775 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2007/03/04(日) 19:21:33 [ GqSQs5yQ ]
~~秘密結社本部にて~~

「同志よ、本日は重大な報告がある!
 同士乙よ! 報告せよ!」

立ち上がって話し出す同志乙。

「はっ!
 我々は、外の世界の精神的ダメージを与えるための書物を入手しました。
 慧音氏に実践したところ、吐き気、眩暈等の効果を確認しました!」

彼は、漫画らしき書物を手にすると、全員に回覧する。
総帥は、熱っぽく語った。

「我々は、以後、このプロジェクトを作戦Cと呼称し、
 訓練の後、里外に遠征する!
 諸君! 人間の天下も近いぞ!」
「うおおおおおおおおーーーーっっっ」



そして、一ヵ月後。

再び、総帥が叫ぶ。

「諸君、我々は、十分な準備を整えた!
 今こそ、出陣の時だ!」
「うおおおおおおおおーーーーっっっ」

さっと片手を振り、聴衆を静まらせる総帥。

「同志乙、報告せよ!」
「はっ!
 現在、里近くに、リリー・Wなる妖精が出現!
 あたりに春をばら撒いております!」
「聞いたか諸君!
 出陣だ!」
「うおおおおおおおおーーーーっっっ」



その頃、リリーは、何も気がつかずに春をばら撒いていた。
悲劇が近づいているとも知らずに……。

「いたぞ、リリー・Wだ!
 よし、部隊A100名は左翼、Bの100名は右翼、
 Cの100名は正面、Dの100名は後方より囲い込め!
 直属部隊200名は状況に応じて投入する!」
「応!」

そして、リリーを筋肉質の男たちが囲い込む。
全員が腹筋が6つに割れ、小麦色の肌、そして超ハイレグビキニ。
きょとんとする、リリー・W。

「行け! 作戦通りに!」

「はっ!
 部隊A、行きます!
 フロントダブルバイセップス!!!」

「部隊B、行きます!
 バックダブルバイセップス!!!

「部隊C、行きます!
 バックラットスプレッド!!!」

「部隊D、行きます!
 サイドトライセップス!!!」

ポージングと共に、飛び散る汗。
強烈に香る、男たちのスメル。
全員が、指示に従ってポーズを一糸乱れずとっている。

「(リリーは気持ちが悪そうに男たちを見ています)」

「全員、プロテイン補給、その後総攻撃だ!
 全軍出るぞ!」

「フロントラットスプレッド!!!
 アブドミナル&サイ!!!
 サイドチェスト!!!」

流れるような連続技。
ぴくりぴくりと、一挙動ごとに蠢く筋肉。

「(リリーは目に涙を溜めています)」

「ふはははは、どうだ! まいったか!
 これぞワセリンとプロテインの勝利!」

そして、600人のポージング包囲網の前に、
リリーは耐えられなくなり、気絶してしまったのだった。

「ふっ、逝ったか!
 この調子で逝くぞ! 諸君!!!」
「うおおおおおおおおーーーーっっっ」



秘密結社に残された一冊の本。
そこには、こう書いてあった。
「超兄貴」と。