711 名前が無い程度の能力 [sage] 2012/10/10(水) 03:20:39 ID:qAcg/KJAO

さとり「なんで地上に呼ばれたかと思えば」
うどんげ「本当にお手数かけました、でもどうしてもみんなに謝りたいんです」
さとり「いいんですか、手加減しませんよ?」
さとり「想起……」

イナバ「なんで逃げたの?」
イナバ「あなたのせいで私達は死んだのよ」
イナバ「あなたはなんで生きてるのよ」
うどんげ「みんな、本当にごめん」
イナバ「謝るのは自分が許されたいからなんでしょ?」
イナバ「卑怯者」
うどんげ「私、怖くてそれで」
イナバ「あなた一人のために私たちはみんな死んだ」
イナバ「死んだならマシでもっとひどい事になった子もいるのに」
イナバ「怖かったで済むとでも思ってたのね」
イナバ「死ね、お前も死ね」
イナバ「苦しんで死ね、許せない」
うどんげ「ごめん……ごめんね……」
イナバ「どうせお前はまた逃げるんだろ」
イナバ「今いる場所が危険になったら姫も仲間も差し置いてさ」
うどんげ「もう逃げない、逃げないから許して」
イナバ「ウソツキ、ドウセニゲルンデショ?」
イナバ「ワタシタチヲコロシタミタイニ」
うどんげ「絶対に、逃げないから……」
イナバ「ふふ……」
イナバ「ねえレイセン」いなば「嘘だったよね」いなば「また逃げたよね」
いなば「私たちは信じてたのに」
いなば「鈴仙を信じてたのに、信じて殺された」
因幡「永遠亭に戻ってきてよ」
てゐ「そこに私たちの死体があるからさ」
てゐ「姫やお師匠様は死なないけど、私たちは死んだから」
てゐ「姫や師匠はまたどこかに隠れたらしいね、どこかは知らないけど」
てゐ「ねえ鈴仙、痛い、体中が痛いよ」
てゐ「助けて鈴仙、ねえ鈴仙ってば」
うどんげ「あ、あああ……」


さとり「はあ……はあ……ふぅ」
さとり「これであなたが言っていたトラウマは全て想起したはずです」
さとり「それでは私は帰ります、地上に長くいるのはまずいですし」
さとり「……お元気で」
うどんげ「みんな……ごめん、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」
うどんげ「忘れていてごめんなさい、逃げ出してごめんなさい、嘘ついてごめんなさい、弱くてごめんなさい、生きててごめんなさい、許してください、許してください、ごめんなさい、ごめんなさい」
うどんげ「ごめんなさい、てゐ」


  • いったい何した優曇華! -- サクラクローバー (2014-11-16 13:07:29)
  • レーセンなにしたの?
    何でレーセン生きてるの? -- にゃんこ日記(人間のために) (2015-03-21 07:28:53)
  • なんかしらあって優曇華は逃げたんですかな? -- キング クズ (2016-07-18 01:14:58)
  • レーセンなにをしたしww -- おしょうゆ (2016-07-24 10:04:55)
名前:
コメント: