仮面ライダーエクストリーマー

【ライダー名】 仮面ライダーエクストリーマー
【読み方】 かめんらいだーえくすとりーまー
【変身者】 アルゴス
【スペック】 パンチ力:29.1t
キック力:32.3t
ジャンプ力:ひと跳び54.7m
走力:100mを3秒
【関連形態】 仮面ライダーダークゴースト
【声/俳優】 木村了
【スーツ】 今井靖彦
【登場作品】 劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間(2016年)

【詳細】

アルゴスが 究極の眼魂 と呼ばれるドライバーを使って法衣らしき衣装を纏った究極の仮面ライダー
究極の眼魂 は100個の英雄を宿すゴースト眼魂をダーウィンゴースト眼魂の力で本来のタケルの肉体に融合させることで生み出した。

法衣を纏いなおすことで飛行形態に変化させることもでき、全ての形態でムゲン魂を上回る力を持つ。
飛行形態時は孔雀の羽のようなエネルギー波「トライセンデンスウィング」を敵に放ち、ダメージを負わせる。

エクストリーマーを倒すということは元にされている もう1人のタケルを殺す という意味であり、
それは霊体のタケルを殺すことにも繋がってしまう。

【活躍】

終盤で究極の眼魂を生み出したことで変身。
早期に決着を付けようとしたディープスペクター、ネクロムの必殺技をはねのけて、2人を変身解除させる。

その後、タケルが変身したムゲン魂を圧倒し、追い詰めるが、
戦闘中に吐露した「ゴハンが食べたいんだ」というタケルの率直な気持ちが一部の英雄たちの耳に届き、若干動きを封じられる。

霊体化しつつある仲間5人の力を取り込み、飛翔能力を得たムゲン魂の前に劣勢へと追いやられていき、
自身の死の恐怖より世界を救うことを決断したムゲン魂の必殺技を前に「トライセンデンスウィング」で抵抗するも、上手くはいかず必殺技を喰らって葬られる。

上記でも語られているように「本来のタケルの肉体」が使用されているため、撃破と共にタケルは消え去ってしまう。