そろそろ電車が来る時間だ。

「行かなくちゃ」


「行くな」

「ここにいろよ」

「明日は仕事だ」

「サボっちゃえよ」

「ダメだよ、そんなの。大人として」

「いいだろ、それくらい」

律は手を離してくれない。

「律…ありがと」

「大丈夫。もう大丈夫だ」

律は何も言わずに下を向いたまま私の手を握っている。


「本当だ。本当にもう、大丈夫だから」


本当。私は大丈夫。
生きてゆける。
こうして律が…強く私の手を握ってくれた。それだけで。

律の手の温かさを忘れずにいられたら、私はきっと、大丈夫。





律のカバンから軽快な音が鳴り出す。


「オイ、律。電話じゃないのか?」

「…いい。大丈夫」

「私のことはいいから電話に出ろよ」

「いいってば」

「…アイツからなのか?」

「…」


律は電話に出ようとしなかった。
けれど一瞬、私を握る力が弱くなった。
その時私はスッと手を引き、

私たちの手と手が離れた。





電話が鳴り止む。

「電話、してやれよ」

「ああ、あとでな」

冷えきっていた手は律のおかげで温かさを取り戻していた。

「行くよ」

「…」

何も言わず俯いたままの律に背を向けて、私は歩き出した。

「…信じていいのか?」

後ろから律が私に声をかける。

「本当に大丈夫なんだな?」

振り返ると、律は顔をあげていた。
気のせいか、瞳は赤くうるんでいる。

「うん、本当だ」

「そっか」

律は笑った。私も笑った。

「そうだ、律」

「なんだ?」

「さっき言わなかったことだけどさ」
「うん」


「私さ…

 律のことが好きだ、」


ようやく、言えた。


「近くにいても、遠くに離れていても。
 昔も、今も、
 これからも、ずっと。

 律のことが好きだ」


律は一瞬ちょっと驚いた表情をしたけれど、すぐにニカッと笑って言った。


「うん。知ってた」

「そっか」

「あったりまえだろ!わかるよ、澪のことは……なんだって…でも」

「でも?」

「うれしい!すっげーうれしい!」

「そっか」

「私も、澪のこと大好きだぞ!」


律がどういう意味で私の言葉を受け取ったのか、それは私にはわからない。

ただこれだけはわかる。律の好きと私の好きは違う。

律が恋をしている相手は、私じゃない。別の誰かだ。
そしてその誰かも律に恋をしている。
二人は愛し合って、結ばれる。

いいんだ。もういいんだ。

踏切の信号機が鳴りだした。
雪のせいで電車が遅れていたらしい。
どうやら間に合ってしまいそうだ。


「じゃあな。少しだけど、律に逢えてよかったよ」

「私も澪に会えて嬉しかった。次はゆっくり会おうぜ」


別れの挨拶を交わし、振り返ることもなく、急いで電車に駆け込む。



電車が出発してからしばらくたつと、指先はまた冷たくなっていった。

律の体温はもう、残っていなかった。

おわり。