仮面ライダーレーザー バイクゲーマー レベル1

「レッツゲーム! メッチャゲーム! ムッチャゲーム! ワッチャネーム!? アイム ア カメンライダー!」

【ライダー名】 仮面ライダーレーザー バイクゲーマー レベル1
【読み方】 かめんらいだーれーざー ばいくげーまー れべるわん
【変身者】 九条貴利矢
【スペック】 パンチ力:7.7t
キック力:11.5t
ジャンプ力:ひと跳び30.5m
走力:100mを7.6秒
【ジャンル】 レースゲーム
【レベルアップ】 仮面ライダーレーザー バイクゲーマー レベル2
仮面ライダーレーザー チャンバラバイクゲーマー レベル3
仮面ライダーレーザー ハンターバイクゲーマー レベル5(ドラゴンクロー)
【声/俳優】 小野塚勇人
【スーツ】 内川仁朗
【登場作品】 仮面ライダーエグゼイド(2016年)
【初登場話】 第4話「オペレーションの名はDash!」

【詳細】

監察医、九条貴利矢がゲーマドライバーと「爆走バイク」のガシャットを使うことで変身したレーザーのレベル1。

登場当初はレーザーのフォームとしては貴重な人型であり、レベル2がバイクになってしまうことも鑑みてなのか、
変身直後からアームドユニットと呼ばれる武器を所持している。

【各部機能】

スパイクライドヘルム に保護された頭部の LZヘッド-BIK1 は爆走バイクに登場するキャラクターをイメージしたもの。
頭頂部にある シグナリアクトスパイク は鋭いトゲを利用した頭突き攻撃にも使えるが、動体反応を補足する索敵装置であり、
自動的に追跡マーカーをセットしモニターのレーダーマップに表示する機能を持つ。

パルスプリッターと呼ばれるバグスターユニオンの分離解体に用いるパルス発生装置を内蔵する エントリーギアスーツ により、
バグスターと患者を分離させるのはレベル1でないと不可能。

右腕に装備する フロントアームドユニット は小口径の光弾を連射して敵を牽制する銃撃装置が組み込まれ、
高速回転するタイヤで相手の装甲を削り取ることも可能。
左腕に装備する リアアームドユニット は帯電した散弾を発射して敵を足止めすることが出来る。

ゲーマドライバーのアクチュエーションレバーを展開することでエントリーギアスーツを切り離し、
細身(?)となったレベル2に移行する。

【活躍】

レベル3の力を手に入れるまではレーザーとしては貴重な人型であり、武器も持っているためこれで戦闘を行うことが多かった。
レベル2は搭乗者がいないと全力を出せないこと、必殺技の発動も他者が行わないと使えないという不便さも有り、
レベル3の力を手に入れてからはレベル1に変身後、レベル3になり戦闘を行うことが多くなっている。