454 名前:名前が無い程度の能力[sage] 投稿日:2007/10/20(土) 03:09:14 ID:aLNZVZww0
シムピで博麗神社の境内に座敷牢を作って、アリス監禁プレイをして遊んでいる
窓も無く光の全く差さぬ、人一人立つのがやっとな狭い独房を作り
パーティーという名目で呼び寄せたアリスが入った瞬間にドア撤去
中は当然フロ無しベッド無しトイレ無し。久々のお呼ばれに最初はウキウキ気分だったアリスだが
徐々にテンションが下がり始め、外に出たい、人と話したい、
体が臭いのでシャワー浴びたい等と訴え出すも、完全に無視
やがて体を震わせトイレに行きたいと懇願するが黙殺。数時間後堪えきれずに失禁して泣き叫ぶアリス
壁一枚隔てた隣では霊夢たちが宴会を楽しんでいるのだが、アリスの悲鳴は彼女らには届かないらしい。
出す物を出したら何やら空腹を主張しだした。餓死されても困るので適度に食い物を投げ入れる。サービスで霊夢たちの残飯も投げ入れる
やがて夜になり、妖怪達はアリスを放置して帰宅。だが彼女に安息は無い
数度の失禁と十数時間及ぶ立ちっ放しで、この頃には全てのパラメータが真っ赤だ。
相変らず喉が枯れかねぬ勢いで助けを求めているが、そもそも貴方が居なくなったことすら誰も気付いていないのですよウフフ
やがて床の残飯にハエとゴキブリが群がりはじめ、狭い座敷牢の中はまさに地獄絵図
世も更けてとうとう力尽き、自分が垂れ流した汚物とゴミの上に倒れこみ気絶するアリスを見届けて俺も眠りにつく。今日も充実した一日だった