※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 パッチール
体重 軽量級
登場作品 ポケットモンスタールビー・サファイア ポケットモンスターエメラルド
1匹ずつブチ模様が異なるぶちパンダポケモン、パッチール参戦!
フラフラした足取りで、相手の狙いを外せ!




パッチールについて


1匹ずつ体のブチもようが異なっている、ホウエン地方のポケモン。
同じブチもようはいないと言われている。
一見常に目を回しているようだが、
実はこれで普通であり、フラフラした足取りは相手の狙いを外す効果がある。
ノーマルタイプのようだが、エスパー技も得意なので、
苦手なかくとうタイプのポケモンに対抗する事ができる。
ちなみに“ブチパンダポケモン”に分類されているが、パンダっぽくはない。

パッチールの特性について


基本的にはしゃがみ歩行しかないが、
シールドブレイクなどでフラフラ状態になっても行動できるというかなり特別な特性を持つ。
ただしそのときは自分の全ての行動がややゆっくりになる。
また、パッチールはフラフラ状態が解けても十数秒間たたないと次のシールドが出せない。

隠しキャラの出現方法


  • 15分間組み手で80人以上敵を倒し、時間切れまで耐え抜くと挑戦者として出現。
  • 対戦記録の総フラフラ時間が10分間を超えると挑戦者として出現。
  • 悪空の使者2で仲間にする。

能力技表


 パワー   ジャンプ力   歩き   重さ   ダッシュ   リーチ   復帰力   つかみ、間合い 

長所と短所


●長所
 ・全体的に能力のバランスが良い。
 ・低い能力が少ない。
 ・復帰技が2種類あり、復帰しやすい。
 ・フラフラ状態になっても行動ができる。
 ・つかみがESPなので間合いが広め。
●短所
 ・高い能力が少ない。
 ・体重が軽く、吹っ飛ばされやすい。
 ・2種類の復帰技を使い分ける必要がある。
 ・復帰技である横と上必殺技。慣れないうちは自滅しやすい。
 ・フラフラ状態が解けても次のシールドには時間がかかる。

特殊技表


 ジャンプ回数   壁ジャンプ   壁はりつき   しゃがみ歩行   滑空   ワイヤー復帰   その他 
2回 × × × × フラフラ状態になっても行動可能

通常技


弱攻撃 ひだりみみたたき→みぎみみたたき→りょうみみたたき ダメージ 3%+4%+5%
横強攻撃 ていくうドロップキック ダメージ 11%
上強攻撃 とびはねこうそくスピン ダメー1×9%
下強攻撃 みみひらおよぎ ダメージ 12%
ダッシュ攻撃 すべりこうそくスピン ダメージ 15%
通常空中攻撃 くうちゅうこうそくスピン ダメージ 2×9=18%
前空中攻撃 ぜんてんみみたたき ダメージ 16%
後空中攻撃 バックスピンキック ダメージ 17%
上空中攻撃 サイコショック ダメージ 4×5=20%
下空中攻撃 メテオキック ダメージ 13%
横スマッシュ ピヨピヨパンチ ダメージ 8%~23%
上スマッシュ ヘッドバッド ダメージ 10%~20%
下スマッシュ でんげきは ダメージ 13%~25%
起き上がり攻撃 ダメージ 5%
ガケのぼり攻撃 ダメージ 5%
つかみ攻撃 つかみサイコショック ダメージ 3%
前投げ ねんりきなげ ダメージ 15%
後ろ投げ サイコスイング ダメージ 12%
上投げ サイコカウボーイスルー ダメージ 17%
下投げ がんせきふうじ ダメージ 20%

必殺ワザ


通常必殺ワザ サイケこうせん ダメージ 4(細)、8(太) 吹っ飛び力 ×(細)、小(太)
だいたいはロボットのロボビームと一緒。パッチールの方がエネルギーがたまるのが速い。
横必殺ワザ こうそくスピン ダメージ 1~30 吹っ飛び力
単発ヒットになっている技。ボタンを連打することで少しずつ上昇。横への移動力も大幅にアップ。
上必殺ワザ ワイルドボルト ダメージ 12 吹っ飛び力 小~大
ディディーコングのバレルジェットとほぼ同じ。こちらは電撃に属する。
下必殺ワザ だましうち ダメージ 15 吹っ飛び力 中
2秒間構えを取り、その間に攻撃を受けると背後から攻撃する。
最後の切り札 フラフラダンス ダメージ 0 吹っ飛び力 -
両隣に別のブチもようのパッチールが現れ、3匹一緒に踊り出す。相手全員に花を咲かせ、長時間フラフラ状態にする。なお、空中にいても着地した瞬間そうなる(ミスになっても引き継がれる)。

その他


上アピール 耳をピクピクさせる

横アピール クルクル大回転

下アピール 目を回す

画面内登場 モンスターボールから登場

パッチールの通常技攻略


弱攻撃が3つあるので、連続ヒットを当てられる。
とびはねこうそくスピン、くうちゅうこうそくスピンと言ったスピン系の技は、
単発ヒットになっている(ただしすべりこうそくスピンはそうなっていない)。
ESP系の1つ、サイコショックも同様。
つかみもESPなので範囲が広く、投げ技もがんせきふうじ以外全てESP系である。

パッチールの必殺技攻略


飛び道具がサイケこうせんしかない。
この技はエネルギーが全くたまっていないと接近戦にしか使えない。
復帰技はこうそくスピンとワイルドボルトと2種類あるので復帰しやすいが、
どちらも攻撃に使う時は慣れないと落下ミスになりやすい。
だましうちは、使ってきた相手の攻撃のスキが大きいほど使いやすい。
アイテム「タイマー」でコントロールを遅くしてもいいだろう。




コメント

  • このキャラクターはスマブラに絶対参戦てきないな。 -- ライラ (2013-01-07 17:20:11)
  • ↑でもフラフラ状態になっても行動可能な特性があったら面白いよ。
    ダークライだってできないはず。 -- ロイド (2013-01-07 19:54:26)
  • ↑自演乙自演乙自演乙自演乙自演乙自演乙自演乙自演乙
    自演乙自演乙自演乙自演乙自演乙自演乙自演乙自演乙
    -- ハルバード (2013-01-10 00:27:35)
  • パッチールはモブキャラ同然。ステージの背景やモンスターボール登場キャラになることだって絶望的なくらいマイナーかつ地味。 -- ライト (2013-01-10 07:26:08)
  • ↑モンハンで言う「ラングロトラ」を出せと言ってるのと同じ。 -- 彗星の絆 (2013-01-10 08:03:11)
名前:
コメント: