• DeLeTe-



霊夢の隣には萃香。

境内にはあの三匹の妖精の姿が時折見える。

部屋の中ではレミリアが紅茶を啜っている。

午後には天子がやってくるらしい。

そんな平穏な日。幻想郷のいつもの毎日。
皆がいて、茫洋とした時が流れ、たまに異変がある。
そんな、毎日。




でも、何か違う。

霊夢はその日、何か違和感を感じていた。
大事なものが足りないような、何か、そんな感覚を、覚えていた。

「よ」

気づくと、目の前に、古風な魔女の格好をした、少女がいた。
金髪に、白い肌。綺麗、そう評するに足る外貌を持った、少女が。
顔は穏やかにはにかんでいて、いかにも快活そうな性格がにじみ出ている。

「あ、――」

霊夢はその少女を前に、どこか違和感を感じていた。
大事な誰かなのに思い出せないような、そんな感覚に、やきもきしていた。

「いいな、霊夢。賑やかで」

少女は、そのままの表情で、綺麗な琥珀色の瞳を細めて、問いかけた。

「あ、うん。皆、居るし。――も」

そこまで言ったところで、すこしだけ、違和感の正体に近づいた気がした。

――この子、誰だっけ?

解っているのに、解っていない。
知っているのに、覚えていない。

少女は、その大きな帽子の鍔に手をやり、少し顔を隠す。
すると、周囲の喧騒が、その瞬間だけ、消えた気がした。

「幸せそうでよかった」
「幸せ?」

霊夢は焦った。眼前の少女の名前が、思い出せないことに。
この少女は、霊夢にとって大事な誰かであったはずなのだ。
はず、なのに。

「昔のお前からじゃ、考えられない」
「どういうこと?」

直感した。何が起こるのか。

「だから」
「待って」

はにかみながらも、哀しそうな色を浮かべるその表情から。

「私はもう必要なさそうだ」
「そんなことない」

解っている。自分はこの少女を知っている。
なのに、名前が出ない。喉から出てこない。
嘘だ。そんなことあるわけがない。だって、――は、私の。

「大丈夫だよ。霊夢は強いんだから」
「やめて、行かないで!」

私の大事な……

「さよなら、霊夢」




喧騒が戻ってきたとき、目の前にいたはずの少女は、どこにもいなかった。

「……ねぇ」
「?」
「みんな、ここに今、誰か」




紅い館。悪魔の館。

そこに住まう一人だけの人間。
メイドの長にしてメイド長。瀟洒で完全な従者。

「あら、――」

いつもの、自分が大事にしていた客人の気配がした気が、確かにあった。
でも、振り向いた先には、何もないし、それに、そんな客人がいたことも、思い出せなかった。




みんなわかってた。
あんな都合のいい人間なんて、いるわけがないことくらい。

例えば、神社。
孤独な巫女のところへ、友達であるかのように足しげく通う人間など、いるわけがない。
まして、妖怪幽霊の出没する危険な回廊を通ってこれる、それも少女なんて。
けして巫女が退屈しないよう、毎回勝負を挑んで、負けて、それでも努力して向かってくる少女なんて。
妖怪の中に紛れて過ごすことのできる少女なんて。

あるいは、悪魔の館。
退屈な門番の相手を、迂回もせずに真正面から戦ってくれる少女なんて。
最悪の場所にわざわざ侵入して、傷ついた少女の話し相手になってくれる少女なんて。
読まれもしない、紙くずのような価値しかない書物を、奪いだしてまで読んでくれる少女なんて。
悪魔の姉妹の前でも、けして怖気づかない少女なんて。


それに、冥界。

もしかすると、竹林の屋敷。

または、太陽の畑とか、無縁塚。

数え上げればきりがない。
少女はいつでも皆と共にあった。
少女はどこでも皆と共にあった。

みんな薄々、気づいていた。
彼女が『都合のよい存在』であることに。
でも、誰も気づかなかった。
彼女がその枠を踏み越えてしまったことに。

都合が良すぎたんだ。




少女はどこへ行ったのだろう?

「ねぇ、紫」
「なにかしら?」

少女はなんという名前だったのだろう?

「私、大事な友達が居た気がするの」
「みんな、ここにいるじゃない」

少女は私にとっての何だったのだろう?

「そうじゃないの。誰か、忘れてる気が――」
「気のせいよ」

霊夢は、なぜか釈然としなかった。
ただ、あの少女には、もう会えないのだろうと、そんな漠然とした確信があるだけだった。

なぜだろう、すごく寂しいのは。

「あの子は、私の、大切な」

さよなら、――。



fin





  • 愛されてるな -- 名無しさん (2010-04-30 00:49:04)
  • 紫はわかっていながらもはぐらかしたのかな -- 名無しさん (2010-04-30 16:42:43)
  • なんかしんみりした -- 名無しさん (2010-05-01 01:05:38)
  • 皆の望みから産まれ、皆の望みが叶ったからいなくなった幻ということなのでしょうか…?
    紫は気づいていたし知っていたからはぐらかしたのかな? -- 名無しさん (2010-05-01 14:09:48)
  • その理屈から考えると、俺らが望めば魔理沙が目の前に現れて・・・
    おいお前ら!ハヤク望ムンダ!!! -- 名無しさん (2010-05-01 18:28:28)
  • アリスか私の婿になる予定なら望んでやってもいいよ -- 名無しさん (2010-05-01 20:59:36)
  • 婿ってあんた -- 名無しさん (2010-05-01 22:34:38)
  • ふたなりかよ -- 名無しさん (2010-05-12 19:43:00)
  • ふたなりくたばれナリ -- 名無しさん (2010-05-14 11:06:19)
  • こんな所にもショタマリ派の魔の手が… -- 名無しさん (2010-09-03 20:58:49)
  • 望んで、「それ」が現実になったとしても、「それ」は貴方を必要としていると断言できますか? -- 名無しさん (2010-09-03 21:21:14)
  • 別に嫌われてようが好いてくれようが構わんぜよ -- 名無しさん (2010-09-04 20:14:29)
  • おいアリスは俺の嫁だ!!!! -- 名無しさん (2010-09-05 14:34:57)
  • ハァ?何言ってんだアリスは俺の婿だっつってんだろ!!!
    -- 名無しさん (2010-09-05 22:02:26)
  • いじめネタなのかこれ?
    魔理沙はみんなから愛されてますよっていいたいの? -- 名無しさん (2010-09-06 01:05:05)
  • ヒント…このSSは霊夢いぢめの項目 -- 名無しさん (2010-10-17 02:38:35)
  • 待て、投下時のコメントは「一番困るのはスレ住人」だったぞ -- 名無しさん (2010-10-18 01:59:18)
  • なんか霊夢が可哀想になったのはおいどんだけでごわすか? -- キング クズ (2016-06-27 04:45:17)
名前:
コメント: