仮面ライダーガオウ

「あ〜あ、バカの揃い踏みだな。 良いぜ、全員、俺が喰ってやる!」

【ライダー名】 仮面ライダーガオウ
【読み方】 かめんらいだーがおう
【変身者】 牙王
【モチーフ】 ワニ
【スペック】 パンチ力:7t
キック力:6t
ジャンプ力:ひと跳び25m
走力:100mを6.2秒
【声/俳優】 渡辺裕之
【スーツ】 押川善文
【登場作品】 劇場版 仮面ライダー電王俺、誕生!(2007年)

【詳細】

牙王が自身のオーラをフリーエネルギーに変換して変身する仮面ライダー。

基本カラーは銅でオーラアーマーには緑青の錆 が浮いている。
電仮面や肩、胸に設置された牙のような物が特徴で、電王と異なり体を走るレールにも 牙のようなオーラーアーマー が装着されている。
電仮面は ワニの顔 を模した形状、複雑な変形の後に装着される。

総合スペックは特別高いわけではないが、「牙王の戦闘技術」もあいまって劇中では電王の基本4フォームとゼロノスのベガフォームを圧倒した。
左足に炎を纏って蹴る技もある。

武器のガオウガッシャーソードモードを使って攻撃する戦いも得意。

必殺技はマスターパスを自動的にセタッチしてフルチャージすることで剣先をドリルのように飛ばして放つ「タイラントクラッシュ」。

【活躍】

追ってくるゼロノスの前で変身、ゼロノスを圧倒した。

最終決戦ではイレギュラーな形で集結を果たした電王4人&ゼロノスを前に圧倒的な力を見せつける。
だが、意地のある電王ソードフォームとの一騎打ちの末に敗れ去り、消滅した。