今日も妖怪退治をがんばる早苗さん
適当に雑魚妖怪どもを駆逐していきます
妖怪絡みの事件が減って里の皆さんも大助かりです、早苗さんを褒め称えます
さらに早苗さんはがんばります、もう雑魚妖怪はどこを探しても見当たりません
慧音さんも夜の見回りが楽になったと喜んでいます、人里は今日は平和です

しばらくして、昼間だと言うのに一匹の妖怪が里に現れました
慧音さんと屈強な男衆が応戦しますがいつもの雑魚のように追い返せません
数人がこの妖怪の犠牲になりましたがなんとか返り討ちにします
その事件を皮切りにしたように、連日連夜、人里に妖怪が攻め入るようになっていきました
連戦に慧音さんも男衆も疲労困憊、穴の開いた警備の隙を突いて、また妖怪が攻め入ります
犠牲はどんどん増えていきます、葬儀の暇もありません
疲れきった体を休めていると、ふと慧音さんは襲ってきた妖怪たちの特徴に気付きました
妖怪たちの、そのどれもが体は大きいのに、骨が浮くほど痩せ細っていることでした
まさかと思った慧音さんは里の外へ、森の様子を見に行きます
すると森は驚くほど静かでした、妖怪以外にも野生動物たちが数多く生息しているはずなのに
今となっては小鳥の囀りさえ聞こえません、まるで森が死んでしまったかのようでした

この事件は早苗さんが妖怪退治をがんばり過ぎたせいで引き起こされたものです
雑魚妖怪が人間を餌にするように、雑魚妖怪もまた妖怪の餌だったのです
餌の無くなった妖怪たちは森中の動植物を我先にと食い荒らしました
しかし森に食料が無くなると、妖怪たちは耐えることしか出来なくなりました
まだ知恵のある妖怪たちは、里の人間を襲えばあの紅白巫女が来ることを理解していたからです
隠れても勘で居場所を探り当てられ、たちまち退治されてしまいます
妖怪たちは痩せ細っていってしまいました
頭では理解していても、本能には勝てません
限界に達した妖怪たちは、一匹が里に攻め入ったのを皮切りに
本能の赴くままに餌を求め動き出したのです

ひさしぶりに早苗さんが里へやってきました
里では至る所で葬儀が行われています
なにか大きな事件でも?早苗さんは馴染みの豆腐屋の店主に尋ねます
店主はそうなんだよ…、としか返しませんでした
不思議に思いながらも店を出たところで早苗さんは慧音さんと出くわしました
挨拶も途中に、早苗さんは腕を掴まれ引っ張られます
どうしたんですか、と聞いても慧音さんは振り返ってもくれません
着いたのは寺子屋でした、今日は休みのようで子供たちはいません
息を整え慧音さんはここ数週間のことを話し始めます
妖怪の襲撃があったこと
犠牲がたくさん出たこと
森の様子のこと
考えられうる最大の原因のこと

全て話終わった後、慧音さんが呼びかけても早苗さんは絶句したままです
途中から分かってしまっていたのでしょう、自分が原因だと
聞こえているかどうか分からない早苗さんに慧音さんは続けます
もう里全体に真相が広まっていること
毎夜毎夜偉い人たちが集まり、会議を開いていること
その結果、恐らく人里全体で早苗さんを拒絶するようになるであろうこと
それらを告げると、慧音さんはどこかへ去って行きました
寺子屋には顔を真っ青にした早苗さんだけが残りました

数ヵ月の後
里の様子は元通りのようです
あれから里には妖怪専門の自警団が組織されました
妖怪の出入りは全て禁止しようという動きもありました
ですがお得意様を失う豆腐屋や夜雀屋台の常連、命蓮寺の信者などの
訴えもあって一部の妖怪は認められているようです
慧音さんも寺子屋で今まで通り勉強を教えています
でもどこか後ろめたさを感じているのか、あまり里には関わらなくなりました

妖怪の山の様子はどうでしょうか
早苗さんの報告を受け、神奈子は激怒しました
しかし妖怪退治を焚きつけたのは自分自身のため強く出れずじまいでした
人間から信仰を得るのはもう絶望的です
落ち着いて諏訪子と話し合った結果、もう妖怪の神様でいいだろうと、開き直ることにしました
現在、妖怪のための寺である命蓮寺と手を結ぼうと画策しているようです
早苗さんはあれから自分の力をむやみやたらに使わなくなりました
人にそのことを聞かれると、奇跡ですから、としか答えません
ときどき、夢で酷くうなされているようです

fin





























あ と が き

何故か某鯨保護団体の活躍を見て発展していったネタ
幻想郷にもあの変なピラミッド図は当て嵌まるだろう
下級妖怪とか雑魚妖怪とかってよく言うけど一体どんな妖怪なんだろうか



  • 308スレだと!? -- 名無しさん (2009-12-13 09:07:44)
  • ↑そっちかよ! -- 名無しさん (2009-12-13 11:22:20)
  • 肉がないなら野菜を食べればいいじゃない -- 名無しさん (2009-12-13 15:48:11)
  • ↑×2どっちだと思ったんだ! -- 名無しさん (2009-12-13 17:41:05)
  • 妖怪が妖怪食うってありなの?
    ゆかりんが許さないんじゃ -- 名無しさん (2009-12-14 17:42:40)
  • 魚を鳥が、鳥を人がのような食物連鎖があるんじゃないか? -- 名無しさん (2009-12-21 02:09:11)
  • 妖怪同士に食物連鎖はないと思うけどね。そもそも妖怪は人間よりずっと小食なイメージ -- 名無しさん (2010-04-18 23:59:48)
  • アンタさぁ、何か大元から勘違いしてんじゃない?食物連鎖って知ってる?学校で習ったよねぇ。
    弱い人間を魔女が食う。その魔女をアタシたちが食う。
    これが当たり前のルールでしょ、そういう強さの順番なんだから。
    まさかとは思うけど。やれ人助けだの正義だの、その手のおチャラケた冗談かますために…アイツに入信したわけじゃないよね?アンタ。
    -- 名無しさん (2014-06-04 18:26:41)
  • ↑このSSのコメントにはピッタリの台詞だと思ってわざわざコピペしたのに、ろくに確認しなかった結果がこれだよ!!!
    頼む、「魔女」の部分を「雑魚」に置き換えてくれ…
    -- 名無しさん (2014-06-04 18:44:16)
  • 四年の間に何が -- 名無しさん (2015-01-13 22:38:39)
  • 妖怪ってどんな味だろうか -- 名無しさん (2015-01-15 23:51:13)
名前:
コメント: