供に近かったわね。
夢を壊さないようにしてあげないと。

「あなた今年はいい子にしていた?」
「ん~……蛙凍らせたりしてケロちゃんにいっつも怒られてたかも」
「あら、結構色々いたずらしちゃってたのね」
「うん。……だからこうやって悩んでる訳なのさ」

この子何も考えてなさそうだと思っていたけど、意外としっかりしたところあるのね。
自分の利益という点でしか考えられていない所が子供だけど。

「あ、そうだ。厄神様と一緒にいたら今年の悪いことなくなったりしちゃうかも!」
「え……私の周りにいると……」
「おー、これでばっちりサンタさんもやってこれる訳だ! あたいったら天才すぎるわ」
「あ、えっと……そうね」

参ったな……近くにいると不幸になっちゃうんだけど。
でも、このとても可愛らしい笑顔を見てると、本当の事を言うのが……可哀想。
すぐ飽きるだろうから、好きにやらせてあげることにしようかしら。

「それじゃあ、一緒にその辺の厄でも探しにいきましょうか」
「あいあいっ」


355 名前:冬とサンタと小さな妖精(2/2)[sage] 投稿日:2007/12/08(土) 07:51:47 ID:tAxhbazc0
私はなるべく他の誰にも会わないような場所を選択しておいた。
万が一誰かに会ってしまったら、チルノがどうなるか予想できない。私にできる最大限の思いやりだった。
だけど、それはやはり「厄」というある種の運命の前では無駄であった。

「……っ!!」
「ど、どうしたの!?」

チルノの白い肌が赤くなっている。

「急に石が……」

私たちの足元には拳程の大きさの石が転がっている。誰の仕業だろうか。
気配はまったく感じない。という事は、気配を消せる程度の能力がある妖怪……もしくは人間の仕業。

「あっ……!」

また石が飛んでくる。それも、空の果てから結構な数が。
これはもう不幸で済まない状態ね。
私は咄嗟にチルノを庇った。私のせいで誰かが傷つくのは見たくない。
背中に走る痛み、腕に走る痛み、頭に走る痛み。
でも、その全ての痛みよりも、私の下で赤く腫れた腕を抑えているチルノの姿が痛い。

「とりあえず、逃げないと」
「あ……うん」

容赦なく降ってくる石。これは弾幕ごっこの弾幕ではなく、本当に悪意ある攻撃。

「大丈夫……?」
「あ、あたいなら全然平気っ!」

血と涙がうっすらと浮かんだ笑顔で言われても……。


私たちはボロボロになりながらも、山にある洞窟まで逃げ込むことができた。

「全然大丈夫じゃないじゃない!」

私はつい怒鳴ってしまった。
目の前の少女はとても痛々しい姿であった。

「うぅ……ま、まだ大丈夫だって、こんなくらいじゃ……あっ……」

そっと、目に浮かんだ涙をぬぐってあげた。
謝ろう、本当のことを言わないと……。許してもらえないだろうけど、こんな純粋な子を騙してなんていられない。

「ねえ……聞いてくれる?」
「うん……」
「私と一緒にいちゃダメなの……私といるとさっきみたいにどんどん不幸になってしまうの」
「……」
「ごめんなさい、ごめんなさい……本当のことをいえなくてごめんなさい……私の周りには厄が満ちていて、それで……今みたいに……」
「やだ、絶対そんなのやだ!」

なんで、どうして……

「絶対そんなの嫌なんだから!」
「一緒にいると不幸になってしまうのよ……」
「でも、さっき庇ってくれたのは雛じゃないか! あたいはいっつもみんなにバカにされて、何にもしてないのにいじめられたりするんだ。でも、雛は守ってくれたじゃないか!」

私は何も言い返せなかった。
常に他人との距離を取ってきた。このまっすぐな感情にどう対処すればいいのかわからない。

「あたいは、すごく嬉しかった。……ぐすっ、すごく嬉しいんだよ! これがサンタさんのくれたプレゼントねっ!」

涙でくしゃくしゃになった笑顔は、私の心の中にすっと溶け込んできた。
目の前の小さな妖精さん。あなたが私にとってのサンタさんだったのね。
日が傾いてきているようだ。洞窟の入り口がオレンジ色に染まっている。一日の終わりだけど、私には朝日にも見えた。
明日はクリスマスイブ。
少し早いけど……メリークリスマス。


あれ、チルノいじめようと思って書きはじめたのに、なんかいい話系でまとまってしまった。
微妙にスレ違いになって申し訳無いのぜ!
亀だけど≫289
そう言ってくれると書いたほうとしてものすごく嬉しいんだぜ