※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おすすめデッキ

おすすめユニット

コスト1

  • コスモダイバー

いわずと知れた海デッキの重要機体。
人型のままなら地形海をロックし、変形すれば地形を海に変える。
対海デッキにおいては、努力を使用することで海タイプ持ちに40%or60%で状態異常にする強力な補助要員となる。
機体・武器共に宇宙Sなので宇宙でもわりと戦える。
脆いので常時ひらめきをかけておきたいとこだが、チョキしかひらめきを所持していないので他属性は集中で頑張らないとならない。
運動性も低く防御面も脆いので、地形ロックは素直にデスヘルやゲッターに任せるのも手。
なお、チョキは献身まで持っている。

  • ボスボロット

ボスの精神が非常に有用なものが多くついでに自爆持ち。
さらにどこから拾ってきたのか修理装置までついてしまった。
最大の利点はコスト1でEN85もあること。
これは今作のENシステム上、非常に大きな意味を持つ。
つまり燃費の悪い小隊のEN底上げに最適なんですよ奥さん。ソーラセイルとの相性もいい。
必中、魂持ちで攻撃も(一発くらいは)可能。脱力も強力、鉄壁&根性も便利。
AP-50、HPSPフルの状態で場に出られれば、幅広いアプローチで致命打を狙える。
ボスの能力が言わずもがななのが問題。一発屋なので使いどころは見極めよう。

  • ボン太くん

サイズSS、運動性130、陸S。陸限定だが、運動性+のパーツで恐ろしい回避率を得る。
不屈と脱力を標準装備しているので恐ろしく場持ちが良い。
除去に非常に手間がかかるため、待機回復の時間を稼いだり、相手の主力のHPやSPを消耗させる役に向いている。
武装の追加効果も優秀なので、支援役として存分に暴れてもらおう。
なお、サイズ補正とSPの都合でさすがに火力は無い。
援護防御で特性が発動する機体や、援護防御を持っていてHP減少で特性を発動する機体に守らせるとより効率がいい。

コスト2

  • M9 ガーンズバック(クルツ)

AP消費が一桁で装甲1000ダウンのチェーンガン、狙撃、脱力、(属性にもよるが)かく乱と援護力抜群の機体。
弱点は宇宙・水適応の悪さと、不屈がないために自爆に弱い事。
コストが余ったなら入れておけばコスト6などの支援に役立つ。

  • エールストライクルージュ

M9クルツと同様にAP消費が一桁で装甲1000ダウンのイーゲルシュテルンが便利。
そこそこの運動性と地形適応、PS装甲、修理、SEED、不屈と場持ちが良いのが利点。
SEEDは発動すると最終ダメージ+1000(命中回避+10)なのでイーゲルシュテルンでも削りになる。一応、熱血もち。
但し、M9と比較すると必中や他の援護系精神コマンド、機体特性といった点では見劣りする。支援のM9、戦力のルージュといった所か。

コスト3

  • マークゼクス

再動→自爆のコンボが強力。CPU戦ではかなり役に立つ。
対人戦では読まれやすいが、狙われやすいのを利用して自爆せずひらめきで囮に徹する手もある。
魂持ちの属性もあるので一発を狙うのもいいか。

  • 機動侍ゴウバインマークフュンフ

高い装甲値とサブパイロットを兼ね備えたプチスーパーロボット。何故か指揮持ち。
そこそこ火力があり、交替で場に出た時の効果も強力。特にグーは陸デッキの要。
鉄壁を4回使える事が最大の特徴で、4ターンはあらゆる場に無傷で居続けられる
とはいえ、やはりメインは平地デッキで運用するのが良いかも知れない。

  • ガンダムデスサイズヘル、アルトロンガンダム

地形を選ばない事に定評のある海デッキ要員。
バルカン持ちな点と地形適応以外は凡庸なので、海デッキ以外に投入するには今一つ。

  • スターゲイザー

複座、鉄壁&無効型バリアとコスト3ながら優秀。
宇宙で気力が150になると攻撃面でも凶悪な強さになる。
修理装置は剥奪されたが、これはソルの信頼である程度代用が効く。

  • 撃龍神・超竜神

同じく再動→自爆要員。
こちらの方がHPは高いが、SP消費が翔子よりも激しいため、自爆特化になりがち。
特にチョキ属性の超竜神は気力100で自爆効果2割増の機体特性なので、強化パーツを併用すると開幕自爆でも8160削れる。
パー属性だと気力120で自爆効果5割増。コスト1のドーベック(アデット)と組み合わせるとコスト4で確実な2:2交換が取れる。
実はパー属性天竜神も再動自爆(デフォだとSP不足なのでSP+10の強化パーツが要る)できる。

  • オーガン

地形適応が優秀(AAAS)で運動性が高く(初期値140)、サイズもSSで非常に回避率が高い。
パイロット能力も優秀かつ武器の命中補正も高めなのでコスト3勢の中でも結構な使い勝手を誇る。
惜しむらくは当たれば一撃で退場なもろさと宇宙特化の特殊能力か。
無論特殊能力の件は宇宙特化運用ならば問題は無いが。
機体は海Aでも武装が全て海B以下である点に注意。

  • ガイアガンダム(バルトフェルド)

AP消費一桁のCIWSと狙撃により、クルツと似たような運用が出来る。
クルツと違って熱血も所持しているため、硬い敵にもそこそこのダメージを与えられる。= ランダムではあるが、変形によって地形変更も可能。

  • バイオプテラ

何はなくとも交代時のリセット。テーブルをひっくり返す切り札で、なんと何度でも使用可能。
味方の気力もリセットしてしまうので注意は必要だが、ステータスダメージの即時回復は強力。
場に居座り続けて手のつけられなくなったGGGGやゴールドフレームを一旦沈静化できるのも良い。
それなりに強く、精神コマンドも優秀だが宇宙や海では弱い。戦力を期待するなら陸デッキに投入しよう。

コスト4

  • ARX-7 アーバレスト

高い運動性に加え、ECSの分身にラムダドライバの無効バリア&最終ダメージUPに4ターン維持で能力大幅UPor覚醒に陸Sと全体的に高性能。
武装の攻撃力が低めではあるが、ラムダドライバと宗助の魂で十二分に補える。
スパロボJ・Wでは一人乗りだったがサブパイに直撃が使えるアルが追加され、鬼畜性能っぷりに磨きがかかった。
宇宙・海共にBなので陸以外の地形では運用に注意。

  • ダリア・オブ・ウェンズデイ

平原・陸デッキの重要機体。
電磁シールドとステルス装置でわりと落ちない。
必中再動を持ち、属性によっては献身or加速&不屈or直撃も持つ。
直撃再動三節棍でポールダンスの餌食に

  • パワードレッド

強力なサブパイロットが居る上、援護防御で底力の発動を誘発できる。
バルカン、必殺技、マップ兵器を兼ね備えたフレキシブルな攻撃役。
アーバレストより宇宙適応がよいが、直撃とバリアが無い点には注意。

  • ガンダムアストレイゴールドフレーム天(ミナ)

チョキの機体特性が凶悪。火力、命中、回避の向上だけでも脅威だが、ミラコロやシールドの発動率まで上がる。
ガンダムとしては相当固く、パイロットの防御も高めでコーディと底力まで持っている。
更に陸S。イーゲルシュテルンと「覚醒」の相性もいい。
とにかく何としても4ターン生存させよう。但し敵のリセット能力に注意。

  • ドミネーター

オーバースキルが強力で、一度発動させれば大幅に生存率が上がる。
特にパーの場合はゲームクイーン+機体特性によって分身発動率も上昇。
攻撃力も高く、スーパー系相手にも十分ダメージを与えられる。
ただし、オーバーマンのお約束で宇宙適応が悪く、シンシアは防御系の精神に乏しい。
必中+直撃にも弱いため、開始激励だけでなく狙撃によるサポートも行っておくといい。

コスト5

  • 複数乗りスーパーロボット全般

豊富な精神コマンドで長く戦えるが、SPとAPを使ってバリアの欠如を補わなくてはいけないと言う事でもある。
ダンガイオー・ダンクーガ・エルドラソウルは1人少ない4人乗りだが、その分超能力・野生化・エルドラブロックといった特殊能力を有している。
延命に手間取ると攻撃に転ずるためのSPが切れていたりするので、修理や献身でのサポートも考えよう。
援護で場に出るならコンV、粘るならゴライオン、激励で気力ブーストするならボルテスがお勧め。
精神コマンドのラインナップでは、不屈持ち二人、脱力有りのゴライオンが頭一つ抜けている。
ゴライオンは努力を使用して状態異常要員としても運用できる。
超電磁組が宇宙Bになっている点には注意。

  • 大空魔竜

海でも戦える万能戦艦。ただでさえ硬いのにボリューションに変形するとバリアまで付く。
攻撃力もそこそこあるが、命中率が低いためリアル系相手にはややつらい。
しかしパーは変形で必中がかかるのである程度補うことが出来る
上のバリアと合わせて変形するタイミングが鍵となる機体。
属性によってパイロットがガリスかルルに変わる。
ガリスの方が戦闘向きの精神が多いが、ルルの場合は激励が使えるローサがサブパイロットになるのでお好みで。
ガイキング勢をデッキに加えて合体攻撃もどうぞ。

  • バイオヴォルケーノ

バイオ装甲を備える上に、武装も低消費のものからMAP兵器、高威力武器と揃っている。
ブレイズハッキングクローが低消費ながら強力で、強力な敵にはバイオ粒子砲と小回りが利く。
精神コマンドもそこそこ優秀で、頼りになる。

  • 大地魔竜

地形変更防止を持つ機体の中では屈指の耐久力を誇り、発売後初期にwifiで流行した。
水中・自爆デッキ双方に対してのメタとなる。
陸デッキの地形ロック要員でもある。修理もできて武装も一応及第点。
コストが高いため、途中で交代するのではなくこれを主軸にデッキを組むくらいの気持ちが必要。
しかし必中が無いためリアル系には苦戦する。
高コストながらアタッカーになれない点には充分留意しよう。
パーではサスページが搭乗。支援系コマンドが充実しているが、5コストに求められるものとは微妙にかけ離れているのが惜しい。

  • ファイナルドボルザーク

キングダリウスを一回り軽くして使いやすくなった機体。貴重な全地形対応ユニット。
それでも地形適応の高さとマップ兵器・魂は健在なので、キングダリウスと似たような運用が可能。
SPが極端に低いのが欠点だが直撃(or必中)+魂マップ兵器なんてことも可能。
属性を選べば気力140以上2ターン経過でバリアMが付くためかなり硬くなる。

  • デストロイガンダム(チョキ)

自爆を持っており、加速を使って1ターン目から使える(HP8900)。
陽電子リフレクターがあるので、精神コマンド無しでは相手の1ターン目の攻撃はほとんど通らない。
さらに、APカット(大)をつければ1ターンで、ひらめき→加速→シュトゥルムファウスト→加速→自爆ができる。
よって、最初のターンで敵の主力に大ダメージ(リアル系ならば撃墜)を与えられる。雑魚戦では1ターンで終わらせられる。
問題は、コストを5も使うので自爆した後の立ち回りが重要になる。自爆対策にも注意。
一緒に場に出るユニットは不屈持ち、もしくは鉄壁・防御コマンドで生き残り、HP低下で機体特性が発動するものが望ましい。

コスト6

共通項としてSP管理が課題。低コストの「献身」持ちは是非欲しい。

  • バイオティラノ

元々の装甲とバイオ装甲が合わさってとにかく硬い。
武器の威力は他のコスト6勢と比べるとやや低めだが、それでも十分な攻撃力とマップ兵器を持つ。
欠点はゾイド勢のお約束で地形適応のバランスが凄まじく悪い事。
特に宇宙戦では、他のバイオゾイドと違って武器の地形適応もかなり悪いので単なる壁と化す。

  • キングダリウス

高い攻撃力とプロイストの攻撃的な能力。更に、AP・SP消費共にかなり高いとはいえ魂まで所持している。
また、地形適応がかなり高く、海・宇宙でも問題無く戦闘可能。
バリアが無いために攻撃を集中されるとあっさり沈む可能性がやや高いのが難点か。

  • ガイキング・ザ・グレート

流石に究極の荒神だけあって、かなり高い戦力を誇る。
キングダリウスと似た性能を持つため、運用方法はほぼ同じでも十分に行ける。

  • バースデイ

AP消費が高いことと地形適正が陸以外低いという欠点はあるが、高火力でMAP兵器持ち、
高い装甲に加えガーディアンカーテンの組み合わせで生半可な攻撃は全て無効化できる。
その特性と今作のENシステムから持久戦に適している(低コスト高ENユニットとのデッキ)。
やはり、バリア持ちの落とし穴として「直撃」に弱いので要注意。

  • キングジェイダー

チートじみた防御力に加え、「友情」で全快も可能、さらには「不屈」or「鉄壁」まで備えている。
攻撃もスーパーロボットらしく強力なものを多数持ち、相手の特殊防御も精神コマンド込みなら突破して殴り殺せる。
ただし逆に言うと、精神ポイントを使い果たすと出来る事が少なくなる。
立ち回りに必須のコマンドはJに集中しているので、「献身」でサポートするのもいい。
おまけに変形によって苦手な海からの脱出も可能とやりたい放題。さらにはES爆雷も持つ。
状況と相手によってはこの一機だけで投了を迫れる。ただし、「直撃」には注意。
NPCが使用する際に変形を繰り返すが、特性の効果が重複していくわけではないので勘違いしないように。

  • 天のゼオライマー

過去作品のようなバランスブレイカーでは無いものの、相変わらず悪魔じみた強さを持つ。
もともとの装甲に加え、開幕で「気合」を使えば次ターンには次元連結システム発動でほとんどのダメージを無効化できる。また、マサトの精神が非常に優秀で、「直撃」「必中」などと組み合わせたマップ板「メイオウ攻撃」一発で相手を壊滅できる。
ENを気にせず戦える今回のシステムのお陰で「メイオウ攻撃」連発も可能。
美久が覚えている「ひらめき」「信頼」もピンチに役立ち、精神は二人とも隙無し。
唯一欠点を上げるとすれば、ターン開始時の戦略で不利になるとAP不足でマップ版の「メイオウ攻撃」が撃てないことか。

  • ジェネシックガオガイガー

同作品のキングジェイダーの軽減バリア+分身に対してこちらは無効バリア+軽減バリア。
そのためキングジェイダーよりも狙撃+低APコンボに強い。
精神コマンドも複数パイロットを持つあちらに比べるとやや不利。
SPも60と低めなのでSP管理能力が問われる。支援役の「献身」多用でフォローするといいだろう。
但し、ユニットの特殊能力の関係上、一定時間場に居座ることで戦力が跳ね上がる。
武器補正で+45、機体特性次第で+75もの命中率補正のかかるブロウクンマグナム、威力は低めだがMAP兵器、そしてゴルディオンクラッシャーと武装面ではキングジェイダーより恵まれている。
ただ、単体での持久力や一機での戦力ではやはりキングジェイダーに一歩譲るか。