「うぃー酔った酔った」
「あんたはいっつも酔ってるじゃない。見ても分かんないわよ」
「――、そういうあなたは顔真っ赤ですよ!そろそろ止めておきなさい」
「あ、こら、お酒取らないでよ。あんたいつから私の保護者になったのよ」
「これは預かります。これ以上飲むと明日の修行に響きますよ」
「うぐ…こんな時に嫌な話を聞いたわ…って、――。何笑ってんのよ。もー!」
「あ!こら、―――!こんな所で寝ないでよ!」
「騒がしいわねぇ」
「おーずるいぞぉ―――、私も寝るー」
「ちょっと――!あんたはもっと駄目よ!この間は私の隣で寝ゲロしたでしょ!」
「んぁー?記憶にないなぁー?」
「ぶっ殺すわよ!」
「こら――。物騒な事を言わない。それにこの子は殺したって酔って吐いてますよ」
「何気に辛らつね…」
「ぐーぐー」
「もう寝てる!?って、―――も!」
「さすがスピード派といったところですか」
「そこ、感心してる場合じゃないわよ。って不味い。このままだと確実にアレが再現するぅ~」
「あらあら、それならこの子の口元に隙間を開けておけば解決ですわ」
「吐くのをやめさせろっつってんのよー!って、―――、引っ付いて寝るなー!起きなさい!」

「こらー―――、暑苦しいのよコイツ!―――、―――!」

―――

………………

………………


「こら!起きなさい!!」

…………?

うるさいなぁ……

「起きろー。起きてください。ついでに投降してくれると楽ですー」
「あぁん?ここまで来て"参りました"なんて許さないわよ!」
「我は別にいいんだがのう」
「よくない!」
「さっきから機嫌が悪いのう。もしやあの日なのか?」
「しばくわよアンタ。ああもう、この辺り、なんだって竜とか破壊神とかがうようよしてんのよ」
「ラストダンジョンだから仕方なかろう。おかげで懐は潤うただろうが」
「う…ま、まぁそりゃそうだけど」
「じゃあいいではないか。苦労した甲斐があったであろう?」
「物部さん、話がズレてますよ」
「レイセン…我はわざとズラしておるのだ。見よ、巫女殿の機嫌が落ち着いたであろう?」
「…なに得意げになってんのよ。しかも本人の前で」
「! しもうた。聴かれたか」
「わざとやってんの?」
「素だと思います」
「…そうよね」
「ぐぬぬ。なんじゃその哀れむような目は」
「哀れんでんのよ」

「はいはい。三人ともその辺にしておきなさい」
「ん」「うむ」「はーい」

…やかましい。せっかく、いい気分で寝ていたのに………誰だ。鬱陶しい。

『誰だ。私の眠りを妨げる莫迦は…?』
「おっ、目を覚ましたようだぞ?」
「誰が馬鹿よ」

声はすぐ傍から、自分より下のほうから聴こえる。

見れば、4人組の女がいる。いや、一人を除けばまだ少女という風体だ。
人間のようなものが二人。巫女と導師の格好をしている。あれは、仙人か?
後の二人は妖怪らしい。一人は耳が生えている。兎の耳だ。
「とうとう見つけましたよ、―――さん」
様子を見ていると、一人が前に出た。少女ではない方の女だ。よく見ると複数の、猫の尻尾が見える。
『……猫、猫又か。何者だ』
問うと、女は一瞬怪訝そうな顔をした。
「私が分かりませんか?―――さん」
…私をさん付けで呼ぶとは馴れ馴れしい。どこかで、会ったことがあったか?
『思い出せんな。そもそも人の顔を見るのも随分と…久しぶりだ』
きっと昔の事なのだろう。その間に成長しているのなら無理からぬ事だ。
「……私は、橙です。八雲橙。かつて、八雲紫の式である八雲藍の式だった、橙です」
橙と名乗った女は少し切なそうな顔で私にそう訴えてきた。
やくも。ちぇん。やくもゆかり。やくもらん―――ややこしい。一度に色々名前を出すな。
少し記憶を探ってみたが、まるで出てこない。
『知らんな』
すると、橙は今度は驚いたような顔をした。どうやらショックを受けたようだ。
既知だったか?いや、まったく思い出せない。何だか悪い気がしたが、出ないものは出ない。
『すまないな。本当に分からんよ』
とりあえず謝っておく。
「……そうですか」 
橙は目を伏せてしまった。
「ボケてんじゃないの?この人?」
「ちょ、怒らせたらどうするんですか」
兎の耳が生えている少女が巫女の言葉に慌てている。こいつは妖怪兎のようだ。
「怒ってくれて結構よ。さっさと倒して帰りたいわ」
「おぬし、先もそんな感じで一人突っ走っていって、知識の魔女の罠に引っかかったではないか。自重せよ」
「あ、あれはたまたまよ。たまたま!」
仙人が巫女が取り繕う様を見てニヤニヤしている。いい性格をしていそうだ。
が、それより気がかりなものがあった。
『知識の魔女?』
印象的な単語に反応すると、妖怪兎がこちらを見た。
「知識の魔女・人形遣いの魔女・魔住職は倒しました」
「そ、そうそう。もう幹部は退治してるんだからね。助けは来ないわよ!」
「いずれも強敵であったが、我らの前に敵なし!あとはお主ただ一人だ!往生せい!」
さっきまで八雲橙の後ろに居た3人がまくし立てるように話し始める。
女が三人集うと姦しいと書く。その字のとおりだ。実に喧しい。
『……知識?人形遣い、に、魔の付く住職?……誰だ?』
さっきの言葉を反芻する。三番目が飛び切り変だ。なんだ魔住職って。
「パチュリーさんとアリスさん、それに聖様です。それも……忘れてしまわれたのですか?」
橙の表情は暗い。それは恐らく私の反応が芳しくないからなのだろう。
そんな顔をされても困る。どれも身に覚えのない名前だ。
『知らんな。そいつらが何かしたのか?』
その言葉に、橙は息を呑み、他の三人は驚いた。
「何か…って、あんたが従えて幻想郷を統治させていたんじゃないの!?」
驚く巫女。お前は何を言っているんだ。
「…そういえばあの三人。気になることを言っておったのう」
「言われてみれば、"封印"とか"眠り"って言ってましたね」
他の二人は違う驚き方をしている。
「………」
ただ一人、橙だけが沈痛な面持ちで私と三人を見比べている。
「やはり、そういうことだったのですね」
一人で納得するな。説明しろ。
「橙様。一人で納得せず説明して下され」
仙人が私の気持ちを代弁してくれた。
だが橙は戸惑うばかりだ。
「彼女たちは、―――さんの下にいたのではない。むしろ逆。あの人たちは、―――さんを……」
橙はそう一人呟くと、口を押さえて俯いてしまった。

何から何まで噛み合っていない。いい加減疲れてきた。
だが、そんな混迷の中にあって、一つだけはっきりしているものがあった。

『お前たち、は…私を倒しに来たのだな』

うまく頭が回らないが、それだけは確かなようだ。
彼女達は自分を倒すためにここに来た。

それなら、許すわけには行かない。

私の様子が変わったことを、4人とも察したようだ。
先ほどまでの少し緩い空気が一変した。
橙の身体が強張る。次いで、少女達が遅れて臨戦態勢を取る。
巫女は御幣を両手に作り出し、仙人は格闘戦のような構えを見せ、妖怪兎は拳銃を取り出した。
此処が何処だったかは忘れたが、かなり危険な場所のはず。それを抜けてきたのなら少しは力を持つのだろう。

『私は、倒れるわけには行かない……倒されるわけには行かない』

「…でしょうね」
橙は私の反応を予め知っていたかのように頷いてみせる。
先ほどまで戸惑ってばかりだったが私の意志は汲んでいたようだ。

『私は、人間を許さん』

これだけは変えられない。絶対に赦せない。赦すわけがない。

「そう。――――が人間に殺されたあの日から、あなたの心は変わっていないのですね」
「――え?」
橙の言葉に、巫女が素っ頓狂な声を上げる。他の二人も巫女どころではないが驚いている。
「ちょっと、博麗って―――」

『………そうだ。人間は愚かだ。自分たちを庇護してくれる存在をも、制御下に置けないとなると、手にかける。度し難い存在だ』

一言一言吐く毎に、眠っていた身体に活力が戻ってくる。
星の力を吸い、身体中に廻らせる。
大気中の魔を取り込み、己が魔力へと変える。
四人がこちらをみて怯えているのが見える。

別に凄んだつもりはないのに。どうしてそんな、恐怖の色を見せるのだ。

気にしていても仕方がない。私は翼を広げ、飛び上がった。

8枚の翼はしばらく動かしていなかったがちゃんと動いてくれた。翼にぶら下がっている宝石がいくつか欠けているが…
腕も、両腕、背中の一本と触手を含めて動かしてみる。コキコキと小気味のよい音を立てて応えてくれる。
足を浮かせる。何本だったか忘れたが痺れもなく動いた。尻尾が伸びている。引きずらないように気をつけたい。
「グオオオオオ!」「キシャアアアアアア!」「ガオオオオオム!」
取り巻きの首どもが一斉に雄たけびを上げた。ええい喧しい。お前ら今更起きたのか。
光の輪を展開し、魔法陣を広げ、奴隷どもを起動する。
相手は4人。それに私は寝起きだ。悪いが全身全霊で応戦するとしよう…

『私は人間を根絶やしにせねばならないのだ。邪魔をするなら殺すぜ』

「うわわわ!動きましたよ!でかいです!おっきいです!」
「話しておる時は我慢できたが、動き出すと気持ち悪いのう!」
「やっとバトルね!いくわよ化物!あんたを倒せば、異変は解決よ!」
「……行きます。紫様、藍様、見ていてください!」
四人が向かってくる。いつになってもこの瞬間だけは、心が躍る。

だが一つだけどうしても反論せずには居られなかったので、はっきりと返した。


『化物?……違う。私は、普通の魔法使い、だ――――』
                                                 ~ 終 ~


  • 最初のやりとりは魔理沙が眠っている時に夢で見た過去の思い出かな?
    だとしたら悲しいぜ…。 -- 名無しさん (2012-08-30 06:38:57)
  • なんかオルステッド思い出した。 -- 名無しさん (2014-01-09 23:27:05)
  • 4にんって橙とレイセンと物部布都とあと誰?
    ・・・巫女って早苗か? -- 名無しさん (2014-08-17 21:28:15)
  • 次の博麗の巫女では? -- 名無しさん (2014-08-17 22:45:59)
  • 最後ブロリーかよwww -- 名無しさん (2015-11-09 16:09:52)
名前:
コメント: