仮面ライダースナイプ ハンターシューティングゲーマー レベル5(フルドラゴン)

「レベルアップ! ババンバン! バンババン! バンバンシューティング!
アガッチャ! ド・ド・ドラゴ!ナ・ナ・ナ・ナーイト!ドラ!ドラ!ドラゴナイトハンター!ゼット!」

【ライダー名】 仮面ライダースナイプ ハンターシューティングゲーマー レベル5(フルドラゴン)
【読み方】 かめんらいだーすないぷ はんたーしゅーてぃんぐげーまー れべるふぁいぶ(ふるどらごん)
【変身者】 花家大我
【スペック】 パンチ力:18.2t
キック力:24.4t
ジャンプ力:ひと跳び48.7m
走力:100mを2.8秒
【ジャンル】 ハンティングゲーム
【初期形態】 仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー レベル1
【レベルアップ】 仮面ライダースナイプ シューティングゲーマー レベル2
仮面ライダースナイプ コンバットシューティングゲーマー レベル3
【声/俳優】 松本享恭
【スーツ】 藤田慧
【登場作品】 仮面ライダーエグゼイド(2017年)
【初登場話】 第16話「打倒MのParadox」

【詳細】

スナイプがゲーマドライバーの左スロットにドラゴナイトハンターZガシャットをセットし、さらにレベルアップした強化形態。
変身時は「第伍戦術」とコールする。

ドラゴナイトハンターZに登場するドラゴンを模したハンターゲーマが上半身のみならず全身の増加装甲となり合体。
通常のスナイプを超えるパワーを発揮。
エグゼイドと異なり、暴走状態になることはなかった。これはエグゼイドに比べてスナイプとしての戦闘経験が勝っているためらしい。

頭部はドラゴンの顔を模した EXヘッド-HU-ACT5 へと強化。
ホーンドラゴヘルムトップドラゴホーン と呼ばれる大きな角で突き刺したバグスターに駆除プログラムを流し込んで大ダメージを与え、
アイラートサーチとは別の索敵装置である サーチドラゴアイ は死角に潜む敵を見つけ出し、背面に備わる ウィップドラゴテイル を制御して自動攻撃を加える。
ドラゴンの頭部を模しブレイブの頭部から前面に大きく張り出した ドラゴンファング(ドラゴナイトファング) は鋭い牙と強力な顎の力を有し相手を噛み砕く他高熱火炎を吐き出す能力も持つ。

右肩は水色、左肩は黄色のラインが入る ショルドラゴアーマー は多重装甲で物理ダメージを吸収し、それぞれドラゴンブレード(ドラゴナイトブレード)とドラゴンガン(ドラゴナイトガン)の威力を高める電磁強化装置を内蔵。
右腕から伸びる ドラゴンブレード は上述のショルドラゴアーマーの効果で強化された電磁ブレードであり、斬撃に沿って切断光刃を放って周辺のバグスターウイルスを分解、無力化し、
右腕に備わる ドラゴンガン(ドラゴナイトガン) は圧縮した金属を超高速で発射する電磁レールガンとなっており、射線上の敵をまとめて撃破することが可能。

攻撃力のみならず、胸部を保護する チェストドラゴアーマー は多重装甲による物理的ダメージの吸収から、装甲の破損による防御力低下を防ぐため、自動修復機能を内蔵。
背中には短時間の飛行を可能にする ゲイルドラゴウィング を装備。
全身を覆うように展開することでエネルギー攻撃から身を守ることが出来るなど、防御面でも高い性能を持つ。

なお、全身に重装備を配置した結果重量もレベル3に比べ40キロ近く増量しているが、
脚部の レッグドラゴアーマー は体感重量を軽減し、運動速度を引き上げるエア噴射装置を内蔵、機動性を底上げしている。

必殺技は「ドラゴナイトクリティカルストライク」。