副官と連合の立ち回り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ポイント】
スートをスペード・ハート・ダイヤ・クラブの4つで捉えるのではなく
「切り札」・「裏スート」・「ナポのボイドスート」・「ナポの弱点スート」の4つで認識する。

  • 「切り札」・・・・・・・・・・・・言わずもがなナポレオン軍最強スート。
                連合はリードしてはいけない。
                副官はリードすべき。 
  • 「裏スート」・・・・・・・・・・・意外と認識されてないが実はナポレオン軍優勢スート。
                裏Jが副官の場合、絵札がつけば副官介入、つかなければスルーと
                連合に対して2択をせまれるので強い。
                副官・連合ともにリードすべきかどうかの判断が最も難しいスート。
                ナポレオンだけが唯一気楽にリードできるスート。
  • 「ナポのボイドスート」・・・いつでもナポレオンがラフれるスート。
                絵札がつかなければ弱点を処理できる貴重なトリック。
                ウィドウの埋め札、ナポのボイド確定トリックに注意して判別する。
                連合はリードしてはいけない。
                副官はリードすべき。                
  • 「ナポの弱点スート」・・・上記3つに当てはまらないのが弱点スート。つまり消去法で探せと。
                と言っても切り札カラーじゃない方なので確率2分の1。
                連合は積極的にリードすべし。
                副官は援護できるようにボイドすべし。


めんどうな時はこれだけ↓
【副官】
「フォローの時」
ナポレオンが勝つ時は絵札をつける。
ナポレオンが負ける時は絵札をつけない、または自分でラフる。
「リードの時」
「切り札スート」・「ナポのボイドスート」でナポレオン援護。


【連合】
「フォローの時」
ナポレオンが勝つ時は絵札をつけない。
ナポレオンが負ける時は絵札をつける。←【超重要】
※たとえ誰が副官か分からなくても絵札をのせるべし!!
「リードの時」
「ナポの弱点スート」をリード。