※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぼくのなつやすみ(冬) 実況プレイ

2008年12月19日~2009年03月22日 全46パート


ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇
2002年7月11日発売 ソニー・コンピュータエンタテインメント
なつやすみアドベンチャー

母親が臨月を迎えたため、田舎の親戚の家へ預けられた9歳の「ボク」が、夏休みの1ヶ月間、昆虫採集や虫相撲、魚釣りなどをしていくゲーム。

【登場人物】
ボク
  プレイヤーキャラクター。好奇心旺盛な小学3年生の男の子。母親が臨月を迎えた事から、夏休みの1ヶ月間父方の叔母の家・民宿「茜屋」に預けられることになる。
おじちゃん
  本名、荒瀬源太。ボクのおじ。
おばちゃん
  本名、荒瀬美津子。ボクの父親の妹。
タケシ
  本名、荒瀬剛。おじちゃんの子供で小学5年生。
シゲル
  本名、荒瀬繁。おじちゃんの子供で小学2年生。タケシの弟。
相楽靖子(さがら やすこ)
  高校1年生。東京の高校に通っているため、普段は一人暮らしをしている。
仲川洋(なかがわ よう)
  中学3年生。富海の町に住む男の子供の中では最年長。自分でロケットを作っては打ち上げ実験をしているが、いつも失敗している。
相楽光(さがら ひかり)
  小学2年生。靖子の妹。
じいちゃん
  相楽家の靖子や光の祖父。
芳花(よしか)

凪咲(なぎさ)
  「富海の里診療所」の看護婦さん。
サイモン=ライヒ
  外国人の写真家。民宿「茜屋」に長期宿泊して夕陽を撮っている。
静江(しずえ)
  相楽家を出て行った靖子や光の母親。お盆になると亡くなった元旦那のお墓参りをするために富海に来る。
谷口(たにぐち)
  夏の間、民宿「茜屋」に長期滞在する無口な中年男性。
保田(やすだ)
  夏の終わりにふらりと富海へとやってくる青年。
オオカミじじい
  洋の父親。非常に変わり者で、若い頃絶滅した狼を探していた事からこのあだ名が付いた。



msdz
  「飯だぜ」の略(?)晩御飯クイズを阻止するべくおじさんがワープして現れる。